作戦

【作戦概要】
防御を行う

【地形】
(山林要塞)(攻防兼用)
  • 周囲の木々、くぼ地、くりぬかれた塹壕を利用する。
  • 木々や凹み地に伏せて衝撃を緩和
  • 塹壕が入り組んでいる場合、大型の存在はつっかえるため行動の邪魔が出来る
  • 歩兵ならば小さいので、活動に支障がない
  • 木、建造物に登る事で上から攻撃することが出来る
  • 高低差、木々、建造物により入れる戦力に限りがあるため、敵戦力の選別を行える。(ただしこちらも歩兵、山岳騎兵に限られる)
  • 山をくりぬいた要塞なので崩落に気を付ける。または、それを利用する。

【体術】
(攻防兼用)
  • 一度に倒しきれないほど多数の敵は、前衛の負荷を超えない範囲で少しずつ相手するようにする。
  • 相手の勢いを意識する
  • 相手との間合いを意識する
  • 自分にとってベストの間合いで戦うことを意識する
  • 即座に行動できるよう自身の姿勢を意識し、常に維持すること
  • 武器を振り回すため、しっかりとした足場を立ち回れるようにする。砂の斜面等は避ける

(防御)
  • 相手が飛び込んできた際は体全体を攻撃線からはずして防御する。
  • 避けたと思っても気を抜かない
  • 防御するため、しっかりとした足場を立ち回れるようにする
  • 敵に接近して走り回ることで相手の視界から見えなくなり反撃を防ぐ
  • 敵の挙動をつぶさに観察し、少しでも不審な動きをすればすぐに回避行動を行う
  • 攻撃を受けても動きが止まらないように受け流す
  • 一度に攻撃されないように一対一を繰り返すように立ち回る

(犬騎乗に関して)
  • 騎乗した犬の機動力を活かす
  • 木々の密集地帯に入ったなどで細かい動作が必要な時は一旦降りる

【陣形】
  • 合図を使って連携して動く
  • 指揮官指示により、密集、離散、陣形変更を即時行えるように訓練しておく。
  • 有視界内では仲間との連携をブロックサインで密に取る
  • 相手に後ろを取られないように味方同士でお互いに背中を守る。
  • 部隊員と死角を補い合う

【装備】
(全般状況)
  • 飲み水や簡易食料を欠かさないこと
  • 装備している物が体の動きを制限したり、身軽さや素早さを低下させないよう配慮する

(犬騎乗に関して)
  • 装備品が犬に引っかからないように、犬の装備品の取り付けに配慮する

【敵部隊対処】
(防御)
  • 前回の戦闘経験からある程度、攻撃方法やその予備動作がわかるので、いち早く危険を察知するようにする

【その他】
(剣と王)
  • 王と剣はペア同士で連携して戦闘を行う。若干王を後方に置きつつも距離が離れないように注意。

イラストSSRPなど


(未使用) 防御

「死んだフリしてでもいいから耐えろ!」
そう、わが愛すべき暁の円卓藩王、「緑にして矢車」のしらいし裕はベールの戦いにおいて覚醒後、死んだふりをして、実際に死んでいたという落ちをつけた。
シオネアラダの護り手の献身的な蘇生治療により、死の淵より暁の面々は帰ってきたのだ。
 うん、それくらいの心がけで行けってこと。
 風杜神奈はそう捉えることにした。
二刀を自在に操り、間合いを詰めさせない。ステップ一つで崩すこともできる。
まるでそれは舞のようでもあった。

「また死ぬようじゃ目も当てられない!うおおおおおお!!!」
「……落ち着いてください、裕王」
冷静に突っ込む神奈。
 すっ、と視界から姿を消すと裕王の死角から襲い掛かってきた敵に対応する。
「油断……大敵です」
踏み込みの足を払いつつダンスを続ける。
それは豪華絢爛な剣舞。


/ * /

「我らに攻撃を集めろ!盾になって他を生かす!」
裕王は誰よりも威厳のある姿で敵陣の正面に立った。
我ら暁の円卓は先祖から今日に至るまで守りにも定評があった。
「……はいっ!」
神奈も彼女にしては勢い良く返事をする。あくまで彼女にしてはだが。
「……我らは万民が盾、覇刃が残しし意思を告ぐものなり」
高らかと歌うように。
それは伝説の再来であった。


応援


名前:
コメント: