東高キャリッジ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

株式会社東高キャリッジ(かぶしきがいしゃとうこうきゃりっじ 英称:Toko Carriage Co., Ltd.) は、1990年の東京縦貫高速鉄道設立と共に設立された、車両整備・製造会社である。
コーポレートカラーは ブルーグリーン
東高ホールディングスの子会社。


会社概要

社名 株式会社東高キャリッジ
英文社名 Toko Carriage Co.,Ltd.
本社所在地 埼玉県所沢市
電話番号
設立 1990年8月10日
業種
事業内容 鉄道車輛製造及び検修
代表者 取締役社長 朝倉修史
資本金 X億円
売上高
決算期 3月31日
従業員数
コーポレートカラー ブルーグリーン
主要株主 東京縦貫高速鉄道(株)・大都市輸送ネットワーク加盟各社


概要

東高グループの会社で、東京縦貫高速鉄道の子会社である。
東京高速線の車両整備を目的に設立されたが、大都市輸送ネットワーク内において早くから共通設計車体の開発を目指すことが決定付けられていて、施設計画の変更が容易だった東高キャリッジにこの車両製造設備を備えることが決定。各社からの融資を受けて現在の体制を確立した。
本格的な車両製造は、N6000系の製造(東急車輛との共同開発)から。
安全性・耐久性・快適性などを徹底的に追及し、車両製造会社の一角を担う。

車両整備は、洗車から全般点検まで、全ての整備を行う事が出来るようになっている。
重要部検査、全般検査等も同社で行われる。
検査車両は上石神井駅から西武新宿線を経由して自走回送される。(返却時も同様。)

沿革

1990年8月 東京縦貫高速鉄道設立と共に東高キャリッジ設立
2007年9月 N6000系の自社製造車両、E233系8000番台が営業運転開始
2008年12月 M6000系の自社製造車両が営業運転開始

製造された車輌

南関東鉄道M6000系(M6101F~M6117F  M6118F以降は東急車輛にて製造)
東都急行E233系8000番台(全編成)
東京高速N6000系(一部)

改造された車輌

N2000系(一部西武新2000系より改造)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。