※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―バーン!ババーン!!
夏の空を彩る風物詩、祭りの定番、花火。
それが始まる前は、美柑と仲良く他愛も無い話をしていた俺。
でも、花火の音が聞こえたら、俺はそちらの方に目がいってしまった。
美柑はわざとらしい笑い声を発すると、目を花火に向ける。
…今年の花火はとにかく新鮮だった。

「…リトってほんと花火好きだよね~」

綿菓子を食べながら呟く美柑。
全体的に色は黄色で、所々に赤と青の点々が付いている美柑の浴衣。
そしてその浴衣は祭りが始まる前に、二人で購入した物だ。
と言っても、殆どは俺が決めたような感じだが。
…浴衣を着た美柑を初見で見た時は、兄の立場から見ても、とても似合っていて…それでいて凄く――

「…ん?何?…あ、もしかして…これ欲しいの?…別にいいけど――」

そう言いながら俺の膝の上にちょこんと居座る我が妹。
美柑は俺に体重を預けるように寄っかかってきて、綿菓子を上げてきた。
…一緒に食べよう…と言う事なのだろうか。

「……で、さっきの話の続きなんだケドさ」

藪から棒だった。
美柑は花火が始まる前の話の続きを所望。
俺は口の中にある綿菓子を急いで食べ、一度だけ深呼吸をした。
確か、学校のコトについてだったような…。

「さっき言ったじゃん、私。…なんかいろいろプレゼントされるって」

美柑は学校で何かと(殆ど男子)貰い物が多いらしい。
まぁ旅行帰りのお土産とか、要らなくなった物なら分かる。
だが美柑の話によると、それは好意的な物が殆どで、少しばかり迷惑しているようだ。

「でさ…。こうゆうコト兄のあんたに話すのもどうかと思うんだケド…。
…私…結構…告られるんだよ…ね。昨日は2回されたし――…驚いた?」

…驚かない。驚くワケがない。
理解できるからだ。
前に来た美柑の担任、新田先生の話からも想像できる美柑の学校生活。
真面目でいて、しっかり者で、信頼されてて、頭もいい…。
それに何より、兄の立場からみても…美柑は―――

「…?…ぷっ。アハハ。やっぱ今日のリト変だよ」

振り向きざまに悪戯っぽく笑われた。
…でもその笑顔は俺の目に焼きつき、心に響く。
まだ小学生なのに、妙に大人っぽい。



「……断ったよ。全部……ん?安心した?」

花火に照らされる美柑の顔。
清清しい顔…若干震える手…俺に乗っかかる繊細な体…。

「ははっ。大丈夫だよ。…だって私には、どうしようもないくらいのバカ兄がいるから…。ね?」

美柑の赤みがかった顔。振り向きざまに、そう言われた。
俺はお返しにただ、笑ってみる。
美柑はムスっとした表情に変わり、「○○リト」と、何度も照れ隠しの中身の無い罵倒をしてきた。
俺はお詫びに、自分を慕ってくれる大切な…何より…愛しい妹を、抱え込むように抱きしめた。

「っ!…な、な…は、ハァ?ちょっ、ヤダ、リト離してよっ」

暖かく柔らかい感触。―可愛い…。可愛いすぎる…。
言葉ではあぁ言っても、嫌がる素振りがない。むしろ…安心してる。
そういった行為が凄く俺に愛情を沸かす。
美柑は俺の回した両腕を握り締め、「リト」と、一度だけ本当に小さな声で呟いた。

「…苦しいよ…」
その言葉に俺はすぐに腕の力を抜こうとしたが、美柑の手がそれを拒否する。
そして暫くして、美柑の目が潤いだした。

        ―…どうして…兄妹なの…―
そう…聞こえた…。美柑の声にならない悲痛な想い。我慢していた想い。

        ―…もっと…もっと甘えたいよ…。もっとリトと一緒にいたいよ…。ずっとリト…と…―
「―――…こうして、いたい…よ」

感情が崩れ、涙を流す美柑。
…やはりまだ小学生なのだと、俺は美柑の涙を拭きながら微笑ましくも、感じた。
俺は片腕を離して、美柑の髪を撫でた。サラサラで、しなやか。
…美柑は気持ちよさそうに体をもぞもぞさせる。

「……ぅ…。やっぱり…優しい…。優しいから……優しすぎるから……いけないんだよ――――」

俺はもう一度美柑をギュッと強く抱きしめる。
一瞬体を震わせた美柑だが、すぐに子猫のような溜息を吐いた。“安心”と精一杯の“甘え”なのだろう。

――花火が終わる。それは祭りの幕閉めに等しい。
俺達は、その後想いを伝え合った。美柑はまた泣きはじめた。
そして泣きじゃくる、愛する妹の小さなか弱い手を握りながら、優しくゆっくりと唇を重ねる。
柔らかくて、とても甘いキス。終わっても、またすぐに再開されるキス。何より、…愛ある深いキス。

「……リト………………好き…だから……大好きだから………ずっと……傍に……――」

美柑の二度目の告白。勿論俺は何回目かの満面の笑みを見せた。
そして俺は眠る恋人のすぐ傍で、これからくる色々な困難や障害から絶対に美柑を守ると…絶対に幸せにすると…
                絶対に…傍にいる…  と強く誓った――。