道中

慣れてないうちは前に出過ぎると落ちて死ぬ。
狭い足場や足場の端のほう等にいると被弾したときにノックバックによって奈落の底に突き落とされることもある為、
対策としてなるべく高い足場に陣取るか足場の端に長くいすぎないようにしよう
足場を飛び移る時は先にいる敵を注視してとにかく慎重に
飛び移る為にジャンプして空中で被弾して真っ逆さまなんてことはよくある
ジャンプ力が低いironcladは要注意。ノックバックレジスト付きの装備をしておくと不意の被弾による落下事故に対処できる
飛び移る予定の足場に敵が陣取っている場合は遠距離攻撃可能なプレイヤーが処理するのを待ってから移動するようにしたほうが安全


先行しすぎは危険!
先行しすぎて処理しきれない雑魚敵を起動してしまうと他のプレイヤーにも多大な迷惑がかかるステージの為足並みを揃えること

Elite ほとんどの敵が「増殖」するようになり、放置していると画面内が全て敵で埋まってしまう。
すべてを倒せるだけの人数と火力で1匹残らず殲滅するか、無視するかの二択になる。
特に集合体の敵は一欠でも残すと後々やっかいになるが、人数が多いならさっさと切り抜けてしまうほうが吉。


中ボス


本体にダメージを与えると5体の雑魚を周囲に召喚する。3段階ぐらいまで召喚して、15体を従えてマップ上を激しく動き始めたら大変なので囲ってる雑魚だけにダメージを与えるよう心掛ける。ただし大人数なら火力で押し切れる。

ボス


画面振動後に画面端のほうから光が差し込みそこからボスが直進してくる
画面振動はボスの出現位置から上下で大きく距離が離れていると反応しない
基本的には真ん中あたりでボス出現を待つことになる
口に当たると即死のため画面振動がきたら光を見逃さずにまず逃げることを最優先
フェーズが次に移る毎に咆吼が聞こえボスの速度が速くなっていく


部位毎に一度に与えられるダメージが決まっており(300程度)全体に満遍なく攻撃するようにすると素早く次の段階に移れる(5部位?あるため一度の通過時に最大1500ダメージ?)
人数が多い場合何人かは攻撃せずに出現した火の蛇の処理にあたるように動くと安定する
あまりバラバラに離れていると火の蛇がばらけてしまうためなるべく全員近くで戦うように心がけると火の蛇の処理がしやすく戦いやすい
ボスの口周辺(顔のあたり)以外の体の部分に攻撃をするとダメージ量が一定値を越える(300程度?)のに応じて体の部位毎に火の蛇を召喚する。
口周辺だけは火の蛇を召喚しないため余裕があれば狙ってみよう(狙いすぎて口に当たって即死しないように)
余り大量にダメージを与えても意味がなくダメージ表示が出ていてもボスにダメージは通っていない、むしろ火の蛇を大量に沸かせる元になるため火力が足りていると判断したら自重するようにしよう
現在は時間経過で火の蛇が発生するようになった

http://cdn30.atwikiimg.com/starbreak/pub/STboss2.png


発狂状態になると動きが高速化し
狭い範囲で上下に二体出現するようになる
この上下に発生する狭い状態で大量の火の蛇を出現させると事故の元になるため発狂状態になってからは積極的に戦うのもいいがなるべく慎重に戦おう
ボスは 同じ場所を通らず、通った場所の間近には出現しない ので、ボスから逃げるのではなくボスを追いかけるように動けば食べられる心配は無くなる
大量の火の蛇が出現するが、出現数が限られており(10体ほど)倒さずに逃げ回るだけでも他プレイヤーの被撃率を大きく下げられる
また火の蛇の頭に当たると10~20ダメージ前後だが、尻尾部分に当たれば4~8ダメージで済むことに気づけば、お助けキャラにも見えてくるだろう
ただしノックバックで転落死、轢き逃げされる可能性もあるので結局は敵なのを忘れずに
火の蛇を一挙に集める場合はDW、ICなら左右、FBなら頂上より上で行うと良い。WFは避ける手段が限られノックバックからの転落死が恐ろしいためオススメはしない。

Elite ボス部屋侵入時、大量の雑魚がいる。 先に雑魚を倒さないと地獄絵図になってしまう。
火の蛇を全部倒すとボスが来てしまう ので、倒さないようにしよう。
ザコ殲滅までひとりは1体を引き付け、フィールド隅で倒さないよう立ち回るのが望ましい。
ボスは通りかかりに足場に吸着する敵を置いて行く、弾速こそ遅いが毎回2~4匹置いて来るので中々やっかい。
何よりも脅威である火の蛇の移動速度が上がっているため発狂時には画面内が火の蛇で埋まってしまう。
発狂時には全セカンドを我武者羅に撃ち出してでも、少しでも周りの火の蛇を処理したい。



余談:ソロなら火の蛇を倒さず逃げながら本体に攻撃するだけで楽に倒せる。慣れるとむしろソロのほうが楽かもしれない。


歴戦の強者編集求む
+ WF

+ DW

+ IC

+ FB