※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1914年6月28日、サラエボを訪問中のオーストリア皇太子夫妻が、セルビアの青年に暗殺された事件。

背景にあったもの

  • 大セルビア主義
    • ボスニア・ヘルツェゴヴィナは、かつてセルビア王国が支配していた。
    • セルビアが併合して当然という考え

しかし、実際はオーストリアが併合。青年の怒りは暗殺計画へと向かう。