※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第1回 「天気快晴・熱中症パニック!?」(私家版) 2007/08/08


参加者は、0600161:サク@レンジャー連邦と、0600163:舞花@レンジャー連邦の2名です。
この標準Ver.の他に、各PCのパーソナルVer.も作成してみました。

蝶子@81% の発言:
芝村さん、こんばんは。予約させていただいていた小笠原ゲームをお願いいたします。

芝村 の発言:
OK。

舞花 の発言:
こんばんは、メッセでははじめまして。今日はよろしくお願いいたします。

サク の発言:
こんばんは、よろしくお願いします。

蝶子@81% の発言:
申請記事は、こちらになります。
http://blog.tendice.jp/200704/article_59.html

蝶子@81% の発言:
お世話になっております、レンジャー連邦です。
イベント90にて取得いたしましたペアチケットを使って、
ミニな学校イベントを申請させていただきます。
○参加者
 ・0600161:サク
 ・0600163:舞花
 以上2名につきまして、入学金2億ずつ、計4億をお支払いいたします。
○参加ACE
 ・カール・T・ドランジ(藩国滞在)
 ・また、これに加えて同じくイベント90で取得いたしました乙女のキッスを使い、
  藩国外ACEを1名呼ぶ予定でおります。
以上、よろしくお願いいたします。

蝶子@レンジャー連邦 2007/08/07 00:35

芝村 の発言:
はい。OKです。

蝶子@81% の発言:
それでは、中継車はここで落ちます。サクさん舞花さん、頑張って! 楽しんできてね!

芝村 の発言:
お世話になりました>蝶子さん

舞花 の発言:
蝶子さん、繋いでいただいてありがとうございました。

サク の発言:
はい、ありがとうございましたー!>蝶子さん

蝶子@81% の発言:
芝村さん、うちのお嬢さん二人をどうぞよろしくお願いします。(ぺこり)
(お世話だなんてとんでもないです!がっつり楽しんでね!)

蝶子@81% の発言:
それでは、よいゲームをー^^ノシ

芝村 の発言:
では2分後に。

サク の発言:
はい。よろしくおねがいします。

舞花 の発言:
よろしくおねがいいたします。

/*/

芝村 :ヤガミは木陰に隠れている。

芝村 :水着姿だが、黄色いジャンパーは忘れていない。

サク :(ぇーいきなりなんで・・・>隠れている)

舞花 :シャイですねぇ(笑)

芝村 :現在の時刻は昼過ぎ。気温38度。

芝村 :別にシャイでなくても隠れるかもね。

舞花 :「うわぁ~、すごい日差し・・・たしかに」

サク :黄ジャンで目立つのではなかろうか・・・(笑)

サク :って暑い!!<38度

サク :「麦わら帽子持ってきてよかった~(パタパタ手で仰ぎながら)」

芝村 :まあ、別に日差しから隠れてるだけだよ。



芝村 :真の意味で隠れているのはドランジのほうだ。

舞花 :Σ



サク :「ヤガミ来てないのかな・・・?」(キョロキョロ探します)

芝村 :ヤガミはすぐ見つかる>サク

サク :あら。

サク :では、探しに行きます。舞花さんがんばれ~。

芝村 :ヤガミは木陰だ。

芝村 :ビールを飲んでる。

サク :「ヤガミどこー? って、あぁこんなところに」

芝村 :もうだめだ。死ぬとか言ってる<ヤガミ

サク :(Σまっ昼間から)

サク :(えぇぇ)

ヤガミ :「ビールだけが友達だ」

サク :「ヤガミ・・・ど、どうしたの? 何かあったの・・・???」

サク :(とりあえず近くまで行きます)



舞花 :「ドランジさん、泳ぐのとか、キライなんでしょうか? 捜しに行ってきますね」

舞花 :「(がんばれ、サクさん)」



芝村 :ヤガミはサクを、なんだこいつという顔で見ている。

ヤガミ :「今の季節は?」

サク :「(がーん)<なんだこいつ」

サク :「季節って。見たとおり、夏だと思うけど・・・」

ヤガミ :「今の気温は?」

サク :「・・・38度、かな。あっついねぇ あはははは」



舞花 :「近くにはいないのかな?」

芝村 :ドランジは近くにいないね。遠くに行ってみるかい?

舞花 :「いつもの黒スーツだったら、死んじゃう暑さですよね」

舞花 :はい、捜しに行きます。

舞花 :「サクさん、ヤガミは任せた~」



芝村 :ヤガミはサクの両肩に手を乗せた。

サク :(暑いときにビール飲んだら余計暑くならないのだろうか・・・)

サク :「え。」

ヤガミ :「じゃあ、分かるな。俺は暑がっている」

芝村 :ヤガミは酒くさい。



芝村 :どこに探しに行く?>舞花

舞花 :岩場の影とかには、いないでしょうか?

芝村 :いない>舞花

芝村 :そのうち、海岸は終わってしまった。もう、漁港だ。

舞花 :「うわーん、ドランジさん、どこですか? せっかく、せっかく、海なのにぃ!!」



サク :「・・・海で泳いだらいいんじゃないかなぁ・・・・」

ヤガミ :「クラゲが出たらどうする」

サク :「ぇークラゲって!! 大丈夫だよ、まだお盆前だし!!(関係なさそうな)」

芝村 :ヤガミはサクに顔を近づけた。

ヤガミ :「刺されたら恨むぞ」

サク :「(どぅわー顔が近いです!!)」



芝村 :どこに行く?>舞花

舞花 :漁港、まさか船に乗っていたりはしないですよね。

芝村 :さすがに。

芝村 :ちなみに38度なんで、黒づくめなら確かに死んでるだろう。

舞花 :早く捜さなくちゃ!!



サク :「ととととりあえずビールは置いて、水飲んでほら!!」

芝村 :ヤガミはもったいないのでビールを一気飲みした後で、水を飲んだ。

芝村 :あまり意味はない気もした。

サク :「ちょっと酔いを醒ましてから、一緒に海に入ろうよ!」

サク :(確かに<水飲んでも意味なさそう)

ヤガミ :「……」

ヤガミ :「分かった」

芝村 :ヤガミは眼鏡を取るかどうか迷っている。

サク :「(なーんか随分酔ってるみたいだなぁ・・・)」 なんで迷うんだろう・・・



芝村 :舞花は宿の近くにいる。

舞花 :「黒スーツばっかり見慣れているので、わからないですよ」

舞花 :どこまで行ってるんだろう、私。

芝村 :宿の近くだよ。>舞花

芝村 :というか、前だ。>舞花

舞花 :宿に入ってみます。



芝村 :ヤガミはまだ迷ってる。

サク :「眼鏡、置いていく? 私かばん持ってきてるから、ここに一緒に置いておけばいいよ~」

ヤガミ :「お前、笑うだろう」

サク :「?? なんで。笑わないよ」



芝村 :宿の中にドランジはいる。

舞花 :「ドランジ・・・さん?」

芝村 :クーラーがんがん効かせている。ヤガミより死んでる。

舞花 :「Σちょ、ドランジさん、大丈夫ですか?」

舞花 :「まさか熱中症!?」

舞花 :駆け寄ります。

ドランジ :「……すまない。地球は暑すぎる」

芝村 :ドランジはがくっと倒れた後、ビールを開けた。銀ビールだ。

舞花 :「(こっちもビール!?)」

サク :(こっちもかー!>ビール)



サク :「(普通にニッコリしながら)ほら、行こう?」

ヤガミ :「顔見るな」

芝村 :ヤガミは眼鏡を取った。

芝村 :そしてサクの手を握った。

サク :「見るなって・・・どこ見ればいいの」

サク :「Σ」

ヤガミ :「前だ」

ヤガミ :「前を見ろ、下に注意だ」

サク :「(に、握り返します)う、うん。わかった(>前見ます、はい)」



ドランジ :「生き返った……」

舞花 :そばにぺたんと座ります。

舞花 :「えーと、暑いときには、ジャケット脱いだほうがよいですよ??」

舞花 :「ビール、おいしそうですね」



サク :(ぐ、心臓バクバクしてきました)

芝村 :ヤガミはサクの肩に握ってないほうの手をおいた。

芝村 :ゆっくり歩いている。

サク :どわわわ

サク :「(前前まえ か、肩に手がっ)」



芝村 :ドランジはジャケットを脱ぐと言われて、なんだこいつという顔をした。

ドランジ :「いや、失礼。いささか非常識だった」

舞花 :「・・・変なこと言っちゃいました、私?」

ドランジ :「脱いだら、死ぬんじゃないかな」

舞花 :「!?」

ドランジ :「ビールなら、どうぞ。勧めることもなく、すまない」

舞花 :「! ありがとう!」(うれしそう)



サク :右手と右足同時に出しつつ、波打ち際まで歩きます。ゆっくり。

芝村 :ヤガミが背中にぶつかった。>サク

サク :ふぎゃ 

サク :(っていつの間にー。追い越してる?)



ドランジ :「室温25度」

ドランジ :「ありえない。なんでこれ以上下がらないんだ。12度とかは」

舞花 :「外から入ってきた分には、気持ちよいんですけど・・・12度って何?」

ドランジ :「信じられないな。地球がこんなに暑いとは……」



芝村 :追い越してはないね>サク

芝村 :ヤガミは貴方がゆっくり歩いたんで、貴方の背中にぶつかっただけだ。

サク :「ごごごめんなさい。ゆっくり歩きすぎたね」

ヤガミ :「いや、いい」

サク :「(あぁぁあ ペース合わせます、はい) ごめんね、いつもトロくて。あはは」

芝村 :ヤガミはサクの背中をまさぐっている。

芝村 :今日の水着は?>サク

サク :ぎょえーーーーーーーー

サク :ええと、セパレートの ちょっとおとなしめの水着。です。

サク :(レンジャーへそだしに則り。ワンピースではなく)



舞花 :「(ジャケット脱いだら死んじゃうんですか・・・どうしてだろう?)」

ドランジ :「空調服でも22度だ」

舞花 :「(なるほど・・・)」



芝村 :ヤガミは丁度握りやすそうな紐を握った。

サク :「あああの、ヤガミ、どしたの・・・?」

ヤガミ :「いいぞ、あとどれくらいだ?」

サク :ちょちょ<紐

ヤガミ :「何かあったのか?」

サク :「ど、どれくらいって。ななな何がっ」



芝村 :ドランジはだらだら汗をかき始めた。

舞花 :「じゃあ、ドランジさんは海で泳いだりとかは、したくないんですね(残念そう)」

ドランジ :「海で泳ぐ?」

舞花 :「ええ、そのために来たんですけど・・・」



サク :(え、私まだ背中まさぐられてますか;;;??)

芝村 :いえ、背中、水着の紐をぎゅーと握られている。>サク

サク :ってそれ動けないじゃないですかーーー!!!!

サク :「えーと。ヤガミ、後ろで何してるのかな・・・・??」

ヤガミ :「どうしたんだ? いや、いいから泳ぐんだろう」



ドランジ :「すまない。水温を教えてくれ」

芝村 :ドランジはすごい真面目な顔だ。

芝村 :正座しそうな勢いだね。日本的に言うと。

舞花 :「えっと、正確なところはわからないんですけど」

芝村 :ドランジはすごい苦痛そうな表情をした。落胆した。

ドランジ :「そうだな。当然だ。いや、すまない」

ドランジ :「正直に言うと、この際だから水に落ちてもいいと」

舞花 :「いや、落ちるんじゃなくて・・・(あせっ)」

舞花 :「(ちょっと困った顔)」



サク :「・・・・ヤガミも一緒に行くよねー?(ちょっと後ろを振り返りつつ)」

芝村 :ヤガミは紐を引っ張っている。声は真剣そうだ。

ヤガミ :「どうしたんだ。何が起きてる?」

芝村 :サクは振り向いたが、見えそうで見えない。

サク :紐ひっぱられてたら動けないーー;;;

ヤガミ :「サク!」

サク :(ええと、私、気が付いてますよね? <引っ張られてること)

芝村 :すごい心配した声だよ。

芝村 :ええ>サク



芝村 :ドランジは珍しいことに落ち着いてないようだ。

芝村 :銀ビールを5本くらい飲んだ後、もうだめだとつぶやいて、外に出た。

舞花 :「そんなに飲んでいたんですか!?」

舞花 :あわてて後を追います。



サク :「・・・・背中の。紐。手、放してくれないと動けないよ?」

サク :<ちょう笑顔で

ヤガミ :「そうか、よかった」

芝村 :ヤガミはほっとしたようだ。

サク :ええええなにがー;;;??? <ほっとした



芝村 :舞花はドランジの上着を見つけた。

舞花 :「ごめんね、ドランジさん。無理させちゃったのかな(オロオロ)」

芝村 :5m先にはシャツが落ちてた。

舞花 :Σちょっ!? 

芝村 :さらに10m先はズボン。

芝村 :その先は海だ。

舞花 :あわてて駆けていきます。

舞花 :「ドランジさん!?」



サク :ええと、振り向けますか??

芝村 :振り向ける。なんか外れた。>サク

サク :(ヤガミは何やってるんだ・・・)

サク :Σ

芝村 :そしてヤガミは派手に転倒した。

芝村 :後ろがいい? 前がいい? >サク 転倒の方向

サク :「うああああああああああああああ!!!!!」<ひも!!



舞花 :「ドランジさん、こんなところでストリップはまずいですっっ」

芝村 :泡が出てるよ。>舞花

芝村 :水面に。

舞花 :「ドランジー!?」

舞花 :「体重何キロだとか言ってる場合じゃない!」

舞花 :飛び込みます、海に!



サク :後ろにしておいてください・・・・orz

芝村 :ヤガミは後ろに倒れた。

サク :「(手で胸のあたりかばいます)」なんつーことをっ!!!!!

芝村 :ヤガミは目を回している。

サク :「な、ななななな何てことするのヤガミーーーーー!!!!!」

サク :「ぬ?」



芝村 :ドランジは水中で涼しそうだ。目をつぶってる。

舞花 :(沈んでるんですか?)

芝村 :沈んでる。>舞花 5m下くらい。

舞花 :「(どうでもいいけど目のやり場に困ります)」ってええっ!?



ヤガミ :「どこだ、サク」

サク :(ええと。水着の上、取れてますよね・・・ヤガミが持ってるんですか?)

ヤガミ :「サク……?」

芝村 :ヤガミが持ってるけど。

サク :「ここにいるよ、ヤガミ」

サク :ううう。ヤガミの様子を見ます。

芝村 :ヤガミは手探りで移動しようとして失敗した。

芝村 :またこけた。

サク :そばまで行きます。<ヤガミの

ヤガミ :「くそ、大丈夫か。サク……」



舞花 :「潜って、たどりつけるんだろうか」

舞花 :息を吸い込んで、ドランジのそばまで潜っていきます。



サク :「ここに、いるから。大丈夫」>近くまでいきます

サク :あぁ。そうか。

サク :もしかして、見えてない??

芝村 :ヤガミは抱きついた。

芝村 :見えてないね。全然見てないようだ。

芝村 :サクはようやく、ヤガミがなんで眼鏡外すのにえらい迷ってたか考えた。

サク :「わっ!! だ、大丈夫だからその手のソレをですね」

サク :あぁーーーー近眼なのね・・・・ごめん。



舞花 :手をとって引っ張ります。

芝村 :ドランジは目を開けた。

ドランジ :「?」

舞花 :「がぼがぼ(息は大丈夫なの~?)」

芝村 :ドランジはうなずいた後、舞花の手をとって浮かび始めた。

舞花 :「うわ!?」(もう、心配させて・・・こんなにマイペースな人だっけ?」



ヤガミ :「手がどうした?」

サク :「ごめん。ヤガミ、視力悪かったんだ・・・見えてなかったんだね。」

サク :「や。その手に持ってる。水着。を。」

サク :(あれ持ってなかったっけ?)

ヤガミ :「なに? 水着?」

ヤガミ :「そうか、水着なのか」

サク :あれーーー って

芝村 :ヤガミは赤面した後、布を顔のほうに……

サク :「気付いてなかったんだ   ガクリ」

サク :「ちょちょちょ だからそれはっ」

サク :(手から奪い取ります!!)

芝村 :サクの頭に水着持った手が当たった。

サク :「うにゅ?」

ヤガミ :「大丈夫か?」

ヤガミ :「大丈夫だ、どうせ見えない。本当だぞ」

サク :「・・・・うん。大丈夫。ありがとう・・・・(恥)」(でも胸はかばいつつ)



舞花 :「どうです、少しは涼しくなりました?」(赤面して、目をそむける)

