※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第6回 「迷走のジャングル」 2007/11/29



舞花 の発言:
こんにちは、芝村さん。ゲームを予約しておりました舞花です。

芝村 の発言:
記事どうぞ。


舞花 の発言:
【予約者の名前】0600163:舞花@レンジャー連邦
【実施予定日時】11月29日12:00~13:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間):10マイル
【召喚ACE】
 ・カール・T・ドランジ :藩国滞在:0マイル
【合計消費マイル】計10マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・0600163:舞花:レンジャー連邦:入学済:10マイル

芝村 の発言:
イベントは?

舞花 の発言:
前回の続きから、でお願いします。

芝村 の発言:
OK。

芝村 の発言:
1分でやるね。

舞花 の発言:
はい、よろしくお願いします。

/*/

芝村 の発言:
目を開けば、そこはジャングルだ。

芝村 の発言:
奇怪な鳥の声が聞こえる。

舞花 の発言:
ジャングルの様子は、どうでしょう? PLの知識の範囲内の熱帯ジャングルでしょうか?

芝村 の発言:
ここには道すらないね。

芝村 の発言:
熱帯のような気はするが、場所までは分からないね。

舞花 の発言:
はい。あたりの様子を探ります。人の痕跡のようなものは、皆無でしょうか?

芝村 の発言:
ええ。

芝村 の発言:
巨大な鳥がいる。足が長い。

芝村 の発言:
大きさは500kgくらい。

舞花 の発言:
「!? なに?? ミタコトもない・・・!?」

舞花 の発言:
(凶暴そうでしょうか? )

舞花 の発言:
ダチョウは500㎏もないですよね?(涙)

芝村 の発言:
そうだね。

芝村 の発言:
大きな嘴だ。

芝村 の発言:
寄ってきた。

芝村 の発言:
脚でジャンプ。

芝村 の発言:

芝村 の発言:

芝村 の発言:

舞花 の発言:
飛んで避けます!

芝村 の発言:
もう少しで蹴り殺されるところだった。

芝村 の発言:
足の爪がナイフのようになっている。

舞花 の発言:
「なに? 危害を加えるツモリはない・・・」  Σ!?

舞花 の発言:
ダッシュで茂みに飛び込みます。

芝村 の発言:
鳥は複数いる。

舞花 の発言:
こんなところに、ドランジがいるんでしょうか?

芝村 の発言:
続々と茂みの周りに集まり始めた。

舞花 の発言:
わーん、命のピンチ?

芝村 の発言:
茂みが攻撃され始めた。

舞花 の発言:
ダメモトです!

舞花 の発言:
「ドランジーーーーーッ!!!」

芝村 の発言:
貴方は肩をかまれて、引きずり出された。

芝村 の発言:
内臓を狙われている。

舞花 の発言:
ラプトルとかいうのじゃないですよね?

芝村 の発言:
ああ。恐竜図鑑で見たような気はする。

芝村 の発言:

芝村 の発言:

芝村 の発言:

舞花 の発言:
足元の土を蹴り上げて、目潰し!

芝村 の発言:

芝村 の発言:

舞花 の発言:
とにかく、走り出します。

芝村 の発言:

芝村 の発言:
服が破れた。

舞花 の発言:
かまわない!

芝村 の発言:
ドランジが歩いてきたよ。

芝村 の発言:
銃を片手に持っている。

芝村 の発言:
目が点になった。

舞花 の発言:
走って逃げ・・・

舞花 の発言:
「ドランジッ」 (ジグザグに走って、鳥から避けつつ)

芝村 の発言:
ドランジは天に銃を撃った。

芝村 の発言:
鳥が逃げ出した。

舞花 の発言:
身を伏せつつ、様子を見てます。

ドランジ :
「舞花……」

舞花 の発言:
「ド・・・ドランジ・・・う・・・」

舞花 の発言:
「鳥は?」

ドランジ :
「音に弱い」

芝村 の発言:
ドランジは手を差し出した。

舞花 の発言:
「・・・ありがとう」(手を取り、立ち上がります)

芝村 の発言:
ドランジは顔を赤くした。

芝村 の発言:
自分の上着を貴方にかけた。

舞花 の発言:
「Σあ・・・ありがと・・・(半泣き)」

舞花 の発言:
「もう・・・だいじょぶ・・・」

ドランジ :
「どうやってここに・・・」

舞花 の発言:
「知恵者にお願いしました」(目を見て)

