※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トラナの目覚め


風杜神奈:こんばんは~

風杜神奈:20時からの予約です。

芝村:記事どうぞ

風杜神奈:【予約者の名前】3800262:風杜神奈:暁の円卓
【実施予定日時】2007/12月/6日 20時~23時
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
 ・通常イベント:30マイル
【召喚ACE】
 ・トラナ・クイーンハート:個人ACE:0
 ・秋津隼人:暁の円卓逗留ACE:0
【合計消費マイル】計30マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・3800262:風杜神奈:暁の円卓:入学済:30マイル

芝村:OK

芝村:イベントは?

風杜神奈:強制イベントとかはないなら、トラナが起きるまで一緒にいたいです。

芝村:OK

芝村:2分待ってね

風杜神奈:お願いします

芝村:/*/

芝村:ここは病院です

芝村:貴方は2階の個室にいます。

風杜神奈:今はトラナはどんな感じですか?

芝村:眠っている。

芝村:まだ目はさましていない。理屈上では復活条件を満たしている

風杜神奈:「……大丈夫、だよね」

風杜神奈:「トラナ」

風杜神奈:呼びかけてみます。

芝村:反応は特にない。

芝村:静かに音がしてる。

芝村:規則正しい、ピッピとなる音だ

風杜神奈:「……トラナ」

風杜神奈:心電図の音ですか?

風杜神奈:>音

芝村:脳波だね

芝村:どうする?

風杜神奈:手を握ってみます。

芝村:握った。

芝村:びっくりするほど冷たい

風杜神奈:手を温めることはできますか?

芝村:ええ。

芝村:看護士さんは握ってあげてくださいといっていた。

風杜神奈:「冷たいよね、今温めてあげる。トラナ」

芝村:寝息は静かだ。

秋津:「待たせて悪かった。そろそろ替わるよ」

風杜神奈:「あ、秋津さん。いえ、いさせてください」

秋津:「つらいだろう」

風杜神奈:「いえ、トラナが起きたときに一緒にいられない方がつらいです……」

秋津:「そうか・・・」

芝村:秋津は座って、トラナの顔を見ている。

風杜神奈:「トラナ、初めて一緒に遊んだときはあの小笠原の海だったよね、あったかかったけど、水にぬれて……トラナが風邪引いたっけ」

秋津:「・・・・・・」

風杜神奈:手を握りながらあの暖かかった夏の小笠原をイメージします。

風杜神奈:「いえ、なんかしんみりさせちゃいましたね、ごめんなさい、秋津さん」

秋津:「トラナ、早く目をさませ」

風杜神奈:「トラナ、起きたら見せたいものがあるんだ」

秋津:「友達が待ってる……」

芝村:秋津は泣きそうだ。

風杜神奈:「秋津さん……」

風杜神奈:「トラナ、私も、パパも待ってるよ、起きてよ」

風杜神奈:そう言ってる間も手を温め続けます。

芝村:音が変わった。

風杜神奈:「トラナ、……わかるの?」

秋津:「看護士を呼んでくる」

風杜神奈:「あ、秋津さん、お願いします」

芝村:秋津はいなくなった。

芝村:二人きりだ

風杜神奈:「トラナ、起きてよ……」

芝村:トラナのまぶたが動いている。

風杜神奈:「……トラナ?」

風杜神奈:立って近くに寄ります。手を握ったまま。

芝村:トラナの目が開いた。

風杜神奈:「おかえり、トラナ」

芝村:悲鳴があがった。

芝村:貴方から逃げた。

芝村:ピー

芝村:という音がする。器具が外れた音。

風杜神奈:追いかけます。

芝村:とラナは壁に背を打ち付けてなお、貴方から逃げようとしている。

風杜神奈:「トラナ……」

風杜神奈:「……そっか、私は守れなかったもんね……ごめんねトラナ」

芝村:秋津と看護士が来た。

秋津:「うあ、お」

風杜神奈:ちょっと離れます。窓の方に。

秋津:「どうしたん」

芝村:秋津にトラナが抱きついた。泣いている。

芝村:秋津はなにか勘違いしたらしく、優しく微笑んだ。

秋津:「よしよし。怖かったな」

風杜神奈:「……秋津さん、トラナは私を見て悲鳴を上げたの」

秋津:「え?」

風杜神奈:「ごめんなさい……もうなんというか」

秋津:「?」

秋津:「混乱してるだけだよ」

風杜神奈:「……そうですか?」

芝村:秋津は娘を抱きしめながら、困った笑顔を向けた

風杜神奈:「……ありがとうございます」と壁に背を預けます。

風杜神奈:「トラナ、でも帰って来てくれて……よかった」

秋津:「……」

秋津:「俺にもっと経験があればいいんだが、その」

風杜神奈:トラナの方を見てみます。

芝村:トラナは貴方を見ようともしないで、秋津に抱きついている。

芝村:目をぎゅっとつぶって、しがみついていた

風杜神奈:「トラナ……」

秋津:「トラナは混乱しているみたいだ。今日のところは、帰って休むといい」

芝村:秋津はつとめて明るく言った。

秋津:「なに、死ぬよりはずっといいさ」

風杜神奈:「……はい、そうですね」

芝村:秋津はうなずいた

風杜神奈:ショックを受けながら一度顔を洗いに行きます。

風杜神奈:「ちょっと顔洗ってきます」

芝村:はい。

芝村:/*/

芝村:はい。一旦休憩しましょう。

風杜神奈:はい。

風杜神奈:予想してたけど結構ショックですねぇ。

芝村:完全復元してるからね。

芝村:死ぬ直前そのままだよ

風杜神奈:仕方ないですよね。それは。

芝村:そだね

風杜神奈:秋津呼んでおいてよかった気がします。

芝村:それは私もおもった>秋津