秋津の帰還


風杜神奈 :こんばんは~

芝村 :記事どうぞ

風杜神奈 :
【予約者の名前】3800262:風杜神奈:暁の円卓
【実施予定日時】6/18/24:00~25:00
【ゲームの種別】生活ゲーム
【ゲーム時間:消費マイル】
 ・1時間:20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・風杜神奈2LACE;0(着用します)
 ・トラナ・クイーンハート2:個人ACE:0
 ・秋津隼人(神奈版):個人ACE:0
 ・ファンタジア:個人逗留ACE:0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・3800262:風杜神奈:暁の円卓:入学済:消費マイル 33

風杜神奈 :こうなります。

風杜神奈 :イベントは今は何がお勧めでしょうか?

芝村 :イベントのお勧めは、特にないけど、ファンタジアがいないね

芝村 :それ以外は大丈夫だ。

芝村 :秋津は怪我してる

風杜神奈 :試練だとその関係になりますか?>ファンタジアがいない

芝村 :いえ。単に怪我

風杜神奈 :ああ、なるほど。

芝村 :どうする?

風杜神奈 :そういえば、秋津のやりたいことは何かありますか?

風杜神奈 :この前はトラナに聞いたんでw

芝村 :OK

芝村 :1分まってね

風杜神奈 :はい。

芝村 :/*/

芝村 :秋津は荒い息で家帰ってきた。

芝村 :ぜえぜえいってる

秋津:「帰ってきた・・・」

風杜神奈 :「……おかえり、なさい、だ、大丈夫?」

風杜神奈 :#ちょっと泣きそうです

秋津:「ああ」

秋津:「ふー」

秋津:「遊びにでも、いくか?」

芝村 :秋津は笑っていった。

風杜神奈 :?」

芝村 :トラナが笑ってだきついた

風杜神奈 :「あ、飲み物持ってきますね」

芝村 :秋津はばたりと倒れた

風杜神奈 :「…でも、秋津さんっ」支えます。

風杜神奈 :振り向いて、支えます。

秋津:「冗談、冗談・・」

芝村 :秋津はふらついてソファにむかった

風杜神奈 :Q:けがの状態はどうでしょうか?

芝村 :A:見た目じゃ分からないね

風杜神奈 :「秋津さん、無理しないでくださいね。今日じゃなくても遊びに行けますし。……心配です。」

秋津:「大丈夫大丈夫」

芝村 :秋津は元気そうに手を振って見せた

風杜神奈 :「それならいいですけど、そこでしばらく休んでいてくださいね。何か持ってきます」

芝村 :秋津はぐったりしてる

トラナ:「パパ?」

芝村 :ゆさゆさ

風杜神奈 :すぐに駆け寄ります

風杜神奈 :「秋津さんっ!