ドランジ :
「……」

ドランジ :
「無茶なことを」

舞花 の発言:
「はい・・・ごめんなさい・・・」

芝村 の発言:
ドランジは微笑んだ。

ドランジ :
「でも、無事でよかった」

ドランジ :
「帰れるように手配する」

舞花 の発言:
「ええ・・・その前に少しだけ、あなたとお話してもよい?」

芝村 の発言:
ドランジは微笑んだ。

ドランジ :
「いいとも」

舞花 の発言:
「よかった」(少し笑います)

ドランジ :
「何か、用が?」

舞花 の発言:
(苦笑)

舞花 の発言:
「あなたが元気かどうか(というか無事かどうか?) とても心配だったの」

ドランジ :
「大丈夫だ。知恵者には連絡をとっている。彼に聞けばいい」

舞花 の発言:
「そっか、ここは、知恵者が手配してくれた場所なのね」

ドランジ :
「ああ」

舞花 の発言:
「話は直接あなたに聞いてみろ、って知恵者が寄こしてくれたんだと思うの」

ドランジ :
「……知恵者め」

ドランジ :
「そうか。失礼した」

舞花 の発言:
「失礼なことなんて、してないですよ」

ドランジ :
「いや……。知恵者がふりまわしているから」

舞花 の発言:
「そうじゃない、と思う。とても誠意をもって対応してくれたもの・・・」

ドランジ :
「……」

舞花 の発言:
「わたしが、どうしても、どうしても、あなたに会いたいってお願いしたの」

芝村 の発言:
ドランジは貴方の格好を見て、違う感想を思ったようだ。

ドランジ :
「どんな?」

舞花 の発言:
「どんな?・・・」

舞花 の発言:
「んーと、自分の道は自分で切り開け? ちょっと違うかな?」(笑)

ドランジ :
「まあ、なんにせよ、その格好では目のやり場に困る。ボタンを、してくれないか」

舞花 の発言:
「ご、ごめんなさいっっ」(あわてて、上着の前を合わせます)

舞花 の発言:
「大きすぎて、重い・・・」

ドランジ : 「すまない」

舞花 の発言:
ボタンを留めて、身づくろいしてます。

舞花 の発言:
「え? ううん、うれしい・・・ドランジの上着・・・」

芝村 の発言:
ドランジは背を向けている。

芝村 の発言:
ドランジは咳をした。

舞花 の発言:
「もう大丈夫です」(背中から、そっと抱きつきます)

芝村 の発言:
ドランジは慌てて離れた。

ドランジ :
「なにか?」

舞花 の発言:
「・・・どうしても、逢いたかった・・・それだけだと言ったら、怒る?」

ドランジ :
「……いや、怒りはしないが」

ドランジ :
「少し不思議ではある」

舞花 の発言:
「不思議?」

ドランジ :
「ああ」

ドランジ :
「貴方に好かれているのは分かるが、覚えがあまりない」

舞花 の発言:
「えっと、・・・うん、私、感情表現ヘタみたい。全然、伝わってなかったのね」

芝村 の発言:
ドランジは目をさまよわせた。

舞花 の発言:
「一緒にいられるだけで、ただうれしくて・・・でも、なんかしゃべらなくちゃって、
一生懸命になりすぎたり・・・」

芝村 の発言:
ドランジは照れた。

ドランジ :
「それは、失礼した・・・」

舞花 の発言:
「いままで振り回してばっかりで、ごめんなさい」

舞花 の発言:
「だから、失礼なんかじゃないの。そばにいられるのが、うれしいの・・・」

ドランジ :
「いや、自分も大抵鈍いと言われるので」

芝村 の発言:
ドランジは微笑んだ。

ドランジ :
「でも、ありがとう」

/*/

芝村 の発言:
はい。時間です。お疲れ様でした。

舞花 の発言:
ありがとうございました。

芝村 の発言:
評価は+1+1(MAX4・4)でした。

舞花 の発言:
(涙)

芝村 の発言:
秘宝館には、1、1で依頼出来ます。

舞花 の発言:
はい、ありがとうございます。

芝村 の発言:
うまくいきそうだね(笑)

芝村 の発言:
次は試練かい?

舞花 の発言:
このまま試練・・・ですか?w

芝村 の発言:
ははは。どうかな。

舞花 の発言:
まだ、全然お話もできてない気がするんですが。

芝村 の発言:
さて、それでは解散しましょう。昼飯食べないといけない。

芝村 の発言:
ではー

舞花 の発言:
はい、お疲れ様でした~。




-