※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トラナ=クイーンハート




 エメラルドブルーの水面に太陽の髪を持つ少女は跳ねる。それはまるで物語に出てくる妖精の様であった。その後ろには闇を溶かしたような黒髪を風に流して朱の衣装を身に纏う少女がその姿を見守る。この一場面を切り取ったらそれだけで名画になりそうなそんな情景。

「神奈」

 鈴を転がしたような声が神奈と呼ばれた黒髪の少女を呼ぶ。その紫の瞳には興味の色がありありと浮かんでいた。どうやら水中になにか見つけたらしい。

「どうしたの、トラナ?」

 眩しそうに太陽を片手で遮りながら、神奈はしゃがみ込むトラナの肩越しに水面を覗き込んだ。ひんやりと肌を冷やす透明の下に岩場が見える。そこは陸上とはまた違った生命が息づく世界だ。

「カニ」

 トラナが白魚のような指で指した先には小さな鋏と甲羅を持つ生き物。くすんだ色をしてはいるが、確かにそこにはカニがいた。必死に足を動かしてチョコチョコと動き回るその姿はどこか滑稽で、そしてひたむきに生きる健気さがあった。

 思わず神奈は頬を緩める。トラナと神奈の二人には特にこのカニには縁が深い。

「……カニね」

 あの初めての旅行もカニに縁のあるものだった。一緒に食べたお昼ご飯も。その後は食べに行ったりもした。

(なんて、私達はカニに縁があるんだろう……)

 そう思うと神奈はこの小さな生物と奇跡に感謝したい気持ちになるのであった。


データ

#L:トラナ=クイーンハート={
#t:名称=トラナ=クイーンハート(ACE)
#t:要点=小さい,カニの髪留め,金髪の長い髪,チェックの帽子
#t:周辺環境=水面
#t:評価=全能力19
#t:特殊={
#*トラナ=クイーンハートは秋津隼人にヒゲを生やす代わりにその全評価を+8できる。
#*トラナ=クイーンハートは王、理力建築士、大魔法使いとして見なし,これらの持つ全ての特殊が使える。
#*トラナ=クイーンハートは風杜神奈と共にどこにでも移動できる。この行為はARを3消費する。
#}
#→次のアイドレス:・秋津隼人(ACE)・ファンタジア(ACE)・風杜神奈(ACE)
#}

#※みなし職業の中身
#*王は一人の剣と契約を結べる。
#<王>
#*契約した剣と一緒に行動する間、(距離10m内の)契約した剣の行うあらゆる判定を評価+3する。
#*その魂の故郷の特産品に由来する力を契約した剣に与えることができ、それに応じた評価+2の修正を判定に与えられる。
#*王は根源力による死の効果を受けない。
##トラナと秋津は剣と王の契約が出来る。
##トラナの故郷の特産品に由来する力は白兵評価+2されるものである。
#<理力建築士>
#*詠唱戦行為ができ、この時、詠唱戦の攻撃判定は評価+2される。
#*陣地作成ができ、防御時、自分を含む3人までの仲間に戦闘判定を評価+2できる。
#<大魔法使い>
#*詠唱戦行為ができ、この時、詠唱戦の攻撃判定は評価+3される。
#*魔法を使い、壁を蹴ってさらにジャンプすることができる。この場合では詠唱戦の判定でこれを行う。

##判定値
#詠唱戦:19+3+2=24

設定


 トラナ=クイーンハート。ゴージャスタンゴを舞台とする話の一つ、Romantic,Dark summerに登場するトラナ王女を元とし、暁の円卓の一員である風杜神奈と共に歩むようになり、”クイーンハート”を名乗るようになった。

 金の髪に紫の瞳、そして神奈が贈ったアルカランド土産のチェックの帽子。絶対に取り戻すと誓ったあの悲しみの時期をを通過して、今の二人の関係がある。

 このトラナと神奈、この二人を語る上で欠かせない人物が一人と、一匹いる。

 秋津隼人。トラナのパパとなった、六合の日曜ロッカーで、トラナと共にファンタジアを封じたとされる青年。パパとなったという言葉が示すとおり血は繋がっておらず、子供を持っているにしては若い。

 もう一人、というよりは一匹はファンタジアという名のペンギン。コートに煙草をふかし、そのフリッパーで拳銃すら操る、誇り高き鳥。かの第五世界の青森でハードボイルドペンギンとして知られたその人である。

 この3人と1匹が織り成すのが”トラナと神奈”のお話である。


神奈とトラナシリーズ

クリックするとログリンクのページに飛びます。

イラストギャラリー

バレンタインに頂いた作品です。乗ってるのはチョコの上?
作:岩澄龍彦
  
添付ファイル