※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



Upstart http://upstart.ubuntu.com/


apt

aptのリポジトリリストは以下にある
/etc/apt/sources.list

makeでのインストール、アンインストール

http://qa.mapion.co.jp/qa1560949.html

私の場合はconfigure で /opt の下にインストールされるように設定しています。
./configure --prefix=/opt/path/to/bin


関連するパス

SysV init互換のファイル

  • /etc/rc[level].d /etc/init.d内のrcスクリプトへのシンボリックリンク
$ls rc1.d
K01gdm      K11cron        K20acpi-support  K20clamav-freshclam  K20rsync      K39ufw        K88dbus         K99policykit
K01usplash  K15pulseaudio  K20apmd          K20hotkey-setup      K20timevault  K74bluetooth  K89klogd        README
K11anacron  K16dhcdbd      K20apport        K20nvidia-kernel     K20xinetd     K80cupsys     K90sysklogd     S30killprocs
K11atd      K16hal         K20avahi-daemon  K20powernowd         K21acpid      K84ssh        K99laptop-mode  S90single
  • /etc/init.d rcシェルスクリプトの実体


Upstart独自のファイル

  • /etc/event.d シェルスクリプトの実体。ジョブ定義ファイル(Upstartのinitデーモンが実行するジョブを定義したファイル)が収められる。
$ ls /etc/event.d
control-alt-delete  rc0  rc2  rc4  rc6         rcS          sulogin  tty2  tty4  tty6
logd                rc1  rc3  rc5  rc-default  rcS-sulogin  tty1     tty3  tty5
  • /etc/*

起動するサービスの登録

run level

$ ls /etc/event.d
control-alt-delete rc0 rc3 rc6 sulogin tty3 tty6
logd rc1 rc4 rcS tty1 tty4
rc-default rc2 rc5 rcS-sulogin tty2 tty5 

$pwd
/etc/event.d

rc-defaultの中身を見ると、upstartはデフォルトでtelinit をrun level 2でトリガーしているのが分かる

$ cat rc-default
# rc - runlevel compatibility
#
# This task guesses what the "default runlevel" should be and starts the
# appropriate script. 

start on stopped rcS 

script
        runlevel --reboot || true 

        #もし/proc/cmdlineに正規表現で"-s\|single\|S"とマッチするファイルが合った場合
        #/proc/cmdlineはブート時にlilo(8)やgrub(8)によってLinuxカーネルに渡される引数
        #つまり、ブートローダがLinuxカーネルに引数を渡した場合
        if grep -q -w -- "-s\|single\|S" /proc/cmdline; then
            telinit S
        #inittabが存在した場合
        elif [ -r /etc/inittab ]; then
            RL="$(sed -n -e "/^id:[0-9]*:initdefault:/{s/^id://;s/:.*//;p}" /etc/inittab || true)"
            if [ -n "$RL" ]; then
                telinit $RL
            else
                telinit 2
            fi
        #デフォルト
        else
            telinit 2
        fi
end script

というわけで、ブート時に何かを起動したいときは
起動したいスクリプト、コマンドへのリンクを/etc/rc2.d/に追加すれば良い。

例)xampp - 多分 update-rc.dつかったほうが良いと思う。
$ sudo ln -s /opt/lampp/lampp S99lampp


sysv-rc-confでサービスの起動/停止を設定する

通信を伴うサービスを探す

$netstat -ltu[n]
tcp        0      0 *:vmware-authd          *:*                     LISTEN     
tcp        0      0 localhost:ipp           *:*                     LISTEN     
tcp6       0      0 [::]:ssh                [::]:*                  LISTEN     
udp        0      0 *:41935                 *:*                                
udp        0      0 *:mdns                  *:*                               

サービス名 用途
ipp TCP/IPネットワークを利用して、遠隔地にあるプリンタとコンピュータの間で印刷データなどのやりとりを行う
mdns configuration無しでLANのなかでの名前解決をサーバなしで行うもの。multicastを利用している