芝村 :ドランジは水面に顔を出した。

ドランジ :「ようやく」

舞花 :「よかったぁ~」



サク :「・・・ごめん、勘違いしちゃった」

ヤガミ :「なにを?」

サク :「いやうんまあ。えへへ」



ドランジ :「この時代は、なぜこんな温度なんだ?」

舞花 :「え? ドランジの時代はそんなに温度低いんだ・・・?」

舞花 :「あ、ドランジ・・・さん」

ドランジ :「心配させてすまない。舞花は大丈夫……なのか?」

舞花 :「大丈夫じゃない! です」



サク :「変なイタズラでもしようとしてたのかと・・・そんなわけないよね。うん」

ヤガミ :「俺だって命は惜しい」

サク :「・・・・・うふふふふ そうだよねぇ」<ちょー笑顔その2

ヤガミ :「ああ、安心しろ」

ヤガミ :「それと、すまん、やっぱり眼鏡を取ってきたほうがよさそうだ」

サク :「じゃあ。その手の水着を。返して?」



ドランジ :「地球平均気温は-20度、このあたりなら本来17度くらいのはずだ」

舞花 :「-20度・・・」

舞花 :「じゃあ、地球の海で泳いだことなんかないんだ・・・」



サク :「ちょっと待った!」>ヤガミ

サク :「眼鏡の前に。水着」

ヤガミ :「? 水着は渡したぞ」

サク :あれ、もう奪ってましたか・・・

芝村 :ヤガミは水着を握ったまま、手探りで歩いている。

芝村 :ちなみに、サクは初めて、ヤガミが美形だと気付いた。

サク :うぉーいい>持ったまま

サク :(Σ美形だったんだ 絶対違うと思ってた)



舞花 :「ビール5本も飲んでて、大丈夫なの?」

ドランジ :「もう、戻った」

舞花 :「(この、たーみ〇ーたー!)」

芝村 :ドランジは、また水の中に潜った。

舞花 :「泳げるんですよね、ドランジさんは」

芝村 :しばらくすると戻ってきた。

ドランジ :「訓練で潜ったことはある。涼しくてよかった」



サク :「待って待ってヤガミ、水着貰ってないよ!!」>後ろから追いつきます。

芝村 :追いついた。>サク

サク :(ああもう。もう少しじっとしてなさいーー)

芝村 :ヤガミは振り向いた。

サク :(いや見えないからってあんまりこっち見なくていいから;;;)

サク :「ぜはぜは。はい、まずは手を出して」

芝村 :ヤガミは眼鏡を掛けた。

ヤガミ :「どうしたんだ」

サク :「水着、持ってるでしょう?それを渡して」(ヤガミの手を取ります)

サク :早いよ!!>眼鏡

ヤガミ :「ああ。すまん」

サク :(って えーーー普通???)

サク :「(胸を隠して固まりつつ)・・・・あれ?ヤガミ、眼鏡かけたから見えてる・・・よね??」

芝村 :いや、ヤガミは顔を真っ赤にして、眼鏡の奥の目を横に全力でむけている。

サク :(後ろ向くとかあると思うんだが・・・;;)



ドランジ :「そうか、最低接触戦争前か」

舞花 :「時があまりに離れている・・・感じ」

ドランジ :「核の冬が来てないころは、暑かったんだな」

舞花 :「そんなに違う・・・?」

舞花 :「はぁ・・・」(ため息)

ドランジ :「ああ。小さな塵が、地球全体を覆った」

ドランジ :「宇宙船が四散したんだ」

舞花 :「!?」



サク :「あーえーと。ごめん、ちょっと着けるから後ろ向いてて」(水着を受け取りつつ言います)

芝村 :ヤガミは眼鏡を外した上に後ろ向いた。

サク :なんだか壮絶に情けないと言うか、恥ずかしいというか。

ヤガミ :「半殺しくらいにしておいてくれ」

サク :速攻で着用します。水着。

ヤガミ :「良く見てない。本当だ」

サク :「・・・・もういいよ。気が付かなかった私も、悪かったし」

サク :「(良く ってどういう意味だ)」



舞花 :「・・・宇宙船の名は?」

ドランジ :「さあ、何隻も沈んだ。メルボルンも、ベルリンも続く攻撃で消滅した」

舞花 :「・・・ああ、そんなに・・・地球が・・・」

舞花 :「(たしかドランジのお母様って・・・)」

ドランジ :「ひどい戦争だった。地球は冷えた」



サク :(ちゃんと着ました。ヤガミのほうを、向きます)

