※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

消えた二人(2)


風杜神奈:日向と相談してみます

風杜神奈:ああ、函で追うことってできますか?

風杜神奈:そういえば。

芝村:ゲーム種別は変更できないよ。

風杜神奈:了解です。

日向:「まいったな・・・」

風杜神奈:「遠見とかそっち方面の方がいいのでしょうか……」

日向:「……推理だな」

日向:「追うだけではダメだというのが、分かった」

風杜神奈:「ええ」

風杜神奈:藩国間は移動って簡単ですか?

芝村:ええ

芝村:できるよー

風杜神奈:「……藩国間は移動が簡単であるとするなら、こちらに来て、帰ってこれない何か理由があった?」

日向:「……1.もうしんでいる」

風杜神奈:「……日向さん?」涙目で睨みます。

風杜神奈:「……それに、それだったら、追えないってことはないでしょう?」

風杜神奈:「……どこかに痕があってしかるべきです」

日向:「硫酸で溶かしてトイレに流せば・・・」

日向:「2.理由があってもどってこれない」

風杜神奈:「……移動できない場所に飛ばされたとか……?」

風杜神奈:「……うーん」

日向:「捕らわれている、とか」

風杜神奈:「……その可能性も、あるんですよね」

日向:「3.愛想尽かして旅に出ている」

風杜神奈:「……泣きますよ……」

日向:「んじゃ、2の線でいくか」

風杜神奈:「はい……」

日向:「問題はなんで連絡取れないのか。戻って来れないのか」

日向:「あいつらは強い」

風杜神奈:「……ええ。間違いなく強いですよね」

日向:「ということは」

日向:「あー。戦闘が理由で帰って来れないわけじゃないわけだ。移動自由はあるが、かえって来れない」

風杜神奈:「……旅に出なきゃいけない理由ができた、とか?」

風杜神奈:「……それなら、連絡の一つもありますよね……」

日向:「そうだな」

日向:「旅にでたんじゃない。でも」

日向:「でもなんだ?」

風杜神奈:「……戦闘で負ける理由はない、旅でもない、移動の自由があるが帰ってこれない……追っているってのも違いますよね」

日向:「それなら連絡するだろう」

風杜神奈:「ええ」

日向:「じゃ、前提が違うんだな。戦闘に負けたか、旅に出たか、移動の自由がないか。だ」

風杜神奈:「戦闘に負けるようなら、結婚式に襲撃がなかったのは考えにくいですよね?」

日向:「旅に出たか、移動の自由がないか」

日向:「どっちだ?」

風杜神奈:「連絡ができないような理由で旅に出るか、連絡ができない状況で移動の自由を失っている?」

日向:「どっちだと思う?」

風杜神奈:「……ん、移動の自由を失っている前提で考えれば、怪我でたけきので収容されているということが考えられますが、それなら前の捜査でわかってもよさそうなものですよね」

日向:「ああ」

風杜神奈:「……なら、旅に出た可能性が高い……かな」

風杜神奈:「……どこか私の考え方間違っていますか?」

日向:「わからん。連絡できない理由で旅、か」

日向:「連絡できないのはなぜだ? それさえわかれば・・・」

風杜神奈:「……秋津さんは確か……ファウオーマでしたっけ……?」、

日向:「黒、か」

日向:「ま、顔合わせずにすんでよかった」

風杜神奈:「……何か……関係ありそうですか?」

日向:「……ないと思う。女づれで動いてる以上は別だ」

日向:「凄く簡単なはずなんだ・・・・」

風杜神奈:「……簡単なはず、ですか」

日向:「わからんわからんと探偵が言う時はな・・・」

風杜神奈:「感情の問題?」

風杜神奈:「……まさか、戻ってませんよね?」

日向:「感情ではないな。お前さんがよそうできないんだから」

日向:「連絡できない旅ってどこにいったんだろうなあ」

風杜神奈:「……トラナ、秋津さん逢いたいよ……」

風杜神奈:「……故郷に行くにしても、連絡しますよね」

日向:「そうだな。そもそも行く理由がない」

日向:「行く理由はあったんだ。おそらくは戦闘しながら・・・」

風杜神奈:「戦闘をしながら……」

日向:「戦闘終わったのなら、戻ってくるだろ。とりあえず」

日向:「だから終わってなかったんだと思う」

風杜神奈:「……そうですね。なら、戦闘をしているところを探す……?」

風杜神奈:「……終わってないなら、継続中で、まだ帰ってこないなら未だにということですよね」

日向:「1月も戦闘はないだろうから、まあ数時間でここまできて、そのあとだな」

日向:「なにがあった?」

風杜神奈:「ですよね」

芝村:日向は考えている。なにがあったんだ・・・

風杜神奈:「……この辺で戦闘はなかったんですか?」

日向:「地上でか?」

風杜神奈:「ええ」

日向:「あったかもしれんが、地上の1月前はわからん」

日向:「戦闘しながら、ここからどこかにいけるか?」

風杜神奈:「凄い長い戦闘になりそうですねそれ……」

日向:「おいかけっこかもしれん」

日向:「戦闘強くても、おいかけっこですごいわけじゃないんだろ?」

風杜神奈:「ああ、確かに」

風杜神奈:「……追っていくと、ここからはどこに抜けるんでしょうか……」

日向:「藩国じゃないところ。覚えないか」

風杜神奈:「……迷宮、ですか」

風杜神奈:「……地の母の迷宮というのがあります」

日向:「たけきの藩から、どこかに・・・・」

日向:「地の母以外。くそ。俺がいない間が長すぎた」

日向:「どこだ・・・」

日向:「俺がいない間になにか?」

風杜神奈:「……、藩国、以外……」

風杜神奈:「……天領も違いますよね、あそこも藩国があるわけですもんね」

日向:「他は・・・」

日向:「俺がいない間に出来事は?」

風杜神奈:「青森へ行ったこともありましたね」

風杜神奈:でもあれは宇宙から

風杜神奈:「……でもあれは宇宙から」

日向:「たけきのから宇宙に?」

風杜神奈:「あとはニューヨークへ、能力を使って遠征したことがあります」

日向:「宇宙なら確かに、連絡できないな」

風杜神奈:「でもあれは私とトラナがいないと……」

日向:「じゃ、別だ」

日向:「たけきのから生ける場所・・・か」

日向:「あー。わからん!」

風杜神奈:「宇宙に行くにはFEGに行くかFVBに行くぐらいしか……」

芝村:/*/

芝村:時間切れでした・・・

芝村:残念

風杜神奈:ありがとうございました……

風杜神奈:うーん、難しい……

芝村:実は簡単なんだけどね(笑)

芝村:ま、につまると大変

芝村:次のときまでに考えるといいよ。あと、装備とか整えたがいいね

風杜神奈:冷静に考えて再挑戦します。

風杜神奈:3時間使ったのであととれて1時間しかないんですがw

芝村:ははは

芝村:大丈夫だよ

芝村:では解散しましょう。お疲れ様でしたー

風杜神奈:ありがとうございました~