$nmap localhost
22/tcp  open  ssh
631/tcp open  ipp
902/tcp open  iss-realsecure-sensor

compiz fusion

ドライバインストール

Thache machine は Nvidia Geforce 6200
こちらのようにドライバインストール
http://forum.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=151
http://blog.livedoor.jp/vine_user/archives/50923258.html
sudo apt-get install nvidia-glx nvidia-kernel-common


CCMS、FusionIcon、Emerald のインストール。
sudo apt-get install compizconfig-settings-manager fusion-icon emerald

compiz config でrotate cube(キューブの回転)を有効にする。そうするとDesktop cubeも同時に有効になる

Ubuntuのウィンドウ選択トレイを右クリック→列の数を4にする

Alt+Ctrl 左クリックでウィンドウが回転する。
http://www.os-museum.com/linux/compizfusion/f8compizfusion/f8compizfusion.htm


Win+Tabもかっこいいよ!

vmware

下準備
$ sudo apt-get install xinetd, build-essential, linux-headers-2.6.15-26-server
xinetd:スーパーサーバ。それぞれのサーバをコントロールするらしい
build-essential:Ubunguの?ビルド環境一式
linux-headers-2.6.15-26-server:VMServer用のカーネルヘッダ


tarからインストールする場合

cd でvmware-install.plのあるディレクトリに移動
そのうえで、vmware-install.plはフルパス指定して実行しなければいけない
http://ubuntuforums.org/archive/index.php/t-164502.html

アンインストール

アンインストーラはインストーラと同じディレクトリある
sudo /usr/bin/vmware-uninstall.pl

A previous installation of VMware software has been detected. が出た場合

mv /etc/vmware /etc/vmware.bak
OR
rm -rf /etc/vmware 
しちゃえばOK
http://tipotheday.com/node/7

/usr/bin/vmware-config.pl で設定はやり直せる

gccのバージョンがらみでエラーになる場合はこちらを参照


警告: "VMW_HAVE_EPOLL" は定義されていません が出る場合はこちら


remote desktop(ubuntu to ubuntu)

client

xvnc4viewer, vinagre
rdesktopはubuntu to win

seamlessRDP/ use windows software seamlessly

rdesktop -A -s "c:\seamlessrdp\seamlessrdpshell.exe notepad" 172.16.58.129 -u suzukimilanpaak -p strtemp
rdesktop -A -s "c:\seamlessrdp\seamlessrdpshell.exe C:\Program Files\Cambridge\CALD3\cald3.exe" 172.16.58.129 -u suzukimilanpaak -p strtemp


security

syslogの見方


  • 過去のログから不正アクセスを見る
/var/log$ sudo less auth.log.0 | grep Invalid
May 17 22:30:06 daklak sshd[12320]: Invalid user admin from 216.146.47.85
May 17 22:30:08 daklak sshd[12324]: Invalid user user from 216.146.47.85
May 23 06:20:44 daklak sshd[6226]: Invalid user user from 218.94.6.35
May 23 06:20:55 daklak sshd[6234]: Invalid user guest from 218.94.6.35
May 23 06:21:01 daklak sshd[6238]: Invalid user oracle from 218.94.6.35
:
:

  • 不正ログ数を見る
/var/log$ sudo cat auth.log.0|grep Invalid|wc -l
51

  • fail2banで禁止されたIPアドレスを見る
/var/log$ sudo less fail2ban.log 
:
2009-05-24 17:53:04,514 fail2ban.actions: WARNING [ssh] Ban 202.168.58.111
2009-05-24 18:03:04,522 fail2ban.actions: WARNING [ssh] Unban 202.168.58.111


antivirus software

  • Avast

不正アクセスを試みたIPをアクセス禁止にする


rootkitが組み込まれていないかをチェック

chkrootkit

rkhunter


iptables(firewall)


tripwire