東京高速N901系検測電車


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東京高速N901系検測電車(とうきょうこうそくえぬ901けいけんそくでんしゃ) は、2006年に登場した東京縦貫高速鉄道の総合検測車両。

小田急電鉄のクヤ31形検測電車から技術を活用し、架線と軌道の検測を1両に集約した。


概要

検測を行う車両を導入するに当たり、路線長を考慮して高速で的確に作業を行うことが出来る電車を求めていた。
そこで小田急電鉄のクヤ31形検測電車を参考に、この電車が製造された。

なお、検測を行うクヤN901は動力を持たないため、N6000系3両が後につながった4両編成が基本となる。

車両解説

外観

同社のN6000系をモチーフにした。
ドアは両側1枚ずつのみ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。