※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


たそがれは逢魔が刻、という。
べつに妙なものに出くわさなくても、魔が刺す、ということはあって、
それが物憂い秋ならば、なおさらのことである。

すでに日も暮れかかって、放課後の教室はオレンジ色に染まっていた。
無人の机がズラリと並んでいる中に、ポツンと黒い影がひとつ。
机に覆い被さるように、ぐったりとしている―――― 結城リトである。

「はあ……」

静まり返った空間に、ため息が溶けていく。

リトは疲れていた。

ララの妹たちが家に転がり込んできてから、心の休まる時がない。
学校だけでなく、家でもあんな調子が続くのでは、たまったものではない。
彼とても健全な男子であるから、四六時中、桃色の空気に包まれていると、
危うく自制を失いそうになることもあるわけで、つまり、疲れるのである。

そして今、ララを先に帰して、ひとりでボンヤリしているリトであった。

そもそも、彼の日常に女の子が関わるようになったのは、最近の話で、
トラブルに慣れてきたとは言いながら、根本のところは純情なままである。
つまり、まともに女の子とつきあった経験がないのであるから、
色気ばかりが供給されて、はけ口のない状態というのは、これは困る。

リトは机に突っ伏したまま、もぞもぞと身体を動かした。
廊下のほうに、足音が聞こえたかと思うと、ガラッと扉の開く音――――

「あれ? 結城じゃん」

のっそりと顔を上げると、テニス・ウェアに包まれた胸が歩いてくる。
視線を上げると、ウェーブのかかった髪――――
淡いベージュ色だったはずだが、夕暮れの光の中で、焦茶色に見えた。



「籾岡か……」
「何やってんの?」
「べつに…… 籾岡は?」
「部活。 終わったトコ」

そう言って、リサは、リトの足元にスポーツ・バッグを放り出した。

(そうか、籾岡もテニス部だったな……)

ラケットの袋を肩から外して、となりの机に置くと、
その机の上にヒョイと飛び乗るようにして、腰かける。

(どうして、わざわざ、となりに座るんだ……)

もともと、籾岡里紗は人懐っこいほうで、女子に対するスキンシップなど、
常軌を逸しているが、女子がいなければ、話し相手は男子でもかまわない。
リトもそれを知らないではなかったが、今は女子と話すのが疎ましかった。

「元気ないじゃん」
「そうか?」
「ララちぃに振られたとか?」
「あのな……」

リサは、アハハと楽しそうに笑って、ぐっと伸びをした。
リトは再び机に倒れ込んだが、顔はリサのほうに向けたままだった。

スコートから伸びた太ももが、目の前にチラチラした。

いつもなら、真っ赤になって取り乱しているところである。
ところが、今日はそんな光景を目にしても、血液が這い上がってこない。
ボンヤリと視線を上げると、リサが悪戯っぽくニヤニヤと笑っていた。

(ああ、いつもの籾岡だ……)

頭に浮かんだのは、それだけで、そのままリサのほうを見ていた。

リサは不思議そうな顔をして、それから、大きく脚を組み替えた。
アンダー・スコートがチラリと見えた。
リトは身じろぎもせずに、リサの太ももの奥を睨んでいた。

「ちょ、ちょっと、結城ィ?」
「ん?」
「いつまで、見てるワケ?」

リサの頬が、かすかに赤く染まっていた。



それで、リトも自分の置かれた状況に気がついた。
宵闇せまる教室に、女の子と二人きり。
からかったのを、真面目に受け取った―――― と思われている。

まずい。 これはまずい。

「ご、ごめん……」

あわてて顔を背けて、反対側―――― 窓のほうを見る。

窓ガラスに映ったリサの顔が、ニヤ~ッと崩れた。
いつものリトに戻ったので、安心したのだろうか。

「ちょうどいいや、そのまま、そっち向いてて」

そう言ってリサは、ユニフォームのシャツの裾を、一気にたくし上げた。

(なっ……)

叫び声を上げそうになるのを、リトは必死でこらえた。

窓ガラスに白いお腹が映って、それから、黒いブラジャーが目を奪う。

「ん、ん~ん……」

艶めかしい声と共に、シャツの襟が広がっていって、
二の腕が持ち上がると、腋の下があらわになった。
ひょいと頭が現れて、乱れた髪が、わさわさと揺れる。

リサは、丸めたシャツを放り投げると、
ふうっと息を吐き出して、こっちを見た。

「ハイ、ここまで~」
「へっ?」
「コーフンしたァ?」

細めた目に、弓を伏せたような眉、ニ~ッと笑っている口元――――
自分のペースに引き込んだと見るや、すぐにリベンジとは、天晴れである。

リトは真っ赤になって、席を蹴立てるように立ち上がった。

「トイレ?」
「バカ! オレは帰るよ!」

そう叫んで、カバンをひっつかむ。
リサを見ないようにして、荒々しく足を踏み出す。
踏み出した先に、リサのスポーツ・バッグがあった。



ガタ――――ン!!

一瞬、何が起こったのかわからなかった。
目の前の景色が、ガラリと変転する。

机の天板を額縁のようにして、ふわあっと広がった髪。
大きく見ひらかれた目、細い首すじ、むきだしの華奢な肩。
黒いブラジャーのふくらみの上に、自分の手が乗っていた。

――――柔らかい。

柔らかいと言えば、こっちの脚がもつれたままのところに、
からむように押しつけられた脚も、信じられないほど柔らかい。

香水と、汗の匂いが混じり合って、むせ返るような空気。

二人は身じろぎもせずにいた。
遠く、チャイムが鳴り出す。

キーン…… コーン…… カーン…… コーン……

「……結城?」

たぶん、リトの目つきが尋常ではなかったのだろう。
リサの声は、かすかに震えていた。

リトの手が、ぎゅっと縮むように、リサの胸に食い入る。

「痛ッ!」

ブラジャーの肩紐がねじれて、浮き上がる。
リトは、その白い肩へ覆い被さっていった。

「キャッ!」

咬みつくように唇を寄せると、しっとりと汗ばんでいる。

――――しょっぱい。

「私に八つ当たりしないでよ!」



その言葉で、リトはハッと我に返った。
一瞬、腰が引ける。
リサはパッと持ち上げるように、リトの身体を横に払いのけると、
机の反対側に、転がり落ちるようにして逃れた。

なるほど、力自慢のスポーツ・ウーマンである。

向こう側で、机から落ちかかっているリト。
こっち側で、椅子に身を預けるようにして、ひざまずいているリサ。
二人とも激しく息を弾ませて、ものを言わなかった。

やがて、リサはふらふらと立ち上がり、ずれたブラジャーを直した。
屈み込んで、シャツを拾い上げると、手早く着込む。

「あのサ、結城ィ……」
「えっ、な、なに?」
「そーとー溜まってんねェ」

リサは乾いた笑い声を立ててから、ふいに生真面目な表情を浮かべて、
ぐっと覗き込むようにして、リトの目を見つめた。

「そんな扱い、私だってショックだな~」

そう言って身を屈めると、リトの踏んづけたスポーツ・バッグを拾う。

「あ、いや、籾岡、オレは……」

ヒュッ、と喉元にラケットを突きつけられて、リトは黙った。

「私、帰るから、悪いけど自分で処理して」
「しょ、処理って……」
「もしくは、家に帰ってララちぃに頼めば?」
「バ、バカ!」

ウヒョヒョ、と笑って去っていくリサは、いつものリサのようであった。
遠ざかる足音も消えて、ふと気づけば、窓の外は闇に沈んでいた。



次の朝、リトとララは、いつものように学校の門をくぐった。

「どーしたの、リト、元気ないね」
「いや、そんなことないって……」
「そお?」

ララは、いまいち納得がいかない様子で、首をかしげている。
実際、リトの目の下には、ひどい隈ができているのであった。

ホールの下駄箱の前で、籾岡里紗と沢田未央が追いついてきた。

「あっ、リサミオだ、おっはよー!」
「ヤッホー、ララちぃ!」
「ん~、ララちぃ、今朝もノーブラですか~?」

さっそくララの胸を揉みにかかる、リサミオであった。

「きゃっ、あはは、くすぐったいよぉ!」

ララの嬌声と、ミオのはしゃぎ声にまぎれて、リサの小声が飛んでくる。

(結城ィ、隈なんか作っちゃって、昨夜はお盛んだったようだねェ)
(バ、バカ、何言ってんだ、何もしてないよ、オレは!)
(てゆーか、あんた今、私の顔見て、逃げようとしませんでしたァ?)
(うっ!)
(根性ナシ!)

ミオが、気配に感づいたのか、こっちを覗き込んでくる。

「リサ、結城と何話してんの?」
「ナイショ!」
「うひょー、アヤシイなー」
「私と結城が? 冗談でしょ!」

リサミオとララは、じゃれあったまま、転がるように廊下を歩いていった。
ひとり残されたリトは、ふうっと息を吐き出して、それから、微笑んだ。

いつもと変わらない、平穏な日常――――

リトは、ララたちの後を追うように、ゆっくりと廊下を歩き出した。

ところで、リトは気づかなかったけれども、ひとつ、いつもと違った点があった。
それは、リサの制服の胸元に、ちゃんとリボンが結ばれていたということである。

秋の空に、始業のチャイムが鳴った。

キーン―――― コーン―――― カーン―――― コーン――――