東国人


要点:・東洋風の服装・東洋風の人材・黒い髪
周辺環境:・四季・入り組んだ地形・稲作・紙と木で出来た家・火山
評価:
体格 筋力 耐久力 外見 敏捷 器用 感覚 知識 幸運
0 0 0 0 0 1 1 0 0
特殊:
  • 東国人は一人につきターン開始時に燃料1万tが増加する代わりに資源1万tを消費する。
  • 東国人は一般行為判定を伴うイベントに出るたびに食料1万tを消費する。
→次のアイドレス:・犬妖精(職業)・剣士(職業)・理力使い(職業)・忍者(職業)・サイボーグ(職業)・ドラッカー(職業)・観光地(施設)・国歌(絶技)・寮(施設)・食糧生産地(施設)・高位東国人(人)

設定文章

東国人である。
藩国としての歴史は浅いが、この国の民は東国人の特徴を強くあわらし、手先が器用で感覚も鋭敏なものが多いと言われている。
それが嘘か真かは定かではないが、この入り組んだ地形を前にして、臆することなく国つくりをしている様はたしかにそう思わせる何かを感じさせるのだろう。

尚、特筆すべき点としてこの国の国民は寒さに強く、東国人としては彫りが深く美形な者が多いという点が挙げられる。
何故そのような特徴があるのか諸説あるが、国民の中では現王が元北国人であったからではないか?という説が有力である。
王個人の事情が国全体に影響するとは考えにくいが国民達はそれで納得しているのだから特に問題はないのだろう。
このような様子を見るに、おおらかで細かいことも気にしてなさそうである。

現在の藩国は開拓が始まったばかりであり、王都付近を除いて未だに未開の地が多く残っている。
裏を返せば自然がそのまま残っているということであり、この大自然がこの先、この国の国民達を鍛えていくことだろう。
藩国では四季がはっきりしており、朝夜の寒暖差も激しい。そんな過酷な気候環境の中でも藩国では農業が盛んである。
その中でも稲作は他の藩国と比べても遜色ないほどに発達している。
この国独自の米である「ほほにしき」は他の米と比べて水分が多く、もっちりしていて大変美味だと他国でも評判のようだ。

藩国の住居的な特徴として土を使った住居を作ることをせず、紙と木で出来た家屋に好んで住むという点が挙げられる。
このような家屋は夏涼しく、冬もそれほど冷えないという理想的な家屋であり、難点といえば強度的に不安があることであるが、独自の建築技術によって強度面でもかなりの信頼できるものとなっている。
これは後述する火山活動による地震に深く関係がある。
このような技術は自然との対話から得た藩国独自の何ものにも代え難い貴重な宝である。

また、西方には未だに活動を終えていない活火山があり、火山活動によって稀にであるが地震も発生する。
この火山は暁山と名づけられ、日々の訓練場として重要な役割を果たしている。
山での高所訓練は心肺機能を鍛えると共に、その過酷な訓練によって精神的にも一層鍛えることが可能となっている。

以下は暁の円卓における四季の移り変わりを著した一節である。
「東の果てには常春の国がある、その地には桃が咲き乱れ……」
                        春雷記より

春は桃。この国を作った者たちの中にはかつて常春の国を目指した者達がいた。
その結果は惨憺たるものではあったが、1つだけ大きな功績を残している。
それが桃である。
確かに梅・桃・桜と春を象徴する花を咲かせる樹木は多数あれど、その濃い枝垂れ型の桃色の花はこの国の春の象徴にふさわしいといえる。
桜とて桃に遜色ないはずだが、やはりこの国の春といえば各地に植えられている樹の量からしても桃であるといえよう。

この国の夏は暑い。
だからこそ、この国の建物は夏を中心として考えられている。
北国から入植したこの国の祖先は参ったのであろうことは想像に難くないが、水はけ、日当り、風通しの三要素を考慮に入れた作りとなっている。建物自体は木造であるが、その中の壁は土壁である。これは調湿作用を持つため、夏は涼しく、冬は暖かく保つことが出来る。この土壁は耐火性にも優れているため、逃げる際も時間的余裕が出来る。
この国は地震も多いので、どちらかというとこの国の建物は建て替えをしやすいように出来ているともいえるのだろう。とはいえ、建築技術の発展により耐震性に関して言えば入植当時に比べたら天と地ほどの差があるが。

秋といえば収穫の季節だ。山林には多数の栗を始めとする多種の木の実が成る。
り、稲穂は黄金に色づく。複雑な地形であるがゆえに何面にもわたる水田は秋になると一面を黄金色に染めているかのようである。「ほほにしき」を始めとするこの国の代表品種は輸出の目玉の一つでもある。
黄金に染まる山間とその上に広がる鮮やかな紅の退避はこの国の秋の風物詩であろう。

冬……耐え忍ぶ季節。
草木は枯れ、起源とも言われる北国を思い起こさせる季節。
厳しい自然は来るべき春の訪れを待つための試練ともいえよう。
山林に住まう動物も冬眠し、秋の蓄えを消費しながら春を待つ。
だが、この季節にぴったりな最高の娯楽がある。
火山が近いゆえに多数存在する温泉郷である。
比較的高所に存在するこの町においては他国からも訪問者の多い温泉郷が存在するのだ。
雪の舞う冬の暁の円卓藩国を見下ろしながら浸かる温泉は格別なものだと聞く。是非とも機会があれば利用していただきたい。

(絵:しらいし裕)(文:しらいし裕&風杜神奈)
  
添付ファイル