芝村 :秋津はしゃきっと顔をあげた。

秋津:「なんだ?」

芝村 :元気そう

風杜神奈 :「……今日はここでみんなでいましょうか。ね、トラナ。」

トラナ:「うん」

秋津:「せっかくの休みなんだ」

風杜神奈 :「本当に、寝ててください、お願いですから……」

秋津:「?」

風杜神奈 :「秋津さんとトラナと一緒にいられればいいです。」

芝村 :秋津はなんのことって顔だ

風杜神奈 :「だって、どう見ても大丈夫そうじゃない…」

#最後消え入りそうな声になってます。

秋津:「気のせいだ。ははは」

芝村 :トラナ、秋津のあばらにさわった。

芝村 :秋津、悶絶

風杜神奈 :「……折れてるんじゃないですか、もしかして」

秋津:「いいや」

芝村 :脂汗だらだら

風杜神奈 :手を包み込むように握って、言います。

風杜神奈 :「……私の眼をまっすぐ見て」

芝村 :秋津は貴方を見てる

秋津:「どうしたんだい?」

風杜神奈 :「……本当に無理しないで、いいんです。こうやって一緒に入れることが幸せなんですから。秋津さんにはいっぱいもらってますから」

秋津:「なんの・・・」

芝村 :トラナ、一撃

芝村 :秋津悶絶

風杜神奈 :#泣いています

風杜神奈 :#二方面から攻撃中?w

風杜神奈 :「トラナも、休んだ方がいいと思うよね?」

トラナ:「うん」

芝村 :秋津、折れた

秋津:「実は怪我を・・・」

風杜神奈 :「ん、……素直が一番。」

秋津:「悪かった」

風杜神奈 :「今日はここで布団を引いて三人で一緒に寝ましょ」

芝村 :トラナの目が輝いてる

トラナ:「うん」

風杜神奈 :では、ゆっくり秋津さんには休んでもらいつつ準備します。なるべく目を離さないようにして。

芝村 :はい。

芝村 :秋津は嘘をいう気力もないようだ

風杜神奈 :では今日はゆっくりします。

芝村 :はい。

芝村 :のんびりしてるよ。

芝村 :秋津は今日は格好つけない

風杜神奈 :「トラナ、今度はどこか行きたいところある?」

トラナ:「・・・・」

芝村 :トラナは考えてる

トラナ:「ゆーえんち」

風杜神奈 :「いいね。うん、秋津さん、その怪我がちゃんと治ったら、連れてって欲しいな……」

秋津:「分かった分かった」

秋津:「あー。だからばれるのいやだったんだー」

芝村 :秋津orzして痛がってる

風杜神奈 :「……でも、秋津さんが無理するのも嫌だよ。」

秋津:「・・・俺にどうしろと」

芝村 :秋津、涙目

風杜神奈 :「ん、そのままでもいい。でも、いなくなっちゃうのはいや……」

#神奈も涙目

秋津:「・・・悪かった」

芝村 :トラナは嬉しそうに枕抱いてみてる

風杜神奈 :「……うん」

涙を拭いてうなづきます。

秋津:「直ぐ直す」

風杜神奈 :「ん、秋津さん…」

風杜神奈 :そして嬉しそうにみてるトラナに気づいて赤くなります。

芝村 :トラナは輝くように笑った。

芝村 :音もなく

風杜神奈 :「ん、トラナ」

芝村 :トラナはこくこくとうなずいてる。

芝村 :よってきた。だきついた。うれしそう

風杜神奈 :ふんわりと抱きしめます。

芝村 :秋津は微笑んだ後、照れた。

風杜神奈 :支えます。

風杜神奈 :片手にトラナを抱いたまま

風杜神奈 :「……これで3人、一緒だよね」

芝村 :秋津びっくり。

芝村 :/*/

芝村 :h

芝村 :あ

芝村 :い

芝村 :はい。お疲れ様でした。

風杜神奈 :なんというか、秋津が新鮮?でしたw

芝村 :最後は倒れ、ではなく、テレです(笑)

風杜神奈 :途中で気がついて言葉追記しましたw

風杜神奈 :あ、これ違うってw

芝村 :あははは

芝村 :秋津は生存判定成功、と

風杜神奈 :ありがとうございます。

風杜神奈 :ログ出すときは書き換えておこうかなぁ…ま、いいかw

芝村 :はい。評価は+1+1でした

風杜神奈 :ありがとうございます。そういえば、秋津って以前66って聞いたんですけど優月だけじゃなかったですっけ?もう片方も上がってるのはどうしてでしょうか?

芝村 :え。どれかとれば両方リミットはずれるよ?

風杜神奈 :あれ、そうでしたっけ。

風杜神奈 :途中から仕様が変わったのかな。

芝村 :ははは

風杜神奈 :本日は泣き落としと物理的攻撃がw

芝村 :しにかけたな

風杜神奈 :でもよかったです。

芝村 :ええ。

芝村 :秘宝館には1、1で依頼出来ます。

芝村 :では解散しましょう。お疲れ様でしたー

風杜神奈 :ではお疲れ様でしたー