高機動箒


L: 高機動箒の開発 = {
 t:名称 = 高機動箒の開発(イベント)
 t:要点 = 妙な伸縮(誤植ではない),曲がった,箒
 t:周辺環境 = 空

高機動箒とは人騎兵、クエスカイゼス専用兵装オプションとして作られた箒型デバイスであり、強力でありながら行動速度に難があったクエスカイゼスの弱点を補う形で設計されている。全世界で動くと言う切り札となりうるその機体はこの箒型デバイスで一旦の完成を見るともいえよう。機体の一部ともいえるこのデバイスだったが、この形に落ち着くまでにはさまざまな変遷があった。


試作一号機の悲劇

試作一号機、通称サーフボードは板状をしていた。これは板の裏に二機のリューンエンジンを搭載し、その上にクエスカイゼスを括り付けて空を飛ばし、高速機動を実現するものであった。理論的にいえば高物理域ではエンジンユニット、低物理域では魔法の板として存在しうるため問題は少ないと思われた。だがしかし実験中に起きた下半身のみが推力をえてしまうと言う事故により頓挫、バランスを崩した挙げ句足を括り付けてあるためいざというときに切り離さないと使い物にならないこのタイプは事故による怪我人、修理費、担当者の更迭と教訓を残して破棄される運びとなった。

試作二号機の浮上

そこで浮上してきたのが、クエスカイゼスに掃除でもさせるのかと揶揄された箒型デバイスだった。このタイプは普段は手持ちで持ち運べ、飛行時はまたがり前傾姿勢で捕まるだけという手軽さから検討されたものだったが、魔法の箒との相似より比較的スムーズな全領域対応が可能であることが判明し、事故とも相まって、一気に候補に躍り出たのである。

試作二号機後期型

後期型の特徴はその多様性にある。メインフレームである箒にはツインエンジンをつんでも余りあるスペースがあったからだ。特にその妙な拘りを持った伸縮可能な構造と多重に折り重ねられたフレームは一言で言っても魔女の箒としか見えないのである。

砲戦型ブルーム

これらはまず砲戦型ブルームがリリースされた。あの形状を行かす武装といえばやはりこれだろう。当然ながら銃機型といえど全世界対応できないのでは意味がない。騎士専用機、旧伏見藩国のアンタレスの持つコアの砲を流用することで対処している。フレームは比較的幅広で、ライバル関係にあった開発チームからは掃除機と揶揄されることもあった。

強襲白兵用ブルーム

次に作られたのは白兵特化ともいえる強襲白兵用ブルームだ。これは銃機構を格納するかわりに鋼鉄の刀を納めたものである。それだけではなく、白兵距離に一気に持ち込めるよう出力をも強化されており、このフレームの能力を余すことなく発揮できるように作られている。カラーリングからか、竹箒とも仕込み箒ともよばれ、ここからもデバイス作成チーム間のライバル関係がうかがわれた。

支援型ブルーム

砲戦型ブルームの作成チームのもう一つのデバイスである。完全に支援特化として作られており、足止め用の射出ユニットや、工兵作業用ユニットを搭載していた。

本体強化型ブルーム

白兵型チームのもう一つリリース版である。すべての内蔵ユニットを排除し、本体の補助動力として用いる高機動型として正統なタイプである。箒型こそしているがすべて跨るタイプのオプション装備として考えても良い。

物理域変換について

物理域が違う区域に移動する際に同一である魔法陣の効果に置換されるようにすべての機械システムは作られている。これにより全世界対応を行うことになっている。