※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作戦

【作戦概要】
防御円陣を組んで一斉攻撃を行う

【地形】
  • 周囲の森や林、くぼ地を利用する。
  • 木々や凹み地に伏せて衝撃を緩和
  • 密度の高い森林地の場合、大型の存在はつっかえるため行動の邪魔が出来る
  • 歩兵ならば小さいので、活動に支障がない
  • 木に登る事で上から攻撃することが出来る
  • 高低差、木々により入れる戦力に限りがあるため、敵戦力の選別を行える。(ただしこちらも歩兵、山岳騎兵に限られる)
  • 岩石の崩落や雪崩に気を付ける。または、それを利用する。

【体術】
(攻防兼用)
  • 一度に倒しきれないほど多数の敵は、前衛の負荷を超えない範囲で少しずつ相手するようにする。
  • 相手の勢いを意識する
  • 相手との間合いを意識する
  • 自分にとってベストの間合いで戦うことを意識する
  • 即座に行動できるよう自身の姿勢を意識し、常に維持すること
  • 武器を振り回すため、しっかりとした足場を立ち回れるようにする。砂の斜面等は避ける

(攻撃)
  • フェイントを交えて相手の防御を崩してから攻撃する。
  • 相手の目線、体捌き、ポジションから間合いや攻撃のタイミングをはかる。
  • 攻防の流れの中で相手の無防備な部分を見極めて切る。
  • 相手の懐に飛び込む際は防御を意識しつつ相手の急所を狙って突く。
  • 基本的な攻撃の技術を応用し、連続して技を繰り出すようにする。
  • 打突に体重を乗せるためには脇を締め、腰の回転を意識する
  • 決めたと思っても気を抜かない
  • ターゲットの選定は少し後方の王が行う
  • 刀で攻撃するときは攻撃角を意識し、上下左右斜めに斬ったり最短距離で突く。
  • 多くの数を相手にするために、刃が切れなくなるのを防ぐため斬るより突き刺すのメインにする
  • 大型で両刃の剣は振るときに両手で持って自分に刃が当たらないようにする。
  • 刃の重みを使って叩き切るように使う。
  • 重さに振り回されて手首や肩の関節を痛めないように振るう範囲をきちんと決めて振るう。
  • 上段から振り下ろす時は地面に刃を当てないように注意する。

【陣形】
  • 合図を使って連携して動く
  • 指揮官指示により、密集、離散、陣形変更を即時行えるように訓練しておく。
  • 有視界内では仲間との連携をブロックサインで密に取る
  • 相手に後ろを取られないように味方同士でお互いに背中を守る。
  • 部隊員と死角を補い合う

【装備】
(全般状況)
  • 飲み水や簡易食料を欠かさないこと
  • 装備している物が体の動きを制限したり、身軽さや素早さを低下させないよう配慮する

【敵部隊対処】
  • 乱戦となるので敵の同士討ちを誘う機動を行う

【その他】
(剣と王)
  • 王と剣はペア同士で連携して戦闘を行う。若干王を後方に置きつつも距離が離れないように注意。


イラスト/SS/RP


(1)
「やるぜ、やったるぜ~!俺ら暁の円卓、白兵戦なら何処にも負けねぇぜ!」
NWで白兵最強を誇る国家、暁の円卓はこの自負が特に強い。
何よりもこれは国としての根幹に関わっていた。

烈火のごとき一薙ぎは何もかもを打ち砕く神の鉄槌へと変わる。
鋏というにはそれは無骨すぎた。叩き潰す槌ともなれば、潰し切る鋏にもなる。

そう、それは龍殺しの一対の大鋏。

「一宿一飯の恩義……返さないとね」
一方椿王はついに恩義を返すときが来たと内心に燃えるものがあった。
見た目は年の割に制服なのでコスプレにしか見えないが。

<h1>「はぁぁぁ~ッ!」</h1>

まさきちはその鋏を大きく振り上げた。横へ一閃すれば敵はなぎ払われる。
そこに疾風のごとく詰め、もう片方の柄をを蹴り広げ潰し切る。
あまりの凄惨な姿とその熱い眼差しのギャップが激しい。