芝村 :ヤガミは眼鏡を落とした。

サク :あれ

サク :「眼鏡、落ちたよ?」



ドランジ :「だが冷えたのは良かったな」

ドランジ :「私の先祖は熱帯の生き物だったんだな」

舞花 :「少しは気分よい?」

芝村 :ドランジはあからさまに上機嫌だね。



芝村 :ヤガミは振り向いた。

芝村 :ヤガミ :「殴れ」

サク :また眼鏡外して・・・って

サク :そこまでしなくても! そもそも殴れるわけないー・・・

ヤガミ :「銃でもいい」

サク :ぶは。



舞花 :「熱帯のというか、水棲生物だったんじゃないでしょうね」

芝村 :ドランジはこくこく頷いている。

舞花 :「ええっ!? 真顔ですか!?」

ドランジ :「真面目だが」

舞花 :「・・・どんな・・・」



サク :「・・・・わかった。では、お言葉に甘えて」

サク :「目をつぶって。歯を食いしばってください」

ヤガミ :「ああ」

サク :「うりゃー!!!!!」<気合です気合

サク :気合で かるーく デコピン。

サク :ばちーん

芝村 :ヤガミは倒れた。

芝村 :動かなくなった。

サク :「うぇーーーこんくらいで!!!!!」

サク :「めっさ手加減したんだけど!!」

サク :>駆け寄ってヤガミの様子を見ます。



舞花 :「(まぁ、いいや)機嫌も良くなったみたいですし」

芝村 :ドランジは微笑んだ。

ドランジ :「まったくだな」

芝村 :ドランジは、うりゃーという声を聞いた。

/*/

芝村 :はい。時間です。

サク :えぇーーー

舞花 :楽しそうでしたね、サクさん。よかったねー。

サク :あ、ありがとうございました。

芝村 :お疲れ様でした。

舞花 :ありがとうございました。

サク :ヤガミ倒れちゃった・・・どうなったんでしょう・・・。

芝村 :ドランジ、次は熱帯仕様になるでしょう。

サク :(倒れたと言うか倒したというか)

芝村 :というか、ヤガミも火星使用だから1/4重力対応だよ。

舞花 :・・・熱帯仕様ですか。どのへんがだろう。

サク :(舞花さんはドランジ上機嫌そうでしたね!)

舞花 :えーと、酔っ払って、服脱いで、海に飛び込んでる人ですが・・・。

サク :1/4重力、ということは。

芝村 :つまり、力は1/4。

芝村 :我々の体感温度でいうと90度くらいだよ>舞花

舞花 :そんなに違うんですか!?

サク :うわ。それは暑い<90度

芝村 :違うねえ>舞花

サク :デコピンが4倍の威力で効いた?

芝村 :いや、80倍くらいだと思うけど>サク

サク :うわーーーそんなに!!

芝村 :それで何時間もがまんしてたんだから、まあ、偉い奴だよ。

舞花 :「ごめんね、ドランジ。何にも知らないで」

サク :ヤガミ生きてますかね・・・(がくぶる)

舞花 :「どうして、先に言ってくれないんでしょうか」

芝村 :ドランジは、ぶっ壊れるまで表情に出ない。

芝村 :ヤガミは、へたれなのでもうかなり早い段階でビールに逃げてた。

舞花 :そういう人ですね・・・(だから心配なんです)。

サク :逃げてた(笑) 普通にドランジとお宿で涼んでたらいいのに。

サク :うーヤガミに申し訳ないことをしてしまいました・・・。

舞花 :室内でも暑いといってるんだから、やっぱり熱中症になっていたと思います。

芝村 :ヤガミが、サクをおいていくのかい?

芝村 :ありえない。

サク :あぁ・・・待っててくれたんですね。

サク :益々。ごめんよヤガミーーー!!!

芝村 :そうだね。水に入らなかったら、やばかった。

芝村 :水に入る選択肢も頭から抜け落ちてたね>舞花

舞花 :時代背景も頭に入っていませんでしたので・・・。

芝村 :まあ、次のヤガミは丈夫だといいね>サク

サク :イベント選択が失敗でしたかねーごめんなさい。

サク :ええうそ!!!さっきのヤガミは!!!!

芝村 :いや、戦闘直後だったから。

舞花 :いや、それ言ったら、小笠原に来ること自体に無理があったということです。

舞花 :しかし、レンジャー連邦で、ドランジどんな生活してるんでしょうね。

サク :デコピンして倒れたあと、どうなりましたか?<ヤガミ >芝村さん

舞花 :かなり暑いはずなのに、やせ我慢してるんだろうか、やっぱり。

芝村 :レンジャー連邦にはまだ戻ってないから義体も変更してないね。

舞花 :(そういうことなんですか、ますますごめんね)

芝村 :まあ、細かいことは気にしないでも>サク

芝村 :乙女のキッスくらい、買ってあげるよ。

サク :いやいやいや。細かくないですーー!!

サク :じゃなくて、さっきのヤガミがいいんです!!!!

サク :うわーん!!!!

舞花 :いいなぁ、サクさん、仲がよくてw。

芝村 :サク・ヤガミと聞いて、えーとか言ってたくせに。

サク :ちちっち違いますそうじゃなく>えーとかって

芝村 :もー。ヤガミ妖精は勝手やのう。はい。じゃあ大事にしてね。

サク :(なんかこう恥ずかしいなぁと思っただけで)

サク :うううう。すみません。。。<勝手言って

芝村 :(笑)

サク :はい。大事にします。

舞花 :二人っきりになれてよかったですね、いろいろ(笑)。

サク :はい、そうですね<二人っきり

芝村 :ドランジもあれだけ壊れるというか、年齢相応の反応は珍しいね。

芝村 :親父レベル高いから。

舞花 :壊れすぎですよ、たいそうかわいらしかったです。

サク :舞花さんのほう完全に見れてなかったです・・・そうなんだ<年齢相応

サク :(さすが舞花さん)

舞花 :年齢相応かどうかは、疑問です(笑)。

芝村 :いやまあ、目が@@になってなかっただけ、ドランジはよかった。

サク :(私は思いっきり空回ってました。。。。)

舞花 :まあ、ヤガミですからねぇ。

芝村 :サクさんはすごかったねえ。

舞花 :気持ちよさそうに潜っている姿がステキでした<ドランジ

芝村 :なんで目が悪いのに気付かないのか、いや、わざとかと

舞花 :Σわざとだったんだ!?

サク :うううううう>@@がすごかったんです・・・・

舞花 :一緒に潜ってくれたらよかったなぁ・・・ドランジ。

サク :全然気が付きませんでした。。。。ガクリ。

芝村 :そうか。ラブコメブラッドなんやね。

舞花 :全然こっちのことは気にしてくれなかった(笑)。

サク :な、なんでしょうそれ>らぶこめぶらっど???

舞花 :いいなぁ、らぶこめ(笑)

サク :(ごめんほんと気が回ってなかったです;;;>気にしてくれなかったって)

舞花 :いえ、違う、ドランジさんが、ですよ(笑)。

芝村 :いや、ラブコメの血。体質。生まれながらのラブコメ体質者。

芝村 :気にはしてたよ。謝りはしてた<ドランジ

芝村 :我慢できなくなっただけ。

舞花 :自分だけビール飲んで、ですね(笑)。

サク :ぐは!!いや、そんなはずは!!!<ラブコメ体質

サク :リアルでも似たようなこと多いので、単にウッカリだったり気が利かないだけです!

芝村 :アレ飲むと少し冷えるんだよ。

舞花 :一気に5本も飲んじゃうほど、苦しかったんですね。

芝村 :そうそう>舞花

芝村 :はい。では解散しましょう。

芝村 :蝶子さんには、サクさんはボンベイブラッドと言っておきます。

舞花 :はい、ありがとうございました。

舞花 :ボンベイブラッド!?

芝村 :あ、ラブコメブラッドだった。ごめんごめん。

舞花 :グレードアップしてるんでしょうか?

サク :えぇーーー???

芝村 :いや、冗談だ。

サク :なんか周囲に目が届かないのはもぅ。。。orz

舞花 :はい、ボンベイブラッドと言いふらしておきます。

芝村 :評価は+1+1。

舞花 :おめでとう!

サク :謎です・・・<ボンベイ

サク :おぉ。

芝村 :両方ね。

舞花 :あんだけ女の子に恥ずかしい思いさせておいて、ヤガミはなぁ(笑)

サク :よかった、上がってた! ありがとうございます!!

舞花 :あ、わたしもですか。それはうれしいです。

舞花 :ありがとうございます。

芝村 :はい。

芝村 :秘宝館はPL1名につきSS、イラスト1個ずつ。

舞花 :はい。

サク :はい。発注初めてなので嬉しいです!

芝村 :ではそういうことで。

芝村 :ではー

舞花 :お疲れ様でした。ありがとうございました。

サク :はい、とても楽しかったです! ありがとうございました!





-