※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第8回 「試練の大瀑布」 後編 2007/12/05



/*/

ドランジ :
「動かないでくれ、直ぐ降ろす」

舞花 の発言:
動きます、バランス崩したふりして、ぎゅっと!

芝村 の発言:
抱きしめている。

ドランジ :
「小さい子供みたいだ」

芝村 の発言:
ドランジは笑った。

舞花 の発言:
「や、だって変な恰好・・・恥ずかしかったのだもの」

ドランジ :
「それは失礼した」

芝村 の発言:
ドランジは貴方を降ろそうとした。

舞花 の発言:
「そんなに子供ですか?」(ぎゅっと抱きつきます)

ドランジ :
「だだをこねるところは」

舞花 の発言:
「・・・ばればれですね(笑)」

ドランジ :
「何が?」

舞花 の発言:
「いえ、子供だってところが見透かされてるなってw」

ドランジ :
「ああ。いいじゃないだろうか」

ドランジ :
「今なら笑える自分がいる」

舞花 の発言:
「・・・大人になります。ちゃんと人の気持ちを汲み取れるように・・・」(真面目な顔で)

ドランジ :
「今のままでも素敵だと思うが」

舞花 の発言:
「今のままでは、大事なものが手に入らない、と気づきました」

舞花 の発言:
「だから、私も修行中・・・なのです」

ドランジ :
「手に入るといいな」

芝村 の発言:
ドランジは寂しそうに微笑んだ。

ドランジ :
「応援している」

舞花 の発言:
「・・・あなたがそんなふうな顔すると、手に入らないのですが・・・」

ドランジ :
「?」

芝村 の発言:
ドランジは分かってない。

芝村 の発言:
あ。通信だ。

舞花 の発言:
「Σ(知恵者!?)」

ドランジ :
「はい」

ドランジ :
「知恵者……いいから、ミズ舞花を転送してあげてくれないか」

舞花 の発言:
「ドランジ、強制送還はイヤ! 帰れることがわかったなら、ちゃんと自分で帰ります! お願い!!」

ドランジ :
「直ぐ手配するそうだ」

舞花 の発言:
「・・・・・・」(悲しそうにドランジを見つめます)

芝村 の発言:
ドランジは笑った。

ドランジ :
「せめて着替えてくれないと、目のやり場がない」

舞花 の発言:
(ちなみに服が破れるって、どんな恰好でしょうか?w)

芝村 の発言:
この間、鳥にやられて、いま借りてるじゃん。

舞花 の発言:
(いえ、どの程度の服の損傷なのかと、ちょっと疑問がw)

舞花 の発言:
「服を着替えてこいって意味にとっていいの?」

ドランジ :
「……」

芝村 の発言:
ドランジは目をさ迷わせた。

ドランジ :
「もちろん」

芝村 の発言:
嘘だ。絶対嘘だ。

舞花 の発言:
「子どもで、興味もなかったら、全然構わないんじゃない・・・」

ドランジ :
「何のことだろう」

舞花 の発言:
「服のことより、いま大事なことが、あると思う・・・そんな形の嘘は、私・・・つらいです・・・」

ドランジ :
「自分は嘘はついてない……と思うが」

芝村 の発言:
ドランジ、自信なさそう。

ドランジ :
「どこが嘘に聞こえただろうか」

舞花 の発言:
「・・・私がいなくなれば、ドランジは落ち着くの? そんなふうに思っているように見える・・・」

ドランジ :
「そんな話は一度もしていない!」

舞花 の発言:
「・・・話が飛びすぎたみたい。ごめんなさい・・・」

芝村 の発言:
ドランジはわざとらしい咳をした。

芝村 の発言:
顔が紅かった。

ドランジ :
「失礼。自分こそ、声を荒げてすまない」

舞花 の発言:
「私、思い込みが強すぎて、ちゃんと筋だった話ができてない・・・強制送還されそうだし(笑)」

ドランジ :
「時が解決してくれる」

ドランジ :
「1年もあれば……」

舞花 の発言:
「・・・すべて無になる・・・そんな解決は私イヤです」

ドランジ :
「無にはなってない」

ドランジ :
「思い出が残る」

舞花 の発言:
「私は、ドランジが好きです。ずっと。夜明けの船を去る前から・・・いまさら1年延びても関係ない。
けど、ドランジは私のことを思い出にしてしまうつもり、なんですね」

舞花 の発言:
「思い出になんか、なりたくない」

ドランジ :
「そんなことは言っていない」

ドランジ :
「では1年後に・・・」

舞花 の発言:
「・・・また、思いこみ?・・・ちゃんと、あなたのこと理解したいんです。せめて」

舞花 の発言:
「だから、あなたと話がしたい!」

芝村 の発言:
ドランジ : 「せめ……いや」

芝村 の発言:
ドランジは微笑んだ。

ドランジ :
「こうして話をしている」

舞花 の発言:
「ええ・・・ありがとう」(半分泣きながら・・・大事なものを抱きしめます)

ドランジ :
「泣かないでくれ。謝るから」

舞花 の発言:
「・・・・・・大事なの、すごく、すごく・・・あなたが・・・」(顔をうずめます)

ドランジ :
「……知っている」

舞花 の発言:
「お願いだから、遠ざけようとしないで・・・ください」

ドランジ :
「逃げてはいないと思う」

ドランジ :
「向かい合おうと、しているだけで」

舞花 の発言:
「・・・うん、それはわかる・・・けど・・・」

ドランジ :
「けど?」

舞花 の発言:
「あなたの優しさが・・・そういう形・・・私には・・・悲しいの・・・」

芝村 の発言:
ドランジは何か言おうとした。

芝村 の発言:
貴方は、消えた。

/*/

芝村 の発言:
はい。お時間です。お疲れ様でした(笑)。

舞花 の発言:
ありがとうございました。

芝村 の発言:
おめでとうおめでとう。

舞花 の発言:
? 失敗したのではないのですか?

芝村 の発言:
あの状態であれなら、ドランジ追ってくるよ。

芝村 の発言:
今回は成功ではないが、いい終わりかただ。女性にとってはうれしいかも?

舞花 の発言:
うー、どう答えたらいいものやら (@@ 

芝村 の発言:

舞花 の発言:
ドランジが追ってきてくれるなんて、そんな、うれしいシチュエーション、考えたこと・・・
はい、うれしいです!

芝村 の発言:
だよなあ。

舞花 の発言:
もうダメだーと思ってました・・・。

芝村 の発言:
ははは。

舞花 の発言:
チャンスがつぶれなかっただけでも、ありがたいです。
でも、zzzzzzzzzzzzっんぜん進展はしていないので・・・。

芝村 の発言:
ははは。

舞花 の発言:
どう攻略していいものやら(笑) 生殺しで来年まで。結局1年待ちですねw。

芝村 の発言:
特別ステージ用意してあげるよ。

舞花 の発言:
はい! ありがとうございます<特別ステージ

芝村 の発言:
1時間だけだよ。

芝村 の発言:
はい。では解散しましょう。お疲れ様でした。

舞花 の発言:
はい、お疲れ様でした。

芝村 の発言:
今度は幸せにしてもらいなさい。

芝村 の発言:
ではー

舞花 の発言:
はい、自分から努力します(涙)。それでは~




-