「豊津国」の設定世界観 > 国家行政制度


原則

  • 豊津国は立憲君主制・民主主義を取り、首長は内閣総理大臣である。

国会(立法)

  • 議会は二院制であり、任期4年・全席改選の国民院と任期6年・半席改選の貴族院に分かれる。

内閣(行政)

中央省庁

  • 現行は以下の省庁がある。現在は日本の行政機関をもとにしているが、いずれ再編する。
内閣官房 宮内庁
内閣法制局
国家安全保障会議
人事院
公正取引委員会
警察庁
特定個人情報保護委員会
総務省
法務省
国防総省 陸軍
海軍
空軍
サイバー軍
宇宙開発庁
外務省
財務省 災害復興庁
金融庁
文部科学省 スポーツ総合庁
教育庁
厚生労働省 消費者庁
農林水産省
経済産業省
国土交通省 道路庁
鉄道庁
環境省 エネルギー庁

裁判所(司法)

  • 裁判は三審制を基にする。
    • 最高裁(首都)・高等裁判所(各地方に1個)・地方裁判所(各県に1個)がベース。必要に応じて簡易裁判所、家庭裁判所等を用いる。