トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界観

「タイトル未定」



内容

この世界に迷い込んだ人達が、何とかして元の世界へ帰る話。

道に迷ったり、電車を乗り過ごしたり。
誰かを傷付けたり、―時には殺してしまったり。


「人は、無意識に何かを間違え、それを間違いだとは気付かずにいる。
  そしてその誤差は、世界が歪むには十分なひずみとなってもう一つの世界に具現化する」