※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―――ホーホケキョッ

朝目覚めると、鶯(うぐいす)の鳴き声が聞こえた。
重いまぶたを手で擦り、ゆっくりと窓の方に顔を向ける。
外はまだ小鳥のさえずりしか聞こえず、人はたまに自転車か車で通り抜けるだけ。

時折欠伸をしながら、窓越しから来る春の風を体一身に受けた。とても清清しく心地よかった。
そんな静寂の景色と良い気分にしばらく浸っていたら、シーツに包まっていた少女がモゾモゾと動き出した。

「…ん…んっ~……ふぁ?リト…」

寝起きの彼女はとても新鮮で、とても可愛かった。
何より、自我がない時に俺の名前を呼んでくれたコトが嬉しい。
そしてすごく…愛おしい…。

「ん~~っ!おはよ♪リト」

いつもの元気な声。
朝は大抵気分が乗らない俺なんかには到底できない。
でも、彼女の声や顔、彼女の存在があると不思議と笑みがこぼれる。
今日は最初から気分が良かったから尚更笑顔になれた。

「ん?リト、何か良いコトあった?」

彼女も気づいてくれたようだ。
というより「彼女はまた気づいてくれたようだ」に訂正した方が良いかもしれない。
彼女…もとい、ララは決まって俺の微に気づく。
他人には気づかれないと思ったのに、風邪を引いているコトがばれたり。
些細な悩みで心配は掛けたくないと平然としていたら、やっぱり気づかれたり。
ララはとにかく俺に敏感だった。

「あは♪リトが元気だと…甘えたくなるなぁ~」

そう言うとララは俺に抱きついてきた。
いつもの抱きつきとは違い、俺に乗っかかる程度。
それは決まってララの甘えでもあり、求愛でもある仕草。
俺も抵抗はしない。

「…ん。…リトぉ…」

耳元で優しく囁かれ、尚且つ、甘美のこもった吐息が俺をくすぐる。
普段はそんなにされない事だから、意表を突かれ、少しだけ悔しさを感じた。
でもそれが返って俺を奮起させた――。

「ふぇ?…何?」



俺はララの名前を呼んだ。
そして見つめた。
ララの目はとても綺麗で瞳は汚れなき宝石のように輝いていた。
と言うのは言い過ぎかもしれないが(レンみたいだし)、でもそれでも、俺は見惚れていた。
―――その後、俺とララは自然と抱き合っていた。

「…えへへ。リト、大好き…」

ララは俺にそんな愛の捨て台詞を言う時、必ず顔を下に向けるか、うずめるか、そうする。
告白された時は真っ直ぐに俺を見て言ってくれたが、今となっては上記のようになる。
当時は今までのララとはギャップがあり、少しばかり戸惑っていたが、最近はそんな事にはならず、逆に可愛いと思うようになっていた。
…正直ララは「美」が五つぐらいつく程の可愛さを持ってる。
クラスの皆や結婚願望のある宇宙人がララを慕うのも、理解できる。
付き合うちょっと前までは意識しなかったが、こんなに可愛くて、優しくて、俺を一途に思ってくれている。
そう思うと、俺は世界一…否、宇宙一、幸せなんだなぁとこれほどない良感賞に酔っていた。

「だ~いすき。リト。ずーっと…」

その言葉が、ちょっと前の俺の奮起を思い出させてくれた。
俺は酔いから冷め、ララに顔を近づける。
徐々に近づける内に、ララは瞼を閉じてその行為を受諾した。
そしてララの豊潤かつ繊細な唇を――奪った。

「ん………ん―――」

キス。
それをするといつも感覚が麻痺して、変な空間に行ってるような感じがする。宙に浮いてる感じもする。
でもその感覚が良くて、ずっと離したくなくなる。
それに追い討ちをかけるように、風が流れ込んできて、ララの髪を揺さ振る。
当然俺にその髪の香りは漂ってきた。
レモンのような、けれども、すっぱさは差ほど感じない。
それとラベンダーの香りが合い混じってとても癒される。
女性らしい、甘くて優しくて心地よい上品な香りだった―――――。

「―――――――…っん。………リト…」

長い至福の時間は自然と終わり、互いに酔いしれた顔を見つめ合う行為に移った。
…やっぱりララは可愛い。
可愛すぎて、もっとララを愛したくなる。
…でも今は朝。それに昨日体を何回も重ねたワケで、ララには相当な負担が掛かっている。
ララは優しいから、俺が頼めば喜んで「うんっ」と言うだろう。
…俺は我慢して、ララの髪を撫でた。

「…ぁ。えへへ。……ありがと……リト…」

ララは目を閉じた。
そして俺の胸の中にうずくまり、やがて寝息を立てていた。
俺は傍で甘える愛しい彼女の名前を呼んだ。
彼女はそれに無意識で反応する。それを見ただけで、俺は十二分に満足した。

   ―――そんな何でも無い毎日が…俺にとっての最高の幸せ――――