※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

未開拓地の開拓事業にあたって

草案:さるき(絵・文)

南国人の方と共同作業の図

未開拓の森林を伐採し、農業地の拡大や難民の住居地の確保するために開拓を行う。
伐採された樹木については、難民の住居用の資材等として利用する。

開拓を行うにあたって開拓を指揮する作業責任者を暁の設定国民より選抜し、補佐要員を各種族より複数選抜する。
各種族ごとにグループ分けをし、開拓が円滑に行われるようにする。

森林を伐採し開拓するといっても全ての森林を伐採をしては、自然破壊に繋がりかねない。
そこで森林に長けている森国人に自然を保持しつつ開拓を進めるためのアドバイスを貰いつつ開拓を行う。

森国人、西国人の人達と一緒に仕事をする風景

開拓作業をするにあたって作業前にTBM-KYを行い、作業中に危険な作業や怪我を負わないよう注意を促す。

TBM-KY:「ツールボックスミーティング・危険予知」の略。
作業前に作業責任者を中心に作業内容の確認・手順の確認・危険箇所の確認等、作業の安全を確保するための注意事項等を打ち合わすることをTBM-KYという。

開拓作業中の危険作業・危険行動を行わせないために作業者に周知徹底させる。
その際、各種族毎に言語が違うために意思疎通が円滑に行われない可能性がある。
最低でも意思の疎通が図られるように簡単な合図のための言葉を決め周知させる。

危険作業の防止の説明用に絵を用いて誰もが判るようにする。
  
添付ファイル