東京高速N6000系電車


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東京高速N6000系電車(とうきょうこうそくえぬ6000けいでんしゃ) は、2006年に登場した東京縦貫高速鉄道の通勤型車両


概要

2006年の東京高速大練線開通にあわせ、西武新宿線直通対応車として東急車輛製造で製造された。
全編成がステンレス合金製。

外観は西武6000系に似ているが、前面のライト配置などが異なる。

車内はドア上にLCDを設置、空気清浄機を搭載するなど、近年の内装技術を駆使している。

西武新宿線に直通する車両としてこの車両が多く使用されている。

なお、大練線の車両は0番台、野城線の車両は40番台、中東京線の車両は50番台を使用している。個々でやや差異が見られる。

主要諸元

N6000系

編成両数 8両
起動加速度 3.3km/h/s
営業最高速度 130km/h
設計最高速度 160km/h
減速度(通常) 4.0km/h/s
減速度(非常) 4.6km/h/s
編成定員 1,430(座席522)人
車両定員 先頭車135(座席48)人
中間車145(座席54または51)人
全長(中間車) 20,000mm
全幅 2,871mm
全高 4,117mm
軌間 1,067mm
電気方式 直流1,500V
モータ出力 165kW
主電動機 三相誘導電動機
駆動装置 WN平行カルダン駆動方式
制御装置 IGBT-VVVFインバータ制御
ブレーキ方式 HRA-R(回生併用電気指令式空気ブレーキ)
保安装置 東高ATS・THS-TASC・西武ATS

N6040系

編成両数 8両
起動加速度 3.3km/h/s
営業最高速度 130km/h
設計最高速度 160km/h
減速度(通常) 4.0km/h/s
減速度(非常) 4.6km/h/s
編成定員 1,430(座席522)人
車両定員 先頭車135(座席48)人
中間車145(座席54または51)人
全長(中間車) 20,000mm
全幅 2,871mm
全高 4,117mm
軌間 1,067mm
電気方式 直流1,500V
モータ出力 165kW
主電動機 三相誘導電動機
駆動装置 WN平行カルダン駆動方式
制御装置 IEGT-VVVFインバータ制御
ブレーキ方式 HRA-R(回生併用電気指令式空気ブレーキ)
保安装置 東高ATS・THS-TASC・東都ATS

N6050系

編成両数 10両
起動加速度 3.3km/h/s
営業最高速度 130km/h
設計最高速度 160km/h
減速度(通常) 4.0km/h/s
減速度(非常) 4.6km/h/s
編成定員 1,430(座席522)人
車両定員 先頭車135(座席48)人
中間車145(座席54または51)人
全長(中間車) 20,000mm
全幅 2,871mm
全高 4,117mm
軌間 1,067mm
電気方式 直流1,500V
モータ出力 165kW
主電動機 三相誘導電動機
駆動装置 WN平行カルダン駆動方式
制御装置 IEGT-VVVFインバータ制御
ブレーキ方式 HRA-R(回生併用電気指令式空気ブレーキ)
保安装置 東高ATS・TH-TASC・東都ATS

車両解説

外観

全編成がステンレス製。
台車はモノリンク式ボルスタレス台車を採用。
全編成がシングルアームパンタグラフを装備。(M1・M3・M5に搭載)

デザインは西武6000系副都心線直通対応車に似ている。特に側面はほとんど変わりが無い。
種別・行先表示器は第1~5編成は方向幕、その他はフルカラーLEDを使用している。

前面では、ヘッドライトが種別・行先表示器横に移動、テールライトが東急5000系に似た形に変更されている。
種別・行先表示器は側面と同様、第1~5編成は方向幕、それ以外は全てフルカラーLED。

他線に直通する場合に用いられる表示。
線内のみで運行する場合に用いられる表示。

乗務員室・運転台

T型ワンハンドルマスコンを採用。デッドマン装置が装備されている。
また、速度計を挟んで右側と左側には液晶パネルを置き、ここで様々な操作が行える。
乗降促進放送も装備。

車内設備

ドア上にLCD式車内案内表示器を2台設置し、右側では次駅案内などの情報、左側ではコマーシャルを流している。
また、全編成に自動放送装置が付いていて、日本語と英語両方の放送を行う。
弱冷房車は2号車・9号車。
また、全車両に空気清浄機を搭載している。

車椅子スペースは、2号車と9号車に設置されており、5号車と6号車も座席を畳めばスペースが確保できるため、1編成で計4箇所のスペースがある。
座席は全てバケットシートで、座り心地を重視したものに仕上がっている。
また、7人掛けの座席には、3+4に分けるスタンションポールが設置されている。
窓は車内側からの金属支持。

制御装置・ブレーキ装置・補助電源

VVVFインバータ制御。0番台はIGBT素子を使用、それ以外はIEGTを使用。
ブレーキは回生併用電気指令式空気ブレーキ。常用7段と非常の計8段階。
TASCによるきめ細かな制動が求められるため、アナログ指令式(28段)が用いられている。
補助電源はSIV(静止型インバータ)を使用。


運用範囲

2006年の大練線開業と同時に全線(大宮~上石神井間)と西武鉄道に直通用として20編成が運用を開始。(N6101F~N6120F)
また、その直後の中東京線開通時にも30編成が投入された。(N6151F~N6180F)
野城線には8両編成の40番台が投入されている。

有料の特急列車以外の全ての種別で運行される。

  • 大練線:全線(大宮~上石神井間)
  • 中東京線:全線(赤羽~横浜間)
  • 西武新宿線:上石神井~小平間
  • 西武拝島線:全線(小平~拝島間)
  • 東都急行彩多摩斜行線:赤羽~春日部間
  • 東都急行本線:横浜~東都横須賀間
  • 東都急行房総新宿ライン:新線中野~海浜幕張間
  • 東都急行常磐新宿ライン:新線中野~東都松戸間

配置

  • 大練線:N6101F~N6130F(0番台全編成)
  • 野城線:N6141F~N6149F(40番台全編成)
  • 中東京線:N6151F~N6190F(50番台全編成)

異常発生時の動作

  • デッドマン
ATS電源が投入された状態で主ハンドルB4以下にし、デッドマンレバーを離すと、約3秒の時素で非常ブレーキが動作する。
主ハンドルB4位置以上で自動緩解。

  • VVVF故障(OCR動作等)
 ○1回目:ノッチオフで自動リセット
 ○2回目:発生したと同時に自動で群開放し、以後車両係員が床下でリセット操作しない限りその群はVVVF装置不動となる。

  • ブレーキ系故障(BC不緩解等)
 ○不緩解:主ハンドルN位置で3秒以内にBC圧力が40kPa以下に降下しない場合、運転台モニタに不緩解表示を行う。
       モニタ操作で、遠隔制御により1台車ごとのBC強制開放が可能。
 ○不 足:主ハンドルB5位置以上で各ステップにおけるブレーキ力が得られていないとブレーキ制御装置が判断した場合、その台車に対し保安ブレーキを動作させる。

  • パンタ制御
セクション内停止、飛来物等によりパンタを個別制御する場合は、運転台モニタ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。