「戦えない事と戦わない事は違うのよ!王が弱いと思わないことね!」
挑みかかってきた敵と華麗に捌く。動きは少ないが無駄のない、精密な動作。
まさにその姿は舞踊である。

「椿ねぇさんはさがってろ!俺が守ってやるからなぁ~ッ!」
前に出ていた椿王に呼びかけると椿王は飛び退った。
まさきちのその鋏は輪月となりて敵を嵐のごとく巻き上げる。

「俺のーっ!鋏さばきはー!世界一なんだぜぇっ!」
その絶叫と共に、ポーズを決めるとその場には他には誰も立っていなかった。

(2)
「俺は俺の護りたいものを護るために戦う!!ただそれだけだぁ!」
その日初陣を飾るさるきの声が木霊した。



一体数百、なんてざらだと聞いた日には逃げたくなった。
一騎当万の戦いを見て、自分にも可能かと思い始めた。



護りたいものを護る戦いは暁の騎士の本分である。
それを突き通してこそ暁の騎士であった。



さるきは明美王とともに迫る敵軍に踊り入る。
「俺の剣を受けてみろっ!」
始めの実戦は考えるよりも体が動いた。
何度も訓練した苦い思い出。
何度今のでは死んだといわれた事か。



一振りするたびに、思うように敵に剣が吸い込まれていく。
「俺の剣から逃げられると思うなよっ!!」
後ろに王が控えてくれるためかも知れない。
力が湧き出てくる気がした。



「体力なら誰にも負けるもんかっ!!どりゃーぁぁぁぁ!!」
これだけ走り回れば普通は息切れの一つぐらいはする。
さるきは赤様との小笠原を思いだして苦笑を一つし、次の敵へと移った。




RP
まさきち@暁の円卓 : 「おっしゃー!ついにこの日がきたぜ!暴れさせてもらうぜ!」ジョキジョキ(←鋏の音)
さるき@暁の円卓 : 「うりゃぁぁぁ!!!一薙ぎで払ってやるっ!!」
まさきち@暁の円卓 : 「前の猫の人救出戦には来れなかったからなぁ」
時雨野椿@暁の円卓 : 「まさきちちゃん、気持ちはわかるけど無理したら駄目よ。まだ雑魚なんだから」
まさきち@暁の円卓 : 「椿ねーさん、わかってるって!こんなもん力半分さ!」
時雨野椿@暁の円卓 : 「うん、ならよろし。さて、行こうか(刀を鞘から抜く)」

岩澄龍彦@暁の円卓 : 「東雲隊、宜しくお願いします!!」
まさきち@暁の円卓 : 「おらぁ!いくぜっ!椿ねえさん!!」
まさきち@暁の円卓 : 「はぐれんなよ!そんで…むちゃすんなよ!たのむ…ッ!」
さるき@暁の円卓 : 「明美姫!あんまり俺から離れないで下さいね!!」
ターラ@暁の円卓 : 「東雲さん!そっちお願いします!」
時雨野椿@暁の円卓 : 「ええ。鋏がいい目印になるもの!」
時雨野椿@暁の円卓 : 「そしてさあ、さあ、暴れるわよ!!!」
岩澄龍彦@暁の円卓 : 「ははははは。戦場ですね」
枚方 弐式@暁の円卓 : 「よっしゃあ、東雲隊、行ってこい! ここはまかせろ!」
時雨野椿@暁の円卓 : 「いつも言ってるけど……」
時雨野椿@暁の円卓 : 「王が戦えないとは思わないことね!まさきちちゃんほどじゃないけど!」
時雨野椿@暁の円卓 : 「私だって大剣士なんだから!」
まさきち@暁の円卓 : 「俺の…鋏使いをッ!その目に焼き付けて死ねっ!!」
さるき@暁の円卓 : 「王と剣の連携の見せ所!!頑張りましょう!明美姫っ!!」
岩澄龍彦@暁の円卓 : 「全員いきてかえろう、総指揮感の命令です。実行致しましょう」
まさきち@暁の円卓 : 「…(時雨野椿のほうをちらっと見て)心配は…してねーよ!無理はすんなってそんだけだ!」
時雨野椿@暁の円卓 : 「(まさきちに視線を合わせて)嬉しいこといってくれるわね。じゃあ、一緒に踊りましょう!」


応援


名前:
コメント: