※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作戦

【作戦概要】
乱戦の中攻撃をしのぐ

【地形】
  • 周囲の森や林、くぼ地を利用する。
  • 木々や凹み地に伏せて衝撃を緩和
  • 密度の高い森林地の場合、大型の存在はつっかえるため行動の邪魔が出来る
  • 歩兵ならば小さいので、活動に支障がない
  • 木に登る事で上から攻撃することが出来る
  • 高低差、木々により入れる戦力に限りがあるため、敵戦力の選別を行える。(ただしこちらも歩兵、山岳騎兵に限られる)
  • 岩石の崩落や雪崩に気を付ける。または、それを利用する。

【体術】
(攻防兼用)
  • 一度に倒しきれないほど多数の敵は、前衛の負荷を超えない範囲で少しずつ相手するようにする。
  • 相手の勢いを意識する
  • 相手との間合いを意識する
  • 自分にとってベストの間合いで戦うことを意識する
  • 即座に行動できるよう自身の姿勢を意識し、常に維持すること
  • 武器を振り回すため、しっかりとした足場を立ち回れるようにする。砂の斜面等は避ける

(防御)
  • 相手が飛び込んできた際は体全体を攻撃線からはずして防御する。
  • 避けたと思っても気を抜かない
  • 防御するため、しっかりとした足場を立ち回れるようにする
  • 敵に接近して走り回ることで相手の視界から見えなくなり反撃を防ぐ
  • 敵の挙動をつぶさに観察し、少しでも不審な動きをすればすぐに回避行動を行う
  • 攻撃を受けても動きが止まらないように受け流す
  • 一度に攻撃されないように一対一を繰り返すように立ち回る


【陣形】
  • 合図を使って連携して動く
  • 指揮官指示により、密集、離散、陣形変更を即時行えるように訓練しておく。
  • 有視界内では仲間との連携をブロックサインで密に取る
  • 相手に後ろを取られないように味方同士でお互いに背中を守る。
  • 部隊員と死角を補い合う

【装備】
  • 装備している物が体の動きを制限したり、身軽さや素早さを低下させないよう配慮する

【敵部隊対処】
  • 乱戦であるので敵の同士ウチを誘う機動を取る

【その他】
(オペレータとの連携)
  • オペレーターからの情報で敵の陣形が判っており、敵攻撃の弱い方向へ移動する

(剣と王)
  • 王と剣はペア同士で連携して戦闘を行う。若干王を後方に置きつつも距離が離れないように注意。

イラスト/SS/RP

「こんなのあのストーカーに比べたらたいしたことない」
ゴル娘王はその一撃に耐えながら苦難の日々を思い出していた。
追い掛け回されたあの精神的苦痛に比べれば、ただの一撃など軽い。

一方国駒も今は雌伏の時だった
「くっ、ここは我慢我慢…」
猛攻に耐えながら光を拾う。反撃の糸口はそこにあった、が。
ゴル娘王はいろいろと嫌なことを思い出して鬱に入りかけている。
「王、僕の後ろへ。ここは防ぎますから、ね?」
あわててフォローに入る国駒。
世話が焼ける、そう思ったが。それでも組んできただけはある。
一言二言で立ち直らせた。
もう一撃、二撃、三撃。
連撃に手を焼きながら避けながら逃げる。
「(これが終わったら松五郎※←盆栽の名前※が待ってる…帰らなきゃ!)」
国駒は盆栽のことを思った。
少年でありながらとても爺くさい趣味を持っている。
でもそれが何よりも好きだった。

……ふと気がつくとゴル娘王がいない。
「逃げ回りすぎて迷子にならないようにしないと…って王ー!どこですかぁぁー!」
あせった。加護が消えてないところを見ると近くにはいるとおもうが、間に敵がいるのでわかりづらいのであった。

……前途は多難だ、と思ったが、そんなことはなかった。

ちょっとハイな王が帰ってきたからだ。こういうときある意味手に負えないのは敵味方一緒である。

RP
岩澄龍彦@暁の円卓 : 「ここで折れる訳にはいきません。絶えて見せます。」
岩澄龍彦@暁の円卓 : 「耐えて見せます」
国駒@暁の円卓 : 「ここが頑張りどころですね。任せてください・・・っ!」
岩澄龍彦@暁の円卓 : 「我が君は‥‥‥後ろに下がってますね。私を盾にしても生き残るのですよ」
岩澄龍彦@暁の円卓 : 「はい、頑張りどころですね」
さるき@暁の円卓 : 「剣の底力の見せ所です!剣の皆さん頑張れっ!!!」
岩澄龍彦@暁の円卓 : 「ええ、もちろん」
国駒@暁の円卓 : 「攻撃の方が得意だけどっ、防御もできます、よっ」


応援


名前:
コメント: