所要F倍率

1Fあたりの所要時間の倍率設定。1より小さい値なら隙が短くなる。
技を早送り/スロー再生することで全体Fを調節している。
前作からの引き継ぎやアップデートなど、データを使い回す際に有用。

英語ではSet Frame Duration (SFD)。直訳すれば「フレーム持続設定」と言ったところ。
前はFrame Speed Multiplier (FSM)という名称だったが、速さの倍率ではないので呼び方を変えたらしい。

解析値から読み取れるが、普通に計算すると実測Fと合わない。ずれ方も一様でない。
整数倍でもずれる時がある。

実全体F フラグ 倍率
リュカ掴み 45 20 0.55
69
リュカD掴み 55 22 0.67
79
リュカP掴み 55 20 0.68
75
ゲッコウガDA 7 1 0.75
8
jr横スマ 55 15 0.52
36
上スマ 56 32 0.82
62
下スマ 59 17 0.88
68

名前:
コメント: