※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バースデイ~踊るうさぎ~


芝村:2時間目はどうします?

風杜神奈:お勧めのイベントとかありますか?

芝村:続きで夕食がいいかもねえ

風杜神奈:ああ、いいですね。

風杜神奈:それでお願いします。

芝村:了解。

芝村:2ふんまってね

芝村:/*/

芝村:薔薇園の近くには晩餐会用の大きなホテルがある

芝村:そこの30階にある、ここは中華レストランだ

芝村:トラナはドレス姿だ。

芝村:貴方もね。貸衣装だけど

風杜神奈:はい。

風杜神奈:「……秋津さん、似合いますか?」

芝村:秋津は一度、普段着で入ろうとして、追い出された

芝村:タキシードで戻ってきた。

芝村:似合ってない

秋津:「ああ。素敵だよ」

秋津:「トラナもな」

芝村:秋津はトラナを抱き上げたかったようだが、がまんした

風杜神奈:「トラナ……似合ってる」

トラナ:「神奈も」

芝村:トラナはほほを染めて笑った

風杜神奈:手を差し出して、繋いで歩いてもいいですか?

風杜神奈:「トラナ、ありがと。いこうか?」

芝村:トラナはうなずいた。

芝村:一緒に手を繋いで歩ける。

芝村:秋津は自慢の姉妹を見る目だ。

風杜神奈:「秋津さんも行きましょう?」とふんわりと微笑みかけます。

芝村:テーブルについた。丸いね

風杜神奈:「これが中華式……なのかな」

トラナ:「じゃ、このお勧めって奴で」

芝村:トラナじゃない、秋津だ(笑)

風杜神奈:トラナはそうはしゃべりませんもんねw

芝村:トラナは値段のマルを数えている

風杜神奈:「ん、トラナどうしたの?」覗きこみます。

トラナ:「マル、いっぱい」

風杜神奈:いったいどれくらいでしょうか。

芝村:一人1万わんわんだ

風杜神奈:「……秋津さん?」

秋津:「ん?」

風杜神奈:「……いいんでしょうかこんなに高いところで……」(ちょっと戸惑ってます)

芝村:秋津は財布から一枚のチケットをだした。

芝村:きらりん

秋津:「俺に秘策あり」

芝村:秘策でもなんでもない

風杜神奈:「……あ、もしかして。ねえ、トラナ、あれさ……」

トラナ:「カニたべるの?」

風杜神奈:カニは出ますか?w

芝村:多分。ACE用の食べ物チケットを誤解してると思われ

風杜神奈:ですよねw

風杜神奈:「カニもでるんじゃないかな?」

芝村:トラナはうれしそうにうなずいた

風杜神奈:すみません、と近くのスタッフを呼びとめてこっそり聞いてみます。

芝村:はい。

芝村:スタッフが近寄ってきた。

芝村:秋津が隠れた。

風杜神奈:なぜに隠れるんだろうw

芝村:トラナの頭も手で押さえた。

芝村:スタッフ:「なにか?」

風杜神奈:(こっそりと)「……カニ料理出ますか?」と聞いてみます。

風杜神奈:「……トラナ?秋津さん?」首をかしげてそちらを見ます。

芝村:スタッフ:「酔っ払いガニをご用意いたしております」

芝村:秋津はあー。という顔をした。

芝村:スタッフは微笑むと、それではと姿をけした

風杜神奈:「ね、トラナ、あるって。」

トラナ:「今の・・・」

秋津:「ありそうだな」

風杜神奈:「でも……秋津さん。隠れなくても……」

秋津:「いやなんというか・・・」

芝村:スタッフが食事運んで持ってきた。すごい。嬉しそうに

芝村:スタッフ:「こちら、前菜の盛り合わせでございます。スットコドッコイ」

風杜神奈:「なんでしょう?」とスタッフをシッカリと見ます。

芝村:スタッフはかつらつけてるね

芝村:良く見たらわかった

芝村:しかも、服が似合ってない

風杜神奈:見覚えはありますか?

芝村:ないねえ。

風杜神奈:どんな感じの人でしょうか?

芝村:スタッフ:「そしてこれがサービスのソフトドリンクです。なんだ、両手に花かこの変態」

風杜神奈:「……秋津……さん?」

風杜神奈:秋津さんの方を見ます。

芝村:凄い美形で+かつら+きっちりした服が似合ってない

秋津:「いいから、あっちいけ。にあってないぞ」

風杜神奈:「……トラナ……もしかして?」

トラナ:「モヒカン。モヒカンじゃないね」

芝村:スタッフはにやりと笑った。

芝村:スタッフ:「仕事でね」

風杜神奈:「……はじめまして、モヒカン?さん」

芝村:モヒカン:「はじめまして、風杜神奈嬢」

芝村:モヒカン:「ああ、これは店からだ。お誕生日おめでとう」

風杜神奈:「……ありがとうございます」

芝村:高価そうで小さなグラスが入った箱を貰った。

芝村:モヒカン:「ま、トラナちゃんに友達が出来たのは嬉しいよ。仲良くしてやってくれ」

風杜神奈:「……はいっ」

芝村:モヒカンは微笑むと、去っていった。

トラナ:「いい人でしょ」

風杜神奈:「……いい人だね」

秋津:「どこが。まずモヒカンだ」

風杜神奈:「……ん、モヒカンは関係ないんじゃないかなぁ」

風杜神奈:「……かつらだったし

風杜神奈:「ん、なにより秋津さん、いきいきとしてるね」

秋津:「だから嫌いなんだ。すぐ現れて人気ばっかりもっていきやがる・・・」

芝村:秋津、がっかり

風杜神奈:「……でも秋津さんには私たちがいるじゃない」

芝村:秋津は口を尖らせてぶつぶついってる

芝村:あなたのいい人発言、意外にダメージだったらしい

風杜神奈:「……秋津さん、食べよう?」

秋津:「ああ」

芝村:秋津は小さい箱を貴方に渡した。

風杜神奈:「……これ、開けてみてもいいですか?」

秋津:「いいとも、選んだのはトラナだけどな」

風杜神奈:「トラナ、ありがとうね」

風杜神奈:「秋津さんも。、ありがとうございます」

風杜神奈:開けてみます。

芝村:小さい兎のキーホルダーだ。陶器の。だが、動いている。

芝村:踊ってるね

風杜神奈:「うわぁ……可愛いね」

秋津:「意外にすごいだろ?」

風杜神奈:「……はい。陶器なのに……動いてる……」

トラナ:「魔法だって」

風杜神奈:「へぇ……魔法なんだ」

秋津:「少しだけど、幸運があるそうだ」

風杜神奈:「大事にします」

風杜神奈:「私からも一つ、あるんですがいいですか?」

秋津:「?」

トラナ:「?」

風杜神奈:「トラナ、秋津さん……一緒に住みませんか?」

秋津:「?」

トラナ:「いいよ?」

風杜神奈:「……家が買えるようになるそうです。みんなで一緒に住めたら……素敵だなって」

秋津:「まあ、なんだ。居候なら」

トラナ:「うん」

風杜神奈:「じゃ、よろしくお願いしますね、秋津さん、トラナ」

芝村:二人は笑って、うなずきました。

芝村:/*/

芝村:はい。お疲れ様でした

風杜神奈:お疲れ様でした。

風杜神奈:ありがとうございます。

風杜神奈:まさかモヒカンまで出てくるとは思いませんでしたw

芝村:ははは。そういうこともある。

芝村:評価は+1+1ですが、秋津は4・4以上にはあがりません

風杜神奈:はい。