ロゼ、アンジェリカ - シナリオログ(黒の空間)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


▼ ロゼ、アンジェリカ - シナリオログ(黒の空間)

プレイキャラクター:ロゼ、アンジェリカ(テストプレイ用)
プレイヤー:千穂、成樹 笹
GM:三国 まきな
プレイ日:2016/02/14
※一部システム改変前の情報が含まれます。


GM:それでは、インラズTRPGシステムデバッグ用テストプレイシナリオ「黒の空間」を始めます
GM:よろしくお願いします!
ロゼ:よろしくお願いします!
アンジェリカ:よろしくお願いします!

GM:見渡す限りの、黒の空間。

GM:ロゼさん。
GM:君は、その何もない空間の中で一人、横たわっていた。
GM:確か昨日は……普通に眠りについた筈だ。
GM:君はそんなことを思い返しながら、何もないその場所に一人ゆっくりと思考を巡らせる。
GM:しかし不思議な事に、全裸で寝る習慣がある君は…ちゃんと服を着ている。
GM:それならきっと、これは夢の中なのだろう。君はそう理解した様だ。

ロゼ:「ふむ」 自分の身なりを確認する。 「まあ問題はあるまい、……夢なんて久しぶりに見るな」 
ロゼ:「誰かいないのか?」 と周りに呼びかけてみます。

GM:では、呼びかけようと君が立ち上がりかけたその時だ。
GM:…… チャリン
GM:手元で、軽い金属音が鳴った。
GM:そこをよくよく見てみれば、ドーム型のキーホルダーがついた鍵が落ちていた。

ロゼ:「? なんだこれは」 拾い上げてしげしげ眺める。

GM:鍵を拾うと、チャリン、再び金属音。
GM:見覚えない鍵の筈だが、どこか、妙に心惹かれてしまう。

GM:君はその鍵を大事にしまう事にした。
GM: 
GM:ごめん
GM:間違えたんだ…
GM:しまってもいいよ
ロゼ:>>>決定事項<<<
アンジェリカ:ここカット!!
GM:しまわないようだったらスキル「確認」どうぞ……目標値は「5」です

ロゼ:「へえ・・・なかなかいい趣味じゃないか、気に入った」 にやりと笑みを浮かべて目の前で揺らしてみる。
ロゼ:僕はその鍵を大事にしまうことにした。

GM:wwwwwwwwwwwwwwwwwww
GM:そう、GMの間違い?そんなことはなかったんだ。君は、その鍵を大事にしまう事にした。

GM:そうしてしまい込んだその時だ。遠くから駆け寄ってくる足音が聞こえる。
ロゼ:「・・・ん?」 そちらのほうを向きます。必要なら確認で
GM:はい、では確認は不要です。
GM:黒の空間の中パタパタと駆け寄ってくる、美しい白と薄紫の乙女が、そこにはあった。
GM:その姿は君も良く知る女性……愛しの人、アンジェリカだ。

ロゼ:「やあ、アンジェリカ。君か」 夢でまで会えるなんてとこぼしつつ、抱擁で迎えよう。 

GM:両手を広げ抱擁しようとした君は、アンジェリカの奥にもう一つの影を見つける。
GM:少し焦っている様子の彼女はどうやら、その何かに追われているようだ。

アンジェリカ:「ロゼ様……!」

ロゼ:抱擁する手を離して、アンジェリカの瞳を見つめてふっと笑い、首をかしげる。

アンジェリカ:「逃げてくださいませ、後ろから……!」
ロゼ:「無粋な輩が君を困らせていたようだね」
ロゼ:「下がって」

アンジェリカ:ロゼさんのところまで来たアンジェリカはロゼさんに庇われて背後に回ります。
GM:では、君たちが改めて追って来た影を確認する。
GM:その視線の先に居たのは、君たちの様な鉱石を宿す生物…ではあるようだが、
その美しさは見る影もなく、歪にその形を肥大化させ膨れ上がり、鉱石で出来た『異形の怪物』そのものだった。
GM:おぞましくも怪しいその奇妙な存在は、新たに立ちはだかったロゼの姿を見止め、その動きを一度止める。

ロゼ:「はは、哀れなものだ」 鞭を抜きながら、笑みをこぼす。
「知ってるかい?"僕たち"宝石はね、その美しさ、芸術的価値を持ってして初めて宝石と呼べるんだ、君には・・・」
「どうやらその価値はない」
「僕の大切なひとを困らせたとなれば、尚更」 鞭を地にたたきつけ、ぱんとならす。
ロゼ:「躾が足りないね」

GM:異形の鉱石はゆっくりとその頭部を傾げ、君達二人を交互に見やる。
異形の鉱石:「キィ……」
GM:一言そう呟くと、鉱石はギラリと光り、君達のもとへと襲い掛かって行った。

GM:……というわけで、戦闘開始です!



GM:はい、それでは戦闘ですが、お二人共既にルールはご存知ですね?
アンジェリカ:はい!
ロゼ:はい!
GM:では、今回のまずターン順を決めます。
GM:アンジェリカと鉱石が同値なので1d50をお願いします。

アンジェリカ:1d50
DiceBot : (1D50) → 41
異形の鉱石:1d50 イニシアティブ
DiceBot : (1D50) → 21

アンジェリカ:シュッシュッ
GM:では、アンジェリカ→鉱石→ロゼの順になります

◆ アンジェリカのターン(1)
GM:というわけで、アンジェリカのターンです!
アンジェリカ:ロゼさんに「協力」をします。このターンは待機します!

GM:アンジェリカが「協力」を使用しました。これによってアンジェリカはこのターン協力スキルの成否判定だけ行います。
成否判定に成功した場合、次のロゼのターンで対抗判定をする時にアンジェリカが1d3のロールし、
出た値をロゼの対抗判定結果に上乗せする事が出来ます。
また、ダメージ算出する際にも再びアンジェリカが1d3ロールをし、
ロゼのダメージに上乗せする事が出来ます。

GM:というわけで、協力の成否判定を行います。目標値は8です!

アンジェリカ:2d6+2+0 協力【成否判定】「ロゼ様の力になりたい……」
DiceBot : (2D6+2+0) → 9[6,3]+2+0 → 11

GM:すごい献身的だ
GM:というわけで、君の協力は次のロゼの力となるだろう!

◆ 異形の鉱石のターン(1)
GM:鉱石のターンです。
異形の鉱石:「ギキィ…キィ!」
異形の鉱石:鉱石は君達をギラリと睨む。

異形の鉱石:choice[アンジェリカ,ロゼ]
DiceBot : (CHOICE[アンジェリカ,ロゼ]) → ロゼ

異形の鉱石:では、ロゼの方へ鉱石が突進する!
ロゼ:「彼女を狙わなかっただけ褒めてあげるよ」
ロゼ:防御(物理)宣言しまーす!
GM:はい、対抗ロールどうぞ!

異形の鉱石:2d6+1 戦う(物理)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+1) → 5[2,3]+1 → 6
ロゼ:2d6+2 防御(物理)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 5[2,3]+2 → 7

GM:では、防御成功です!
GM:ダメージ算出どうぞ!

異形の鉱石:1d3+1+0 戦う(物理)【ダメージ算出】
DiceBot : (1D3+1+0) → 3[3]+1+0 → 4
ロゼ:1d3+2+1 防御(物理)【ダメージ算出(成功時)】
DiceBot : (1D3+2+1) → 2[2]+2+1 → 5

GM:はい、それでは防御の説明をします。
GM:対抗行動で防御を選択し、対抗判定に成功した時、
ダメージ算出で(攻撃側の攻撃値)-(防御側の防御値)を計算します。これはご存知ですね?

GM:その際に防御値が、攻撃値を上回った場合、
GM:その差分が攻撃した側への反射ダメージとなります。
GM:なのでこの場合は4-5ですので、1の反射ダメージとなり
GM:鉱石は1のダメージを負います。

異形の鉱石:「キッ…!?」
異形の鉱石:HP20→19

◆ ロゼのターン(1)
GM:というわけで、ロゼのターンです。
ロゼ:「君と話し合うつもりはない」
GM:慈悲はニィ
ロゼ:ということで、ルーチェ宣言~~~
GM:はい、ではMPを減らして下さい!
ロゼ:【デュエ・ルーチェ】 消費MP:2+1 処理手順:対抗判定 → ダメージ算出
異形の鉱石:「キギィ…キィィ」鉱石は鳴きながら、鈍い光をその身に宿して身体を硬化させる。
ロゼ:MP-3
異形の鉱石:防御(複合)!
GM:というわけで、対抗判定です!
GM:アンジェリカも協力スキルの1d3をどうぞ!

