「私を縛らないで」の楽しい使い方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クラウン・ジプシーのスキル「私を縛らないで」。誤解している人がいるかもしれませんが、合奏の発動者だけでなく協奏者も利用可能です。
(「ロキの叫び」の場合は協奏者がロキの対象に含まれてしまう為スキル使用不可、縛らないでが使えない状態になる)
GvGで合奏といえばロキが真っ先に思い浮かびますが、協奏者が有効に活用できないのは戦力的にはマイナス。
合奏ユニットがジプシー・クラウンの場合には「合奏中に他の行動が出来ない」という縛りから開放されるのに、わざわざ行動不能になるのはもったいない。
ということで、冠占によるロキ以外の縛らないで有効利用、という妄想をば。

まず合奏について。ロキ以外の合奏で有効なのは何だろう?
  • 子守唄・・・発動間隔の長さ(6秒/回)から微妙なスキル。まぁ、他にやることがないならしてもいいけど、そんなに暇じゃないでしょ(笑)
  • 深淵の中に・・・SWならWiz魂あるWizさんに配ってもらうべし!
  • ロキの叫び・・・転生側が発動するなら意味はある。が、ここではロキ以外の検討、ということで対象外。
  • 永遠の混沌・・・除算も0になるならコレもいいのだけれど・・・減算DEFだけじゃ効果が薄すぎるでしょ(泣)
  • 不死身のジークフリード・・・雷鳥魂のかかった冠占2人PTならADS対策としては面白いのかも?(無属性で投げられたら終わりますが・・・)
  • ニヨルドの宴・・・どこか他でやってくださいzzz まぁ狩りではダブルArVとかで楽しくなる?(って、発動側の攻撃分Expを損するのか(TT))
  • 戦太鼓の響き・・・ATK上昇はATK無関係なスキル(SpPやADS)以外の全てに有効なので、前衛が多いなら効果的かな。
  • ニーベルングの指輪・・・Lv4武器という縛りが厳しく、しかもスキルには効果がない。コレ使うくらいなら太鼓で・・・
  • この中では前提が厳しいものの「戦太鼓の響き」がなかなか有効か? というか、他に有効な合奏が見当たらないのですが(TT)
(「子守唄」の発動間隔が縮まっていたり「永遠の混沌」で除算DEFやMDEFが減ったりしたら面白いけど、最近検証している人いるのかな?)
太鼓でのATK+150には夢の希望が詰まっています!
コレ+属性付与したEDPSBはゴス対策になるかもしれない可能性がありませんか?(ATKの補正がEDP前に補正かかってたら・・・)
阿修羅の威力も3割ほど上がるので、VITカンストオーラLKでも一撃で撃墜!
(以上はかなり妄想が入ってます(笑))

さて。合奏中に演奏以外のスキルが使用可能になることで冠占は何が出来るだろう?
  • ハイド・クローク・・・両方隠れていたらADSも怖くありません!(味方にあぶりだされるのは仕様です)
  • ArV・・・魂さえ貰えばダブルArVで殲滅に参加! この場合、合奏は当然太鼓ですね。(そもそもArVの威力がお察しなんですが・・・ね)
  • 寒いジョーク・スクリーム・・・別にブラギがあることが前提ですが、単にジョーク・叫びを飛ばすよりは良いですよね(それなら冠は魂貰ってセルフブラギジョークしてろ、ってか(TT))
  • タロット・・・同上。魂貰ってセルフブラギタロットのほうが単体能力としては上。評価は合奏の価値によるかな?
  • その他・・・サイトとかサイトとかサイトとか・・・
演奏中にハイド出来るのはかなり助かります。避ける腕があるかは別問題ですが(TT)
ニュマまで歩いて動けるのも○。歩いている間にADSが飛んできますけど・・・
他にもブラギを配ってもらえばジョーク・叫び・タロットを連打できるので、合奏中でも非合奏時と同等の戦力として期待できます。

こんなすばらしい「~ながら合奏」にも勿論欠点があります。
  • 合奏のエフェクトから離れると合奏中断・・・合奏の範囲は広いようで狭いので、ふとしたこと(射程外への攻撃・誤クリック等)で演奏が止まります。
  • 再演奏がすぐに出来ない場合がある・・・合奏中動き回れるので演奏が切れた時に隣に相方がいない可能性があります。
  • ガンバンテインで即演奏停止・・・やはり相方と隣あっていない場合。発動側の足元の合奏が消されてしまえば一発で中断されてしまいます。
  • 消費SPが増える・・・合奏中に消費するSPの量が3倍に。更にスキルなどを使えばSPがガンガン減っていきます。演奏中はSPが自然回復してくれませんしね~
  • 移動速度・攻撃速度のペナルティ・・・Lv1では通常時の60%までスピードダウン。この移動速度はプッシュカート1の商人よりものろまです(TT)
  • 使用までに手順を踏む必要がある・・・合奏可能状態を作り、合奏を発動し、縛らないでを使用する。相方隣への移動・合奏の不発、等不安要素は多いです。
  • 冠か占が必須・・・ただでさえ少ない雷鳥の、更に転生職であることが必須条件。ということで数少ない雷鳥を余分な合奏に割く余力はないかも・・・
  • 合奏の範囲でしか効果がない・・・合奏の範囲は7×7~9×9と狭い。良い位置に展開しないと無駄なオブジェクト消費に(TT)
「縛らないで」使用時の基本的な注意なのですが、運用時にはどれもなかなか厳しい条件です。
上の欠点よりも「ロキ・ニヨ以外の合奏を習得している冠占がほとんどいない」のが一番の問題かもしれません(泣)
いろいろと問題は山積みですが、ロキ以外の合奏の有効利用を考えてはみませんか?