「豊津国」の設定世界観 > 資源・産業総論


資源

エネルギー資源

  • 豊津国に埋蔵量の多い資源はかつては金や銀などと言った貴金属だったが、現在は全盛期に比べると発掘量が減少している。
  • 石炭はまだ豊富にあるが、主流である石油はほとんど採掘されない。その為石油はほぼ99%を輸入に頼っている。
  • その他、採掘量の多い鉱石は石灰石、硫黄など。

電力

  • 主流は原子力発電。20年前より火力・水力からウェイトを原子力に移してきたが、現在は並行して太陽光発電を筆頭とした再生可能エネルギーを用いた発電方法も試みられている。

食料自給率

  • 現在はおおよそ80パーセント程度。

産業

  • 現在の大まかな割合は第1次産業3割、第2次産業3割、第3次産業4割。
  • 失業率は近年は3~5%程度を推移。

貿易

  • 主な輸出産業は自動車である。