※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「やっとできた!」
 額の汗を拭い、ララは出来たばかりの発明品を見下ろす。
 それはかわいらしいピンク色のポットのように見える。
 だがもちろん湯を沸かすためのものではない。
 ララはそれを抱えて駆け出した。
「きっとリト、よろこぶよね」
 服に変身しているペケに呼びかけたが、ため息しか返ってこなかった。

 部屋に入るとリトはベッドに寝転んで本を読んでいた。
「リト、プレゼントもってきたよ」
 ララはそばに駆け寄って、持っているポットを見せた。
「ポット?」
 リトは身体を起こしてララが抱えているそれを見た。「台所にあるやつ……とは違うような」
「うん、違うよ。私の発明品」
 その言葉を聞いたリトが顔色をなくした。
「またなんか変なものじゃねーの?」
「いい物だよ。リトのために作ったんだ。さ、これ飲んで」
 と、ララがポットのてっぺんを押した。
 どこから取り出したのか、マグカップにお湯をそそいでいる。
「やっぱりポットじゃねえか」
「はい、飲んで」
 ララは湯気のたつマグカップをリトに渡す。
 しぶしぶとリトは受け取って口をつけた。
「……甘い」
 一口飲んでリトは驚いた声を出した。「甘いのにさっぱりしてて美味しい……」
「気に入った?」
 うん、とうなずいてリトはララを見上げる。「けど、これなんの紅茶?」
「こうちゃ? 違うよ。これは私が作った飲み物。地球人が飲みやすいように味付けしただけ。とある薬をね」
 ララがにっこり笑った。
「薬?」

 リトの手からマグカップが落ち、床に転がって中身がこぼれた。
 そしてリト自身もベッドに身体を横たえる。
「な……なんの……薬だよ……」
 苦しそうにあえぎながらも言った。
「リトがなかなか煮え切らないから、ちょっとした手助けになるようにって思って」
 ララは薬が効いたことに上機嫌だ。
「薬が全身に回ったら、身体も上手く動くようになるよ。それまでは私がしてあげる」
 ララはリトの身体を仰向けにし、下半身を裸にむいた。
 そして躊躇なく半端に立ち上がっていたリトのペニスを口に含んだ。
「ラ、ララ……!」
「……リト、気持ちいいところ言ってね」
「う……」
 先をちろちろと舌を使って舐め、すぐにまた深くまで咥える。
 優しく唇の輪で触れられたリトはすぐに射精してしまった。
「……んっ……ん……」
 口の中に出されたものをララは飲み込む。
 喉に絡んでしばらく咳き込むが、すぐにまたリトのペニスを咥えた。
「……もう、いいから」
 切羽詰った声にララが顔を上げると、リトは身体の自由が利くようで自ら上半身を起こしていた。
「リト、もう大丈夫なの?」
 薬の利きがいいのだろうか。
 この媚薬を地球人に使った例がないため心配だ。
 リトは無言で動く。
 体調は悪そうではない。しかし、ただよってくる雰囲気に普段とは違うものを感じた。
 腕を取られ、ララはベッドに転がされた。
 その上にリトがおおいかぶさってくる。
「リト?」
 無言のリトに呼びかけたが返事はない。
 リトはララの服に手をかけた。
 だが、それはペケが変身したもので簡単には破けない。
「あ、ちょっと待ってね」
 様子が少し変だがその気になってくれたのは嬉しい。ララはペケに命令して変身を解いた。すぐに全裸になる。
「ペケはどっか行ってて」
「しかし、ララ様……」
 何か言いたそうなペケだったがララに睨まれて、部屋から消える。
 これでやっとリトと本当にふたりきりだ、と思ったのもつかのまいきなり下半身に痛みが来た。
 リトがララの股間に手を入れ、指を膣に突き立てたのだ。
 
「やっ……! リト、それ痛い……!」
 しかしかまわずリトは指を無理やりに動かす。
「やだぁっ……!」
 ララはリトの手を退かそうとシーツの上でじたばたと抵抗するが上手く力が入らない。
 いや……リトの力が強いのだ。
 普段のリトとは比べ物にならない強さでララを押さえつけている。
 中に入っている指が増やされた。
 中指と人差し指の二本でかきまわされ、ララは言葉を失った。
「感じてきた? ララ」
 やることは乱暴でも声はいつものリトだ。
 そのことにララがほっとするのもつかの間、指が抜かれ、今度はクリトリスを親指で押された。
「んっ……」
 ぴくっとララは身体を振るわせる。
 リトの指は強く押したり優しく揉むように動き、ララのそこを刺激し続けた。
「あ……リト……もっと優しく……」
 指を突っ込まれているよりもずっと気持ちいい。だから油断していた。
 リトがララの言葉を受けてにっこり笑ったが、優しくするどころか逆に強く擦りだした。
「いたいよ……! リト、優しくしてっ……!」
 涙が浮かび、視界が歪んだ。それでもリトを見つめてララはやめて欲しいと訴える。
「こんなことすると、オレのこと嫌いになる……?」
 やることとは違い、リトの声は弱々しいものだった。
 それにはっとしてララは「ううん。大好きだよ」と反射的に答えてしまった。
「じゃ、乱暴でもいいよな」
 リトは明るくいい、ララの股間から手を退かした。
 そしてララの片足を小脇に抱え、もう一方の手で自分のペニスを扱きながらララの股間に当てる。
 先を割れ目にこすりつけるように動かした。
「あんっ……」
 ララが敏感に反応した。
 いくら乱暴でも、待ちに待ったリトとの初エッチだ。ララも興奮していた。
 リトが先を押し付けてくる。入ってくると構えたララだったが、それは期待を裏切り触れただけだった。
「リト……?」
 ララは自分の足の間にいるリトを見た。
 リトは行儀よく正座をしている。そしてララににっこりと微笑んだ。
 ララはリトの笑顔が好きだ。くったくなく、かわいらしい。
 ララも釣られて微笑んだ。
 その瞬間、下半身に圧迫感が来た。
 そして痛み。
「あ……」
 気がつくとリトのペニスはすっかり挿入されていた。
「……あったかい……」
 と、リトがほっと息をつく。
 ララは重くなったように感じる腰を動かした。リトが「ん……」と鼻にかかった声を漏らす。
「ララ……待ってよ。まだ動かないで」
「でも、リト……」
 どくどくと脈打つ下半身が、焼け付くように熱い。広げられた入り口が痛むが、それは微々たるもので、ララは疼きをどうにかしたくてたまらなかった。
 腹筋がぴくぴくと震える。そのたびに中のリトをダイレクトに感じて、ララはもうイきそうだ。
 我慢の限界だ、と思ったとき、胸に感触が。
 リトが両手でつかんだのだ。
 そのまま揉みしだき、腰を揺さぶる。
 ララの大きい胸が、リトの手によって形を変えられる。
 指をぎゅっと食い込ませて動きを止めると、リトは腰だけを前後させた。
 大きな棒に擦られてララは「あぁっ、リトっ……」とただ叫ぶしか出来ない。
 身動きできず、ひたすらリトに突かれた。
 胸を揉みながら腰を動かしていたリトだったが、手をシーツに突いて体重をかけると、激しく腰を前後させた。
 そのまま動き続け、リトはララの中で果てる。
 果てたあともしばらく腰を動かし、落ち着くと抜いた。
 ぬるり、とそれが出て行くと、追いかけるようにリトの出したものがララの膣から流れ出てくる。
 リトはそのままララの上に重なった。
 
「リト……」
 ララはリトのぬくもりが嬉しく、その身体を抱きしめる。
 これでやっと本物の恋人同士になれた。
 リトがなかなかエッチまで踏み切ってくれなくて、寂しい思いをしてきたけど、これからはきっと頻繁にしてくれるはず……。
「ねえ、リト。明日もしてね?」
 さっそくおねだりをしてみたが、リトの返事はない。
「リト? 疲れて寝ちゃったの?」
 ララはそっとリトを隣に寝かせた。リトはすやすやと寝息を立てていた。
 まだ話をしたかったけど、仕方ない。
「……おやすみ、リト」 
 ララはリトの頬にキスをして、自分の部屋に帰った。

 朝になれば目覚めているだろう──そう思いララは翌朝リトの部屋を訪ねた。
 だがリトは目覚めていない。
 昨夜のまま素っ裸で寝ている。
「リト?」
 ララは突いたり揺さぶったり叩いたりして起こそうとした。
 それでも起きない。
「どうやらララ様、これが副作用のようですね」
 と、ペケが言った。
「これが?」
「無理やり性欲を強めたんですから、かなり体力を消耗したはずです。デビルーク人ならすぐに回復可能ですが、人間には強すぎたようですね」
「そんなあ……」
 淡白なリトをその気にさせようと薬を飲ますたびにこんな状態になってしまうというのか。エッチのあとにほのぼのと話をするのが好きなララはがっくりと肩を落とした。
「ララ様、これに懲りたら無理強いはせずに──」
 というペケの声をさえぎって、ララは叫ぶ。
「よし! 薬を改良して、やったあとも元気になるようにする! 今日はリトも休むだろうから、私も学校行かないで実験しようっと!」
「ララさま……」
 ため息をつくペケをよそに、ララは軽い足取りで自分のラボへと戻るのだった。

おしまい!