東都急行本線


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東都急行本線(とうときゅうこうほんせん) は 茨城県の新鹿島駅と、神奈川県横須賀市の東都横須賀駅を結ぶ首都圏東都急行鉄道の鉄道路線である。


路線概要

  • 路線距離 **km
  • 軌間 1067mm(狭軌)
  • 駅数 31駅(起終点含む)
  • 電化区間 直流1500V
  • 路線形態 全線複線
  • 最高速度 新鹿島~西船橋 (エアポート特快)140km/h 西船橋~東都横須賀 130km/h
  • 保安装置 ATS‐P

歴史

この路線の計画段階時は、彩多摩斜行線からの乗客を新上野駅から東京・横浜方面に輸送するための路線とされていた。
そして開業時、上横高速線として新上野~東都横須賀が開通した。
その後新東京国際空港(現成田国際空港)が開港したにともない、あらたな顧客獲得のため成田空港を経由し鹿島まで乗り入れた。

また開業時から神奈川鉄道や京急、JRとライバル関係にある。
特に神奈川鉄道とは一昔前までは、かなりの対立関係にあったようだ。(現在は解消している。)

路線の特徴

この路線の特徴はまず成田空港に乗り入れ、横浜方面まで貫通するということであろう。
また横浜・品川・東京・上野などの都心を通るということも挙げられる。

正月や長期連休時は成田空港方面の臨時ダイヤが組まれる。また鹿島アントラーズのホームゲームが開催される際にも
臨時ダイヤが組まれる。


所要時間

現在の所要時間(列車により変動あり)

列車種別

  • エアポート特快(特別快速)
エアポート特快は早朝から深夜までの中~長距離輸送を担っている。但し、ラッシュ時は運行されない。
日中は10~15分間隔で運行されている

  • 快速急行
エアポート特快の補助的種別。
日中はほとんど運行されず、ラッシュ時に多く運行されている。

  • 快速
主に近距離から中距離の速達輸送を担っている。

  • 普通
各駅停車。全線を通して運行されるものは無く、主に西船橋止まりが多い。


留置線・折り返し設備

車両の整備、検査は東京高速などに依頼しているため存在しない。

※ここでいう折り返し設備は両渡りクロスポイントを有していて、
留置線がなくとも折り返せる所を記述する。(留置線が存在し、折り返せる所はカッコ付きで記述)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。