高速索道ゆめいずみ線


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


概要

高速索道ゆめいずみ線とは


この路線は1967年に路線休止し、2003年に廃止となったドリーム交通モノレールの跡地に懸垂式モノレールを敷設し、湘南台まで延伸した路線である。

元々、この路線のルート上にドリームランドへの入園客を目的として作られたドリームランドモノレールが存在したが、1967年にわずか1年で営業休止・廃線してしまった。
その後、ドリームランドモノレール線の跡地周辺に大規模な住宅開発・住宅地造成が開始されたが、住民はモノレール線廃止後のバスのみという交通環境での生活を余儀なくされていた。
また、その住宅地から直近の駅である大船駅までは、神奈川県屈指の渋滞交差点である国道1号線原宿交差点を通らなければならないため、所要時間が1時間ほどもかかってしまうことも珍しくない、所謂「交通空白地帯」と相成ってしまったのである。
その状態を横浜市や神奈川県が改善しようと計画を進めている中、その構想路線に湘南高速索道が参入し、2004年に開業した。

ちなみにその工事途中、トンネルが必要な部分がいくつかあったが、元々存在していたモノレール線のトンネルが比較的丈夫であったため、細かい改修工事のみで対応することが出来た。


乗り入れ

湘南モノレールとの相互乗り入れ

湘南モノレールとの乗り入れを行って欲しいという声がしばしば聞こえるが、これは事実上困難であるという見解が強い。
これを実現させるには、長いJRの線路群を通り抜けなければならない、また、駅の配置が双方とも乗り入れに適した場所ではないため、直通を果たすとしたら両駅とも大規模な改修が必要である。

その他

使用車両

湘南高速索道5000S系
車両はすべて5000S系で統一されている。
最高速度は5000R系より15km/h落とされた75km/hだが、モーターの出力自体は変わっていない。
これは100‰を超える勾配を超えるためにギア比を変えたため生じたものである。
車両のデザインはR系を基本としながら、窓拡大、ブラックフェイス化などの影響でかなり印象が異なる。
また、扉も両開きとなり、床面高さがR系と比べ5mmほど低くなった。
座席配置はドア間2ボックスで、その他の部分はロングシートの沿線の人口に合わせたセミクロスシート配置となっている。

停車駅・種別

全線単線であり、種別は各停だけである
行き違い設備 折り返し設備 所要時間(大船から) 運賃(大船から)
大船 無し 有り - ---
小雀 無し 無し 5 170
湘南原宿 有り 無し 7 190
俣野 無し 有り(車庫へ) 9 190
横浜薬科大(ドリームランド) 有り 有り 10 200
ドリームハイツ 有り 有り 12 200
下和泉 無し 無し 14 230
亀井野 有り 無し 16 230
湘南台 有り 有り 18 250
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル