高速索道3号線


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


概要

湘南高速索道3号線とは


3号線は、湘南高速索道の1路線であり、2004年に鎌倉まで、2006年に横須賀まで全線開業した。
元々鎌倉市には湘南モノレールと横須賀線が存在し、湘南モノレールは深沢・西鎌倉、横須賀線は北鎌倉・鎌倉と、住宅街および繁華街が存在し、それぞれに交通機関が整備されているが、その2つを結ぶ交通機関が江ノ島電鉄しか存在しないことと、人が多く住む深沢地域から鎌倉市街へ一本で結ぶものがバスのみであり、その道路が狭く、渋滞が多発していることから、この路線の計画が上がった。
2001年に建設が始まり、2004年には鎌倉まで開通した。
建設途中の2002年からは横須賀までの延伸路線を横須賀側から敷設を開始し、2006年に鎌倉まで完成・開通した。


ルート


起点は湘南モノレールの湘南深沢駅である。
そこから東へと県道32号線の上をしばらく通り、八雲神社前交差点の少し手前から鎌倉駅方面へとルートを変える。
そして中間点である佐助付近から線路は(景観保護の関係で)地下へと延び鎌倉駅に到着する。
鎌倉からは若宮大路に対して斜めに走り、雪の下を経て明王院をポイントに北へルートを延ばし、鎌倉霊園の西側から地上に出る。
その後、横浜霊園の南からカーブし、釜利谷の住宅街から南へ朝比奈を通過する。
京急六浦を過ぎ、追浜、湘南鷹取の住宅街を抜け、京急田浦・JR田浦/横須賀・横須賀中央と抜ける。



乗り入れ

湘南モノレールとの相互乗り入れ

湘南モノレールとは、湘南深沢を境に相互乗り入れを実施している。
具体的には、湘南高速索道の車両は深沢から江ノ島まで乗り入れ、そこから高速索道1号線に乗り入れる。
ちなみに、1号線から乗り入れた車両は途中の鎌倉までの運用となる。
湘南モノレールの車両は、大船から湘南深沢を通り、そこから高速索道3号線へと入り、鎌倉まで直通する。

その他

使用車両

湘南高速索道5000R系
湘南モノレール5000系

路線色

基本的に湘南高速索道の標準色に即しているが、湘南モノレールの乗り入れ車は、赤とオレンジのストライプ塗装が施された車両が運用に就いている。


停車駅・種別

各駅停車と急行※が存在する
※急行は、湘南モノレール大船駅発の列車には「暦(こよみ)」1号線茅ヶ崎、江ノ島、湘南モノレール湘南江の島方面からの直通列車には「なぎさ」という愛称が名付けられている。


※:一部停車
#:湘南深沢は湘南モノレール線の駅だが、実質的な始発駅である。

停車駅 各停 急行
湘南深沢
梶原
八雲神社
佐助
鎌倉
雪ノ下
浄明寺
明王院
朝比奈切通
釜利谷
朝比奈
米軍前
逗子高校
湘南鷹取
京急田浦
JR田浦
長浦
JR横須賀
高速汐入
横須賀中央
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。