神奈川鉄道三浦線


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


概要

路線名 神奈川鉄道三浦線
電圧 直流1500V
軌間・路線 1435mm・全線単線
キロ程 6.0km
有効ホーム長 全駅最大8両まで


神奈川鉄道三浦線は、かつて京浜急行が計画していた三崎口~油壺の路線を実現させたものである。
既にこの路線の免許は失効となっていたが、免許の再認可を受け、周辺住民への「おだやかな交渉」を行い開業させた。

ルート

京急三崎口駅から南へ進み、初声三戸駅に着く、その後小網代湾を囲むように走り、油壺駅に到着する。
更に南に走り、三崎港の近くで三崎駅。そこから橋を渡り、対岸にある城ヶ島駅が終点となる。

車両

この路線には、神奈川鉄道の車両は1両もいない。
全て京浜急行の車両で運行されていて、乗務員は神奈川鉄道の職員で運営する。
この路線は快特(一部特急)しか直通しない。つまり「三崎口行き快特(一部特急)の本数=三浦線の本数」のため、2100形や新1000形、600形(いずれも京浜急行の形式)で運行される。

駅一覧

駅名 特急 快特 接続路線 構造
城ヶ島 東海道湾岸鉄道湾岸線 頭端式2面3線
三崎 東海道湾岸鉄道湾岸線 相対式2面2線
油壺 東海道湾岸鉄道湾岸線 島式2面2線
初声三戸 単式1面1線
三崎口 京急久里浜線 相対式2面2線



















関連項目

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。