※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天領図書館にて~六合と暦と謎~

伏見@伏見藩国:
[No.1075] 1月21日(月) 20:00~21:00 投稿者:伏見@伏見藩国 投稿日:2008/01/18(Fri) 09:18:46
[関連記事]
★ゲーム予約日程の確定申告所

○テンプレート
【予約者の名前】3100590:伏見:伏見藩国
【実施予定日時】1/21/20:00~21:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別(時間):消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間):10
【召喚ACE】(※小笠原のみ)
 ・トラナ=クイーンハート:個人ACE:0
 ・秋津隼人:藩国逗留ACE:0
【合計消費マイル】10マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・3100590:伏見:伏見藩国:入学済:0
 ・3800262:風杜神奈:暁の円卓:入学済:10

伏見@伏見藩国:こちらになります。

風杜神奈:こんばんは

芝村:はい。

芝村:イベントは?

伏見@伏見藩国:ええ、天領図書館に行きたく。調べ物がありまして。

伏見@伏見藩国:テロ事件関連について、ちょっと。

芝村:OK

芝村:2分、まってね

伏見@伏見藩国:はい。

風杜神奈:お願いします

芝村:/*/

芝村:ここは、藩国まるごと図書館です。

芝村:秋津は口をひらいて、百万巻の本を見ています

風杜神奈:「トラナ、すごいねー」

風杜神奈:「秋津……さん?」

風杜神奈:振り向いて声をかけます。

トラナ:「うん」

秋津:「いやなんというか。すごいにもほどがあるだろ」

伏見@伏見藩国:
普段の小笠原での制服と違い、今日は藩国での服装を纏っています。
黒いコートですね。
「流石は帝國の誇る知識の倉、か――すまんね、風杜君。忙しいところ」

風杜神奈:「いいえ、伏見藩王。お招きいただきありがとうございます」

伏見@伏見藩国:
三方に笑いかけます。
「お初お目にかかります、秋津殿。お噂はかねがね」

伏見@伏見藩国:「本日はご息女共々、来ていただきありがとうございます」

秋津:「あ。ああ」(まだ周囲を見つつ)

トラナ:「ごきげんよう」

伏見@伏見藩国:「伏見藩国藩王、伏見です――風杜君からお二人のことは良く聞かされています」

秋津:「あー。ああ」

風杜神奈:では、図書館の検索サービスはありますか?

芝村:感覚 10

伏見@伏見藩国:感覚は2しかないですね。

伏見@伏見藩国:流石に出ない。

風杜神奈:感覚は2ですね。秋津さんに頼むことはできませんか?

芝村:直ぐに探せたよ(笑)

伏見@伏見藩国:いやあ、流石だ(笑)

秋津:「ここか?」

伏見@伏見藩国:「ええ、それです。すいません、お手数おかけします」

風杜神奈:「秋津さん……ありがとうございます。私あんまりこういうの得意じゃなくて……」

秋津:「いやまあ。俺も図書館は・・・・はじめてかも」

伏見@伏見藩国:
苦笑。
「ある意味、ココは図書館と呼ぶには大きすぎる気もしますが。自分も正直驚いています」

伏見@伏見藩国:さて、検索システムに向かってみます。

検索内容は、先日のテロ事件について。

風杜神奈:「トラナ、秋津さん、伏見藩王は何か調べたいものがあるみたいなんですけど、手伝ってもらってもいい?」

芝村:機密指定がかかっている

伏見@伏見藩国:「……と、まあ。こんな具合でして」

風杜神奈:「……機密ですか」

伏見@伏見藩国:「まあ、大方そんなことだろうと思ってますが。しかし、新聞程度見つからない、というのは中々」

伏見@伏見藩国:
ふう、と息を吐く。
視線をちらりとトラナに向ける。
「……退屈ですかな? トラナ王女」

芝村:トラナは風杜にくっついてる

芝村:微笑んだ

伏見@伏見藩国:微笑を返す。

芝村:トラナはとりあえずいっしょにいればいいらしい

風杜神奈:「……伏見藩王?」怪訝そうな目で見ます。

風杜神奈:「探し物があったのでは?」

伏見@伏見藩国:「や、流石にホストとしてはお客人に暇をさせてるかは、気に掛かるところでね」

伏見@伏見藩国:
苦笑して、検索画面に向かいます。
今度は別項目。

伏見@伏見藩国:「では、こちらではどうかな?」

伏見@伏見藩国:ターン32周辺での天領での主なトピックはなにかありますか?

芝村:ない

伏見@伏見藩国:そもそも、ない。ですか。

芝村:ええ

風杜神奈:「……え、ターン32って何ですか?」

伏見@伏見藩国:「ああ……うん、忘れえぬ思い出、という奴だよ」

伏見@伏見藩国:寂しそうに笑う。

風杜神奈:「……そうですか」

伏見@伏見藩国:「自分が“王女”から聞いた言葉に、そういうものがあってね」

伏見@伏見藩国:「もしかしたら、と思ったんだが――いや、世の中、甘くは無いね。田舎の王様ではこの程度どまりかもね」

風杜神奈:「……藩王の権限でどこまで閲覧できるか、試してみては?」

伏見@伏見藩国:「なるほど。それは面白い」

伏見@伏見藩国:藩王としての権限で、検索の幅は広がりますか?

風杜神奈:一般人よりは見れるもの多そうですが。

芝村:検索の幅は大幅に増えるが、肝心なのは見えない

芝村:解決済みという情報だけだ

伏見@伏見藩国:「そこまでして、情報を隠したいか、そうでないか――」

風杜神奈:「……そういえば秋津さんって本とか、読みます?」

芝村:秋津とトラナはふるふると首をふった

風杜神奈:「……トラナも?」

秋津:「そうだな」

風杜神奈:「そうですか。……先に謝っておきますね。一緒に住むとき場所とったらごめんなさい」

風杜神奈:「……あ、そうだ」

伏見@伏見藩国:「なんだ、風杜君は本を読む人だったか」

伏見@伏見藩国:「?」

風杜神奈:「ええ、暁の円卓の書庫の一角に部屋があるくらいには」

風杜神奈:検索サービスで六合について調べたいんですができますか?

芝村:ええ。

芝村:どんなことを?

風杜神奈:六合の地理関連はありますか?

芝村:ええ

風杜神奈:どんなところであったか、どんな環境であったかなどイメージに必要なものを集めたいと思います。

伏見@伏見藩国:その間、色々と手当たり次第、思いついては検索しています。

芝村:六合はレムーリアの出現で水没した世界みたいだ

芝村:水位が10mあがってる

風杜神奈:ああ、なるほどレムーリア=幻想大陸ということですか。

芝村:ええ

芝村:エースゲームは機密みたいだ>伏見

伏見@伏見藩国:なるほど(笑)

伏見@伏見藩国:
「これもダメか。ふむ……じゃあ、これはどうだ」
ためしに帝國での今日の日付を調べます。
『今日』はどう表示されます?

芝村:ターン35の10日目

風杜神奈:「……今日の日付ですか?」

伏見@伏見藩国:「天領とニューワールドでは、暦が違ってね」

風杜神奈:「……そうだったんですか」

伏見@伏見藩国:
「物知りの君でも、これは知らなかっただろう」
くすり、と笑う。

風杜神奈:「……じゃあ、暁の立国日を検索してみたいな」

伏見@伏見藩国:「それは面白いね。調べてみようか」

芝村:ターン24らしいぞ

風杜神奈:日付はどうなっていますか?

芝村:日付には何もないね

伏見@伏見藩国:
「……よくわからんなぁ」
ああ、では。イベント103での作戦実行日は、どうなっていますか?

芝村:ターン28だ

風杜神奈:「……24ですか」

伏見@伏見藩国:「――……どういう、ことだ?」

風杜神奈:「……伏見藩王?」

伏見@伏見藩国:あの時点で、では――彼女は未来を予測していた、とでもいうのか?

伏見@伏見藩国:「……ん? あ、いや。ちょっと不思議なコトがね。この話を聞いたのは、その……ターン32が始る前だったんだ」

伏見@伏見藩国:「だから、あのときの彼女は未来でも予測していたのかな、と思ってね。まあ不思議な子だから――」

風杜神奈:「……32ってことは3ターン前ですよね?それを聞いたのはいつですか?」

伏見@伏見藩国:「ニューワールドの暦で言えば、ターン7……かな」

芝村:/*/

芝村:はい。お疲れ様でした。時間です

伏見@伏見藩国:っと、ォッ(笑)

風杜神奈:お疲れ様でした。

伏見@伏見藩国:お疲れ様でした。

風杜神奈:凄い謎が謎を呼ぶw

芝村:ははは

伏見@伏見藩国:そして、エースゲームにぶち当たったか。そりゃあ無理だ(笑)

伏見@伏見藩国:いや、帝國の年表とか暦とかどうなってんのかと思って挑戦してみたんですが。難しいですねえ

芝村:難しいねえ

芝村:特に関係に変動はありませんでした。

風杜神奈:ありがとうございました。

伏見@伏見藩国:ありがとうございました。

風杜神奈:秋津はどこでも秋津でしたw

芝村:では解散しましょう

芝村:おつかれでしたー

伏見@伏見藩国:はい、お疲れ様でしたー

風杜神奈:お疲れ様でした~

 芝村 が会話から退席しました。