THS SIMS


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

THS SIMS(Tokyo High Speed Service Information Management System 東京高速運行情報管理システム)は、東京縦貫高速鉄道で2006年6月から(開業時から)使用されている運行管理システムのことである。


概要

信号・転てつ器の自動制御を中心とした運行管理の一元化を図るべく、西武鉄道やJRの運行管理システムの流れを汲んで設計されている。

管理区間

大練線
中東京線
野城線


特徴

大練線と中東京線・野城線に系統を分け、片方がダウンしてももう一方には影響が出ないようになっている。
ただし、電源二重化などを図っている関係上、ダウンする可能性は低い。

機能

旅客一斉放送

事故発生時等、全駅構内に一斉に放送を流す機能。

東高バス運行連動機能

各駅の終バス接続情報を予め設定しておき、接続列車が遅れる等の時に東高バスの営業所への指令を自動的に行うもの。
終バスの発車待ち、終車後の臨時便運転などは各営業所に一任されている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。