手野大学法学部


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

手野大学法学部

法学部は2学科に分けられる。



法学部学科

  • 法学科
  • 政治科



法学科

法学科は、法学を教授し、研究する。
幅広い法学分野を履修し、特に2年次以降において専門教育を施す。
憲法、民法、刑法の3大コース、及び商法、訴訟法の合計5コースに細分化し、それぞれ特色ある授業を行う。
これらコースは専攻とは異なり、手野大学独自のカリキュラムにより授業を行う。
憲法コースは、憲法学を中心とし、国家の成り立ち、また国家公務員向けの授業を行う。
広い知識を基に、国家運営のために必要な知識の習得を目指す。
民法コースは、民法を中心とし、私人間に着目し、契約、親族など、生活に密着した授業を行う。
広範囲に及ぶ民法は、日本国内で生活するにおいて必ず必要となる知識であろう。
刑法コースは、刑法を中心とし、数多くある特別刑法を履修する。
平穏無事に生活するうえで必要ではないといわれるが、一方で刑法がいかなるものであり、どれが罪となるのかということについては、知っていなければならない。