アンジェリカ:1d3 俺の力を受けよ
DiceBot : (1D3) → 2
GM:では、対抗判定の結果に後から2を足して下さいね

異形の鉱石:2d6+1+1 防御(複合)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+1+1) → 7[3,4]+1+1 → 9
ロゼ:2d6+3+2 デュエ・ルーチェ【対抗判定】
DiceBot : (2D6+3+2) → 9[6,3]+3+2 → 14

GM:殺る気だ!
GM:では、ロゼと鉱石はダメージ算出、アンジェリカは1d3をどうぞ!

異形の鉱石:1d3+1+1+0 防御(複合)【ダメージ算出(失敗時これに ÷2 )】
DiceBot : (1D3+1+1+0) → 1[1]+1+1+0 → 3
ロゼ:2d6+2+1 デュエ・ルーチェ【ダメージ算出】
DiceBot : (2D6+2+1) → 11[6,5]+2+1 → 14
アンジェリカ:1d3 それに追加な
DiceBot : (1D3) → 3

GM:では、17-2で、15ダメージです!
異形の鉱石:HP19→4

◆ アンジェリカのターン(2)
GM:では、アンジェリカのターンです
アンジェリカ:攻撃(魔法)を宣言します!
異形の鉱石:身体を揺らしながら、鉱石は何とか逃げようとしている。
異形の鉱石:回避!
GM:対抗判定どうぞ!

アンジェリカ:2d6+2 戦う(魔法)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 7[2,5]+2 → 9
異形の鉱石:2d6+1 回避【対抗判定】
DiceBot : (2D6+1) → 7[1,6]+1 → 8

GM:しかし まわりこまれてしまった! にげられない!
GM:ダメージ算出どうぞ!
アンジェリカ:「お待ちくださいませ」

アンジェリカ:1d3+2+1 戦う(魔法)【ダメージ算出】 「次の鬼はこちらです」
DiceBot : (1D3+2+1) → 1[1]+2+1 → 4

異形の鉱石:脚をもつれさせた鉱石に、凝縮された魔法が放たれる。
異形の鉱石:その光は鉱石を無惨に砕けさせた。
異形の鉱石:HP4→0

GM:戦闘終了です!



GM:突如現れた異形の存在を退治した君たちは、ゆっくりと息を整え、攻撃体勢を解いた。
アンジェリカ:「すいません、ロゼ様……お怪我はありませんでしたか?」
ロゼ:「ああ、大丈夫だよアンジェリカ。君こそ平気かな」 頬に手を添え目を合わせて、くすぐるような声色でそう問おう。
アンジェリカ:「はい、ロゼ様のおかげです」添えられた手に自分の手を添えて、ホッと微笑みます。
GM:そんな会話をしていた君たちがふと、その足元を見る。
GM:すると先程戦ったのとよく似た……ごく普通の鉱石が、二つ生えている。
GM:高さにすると30センチ程だね。
アンジェリカ:アンジェリカは先ほど襲われてたからこの鉱石の正体を知っててもいいですか!
GM:はい、じゃあ閃きをどうぞ!
GM:目標値は6です。

アンジェリカ:2d6+0+0 閃き【成否判定】
DiceBot : (2D6+0+0) → 4[2,2]+0+0 → 4

GM:残念!では、君はどうやらその場面には遭遇しなかったようだ。
アンジェリカ:「綺麗な石ですね」
ロゼ:「おや」 「小さなお客さんだね」
目標値あげてもいいので、先ほどの敵が鉱石だったことに関連付けてロゼも疑っていいですか?
GM:ロゼくんは確認か閃きどうぞ 目標値は7で大丈夫です。

ロゼ:2d6+1+1 閃き【成否判定】
DiceBot : (2D6+1+1) → 5[1,4]+1+1 → 7

アンジェリカ:流石ロゼ様!
GM:流石ロゼ様!
GM:では、成功ですね。
GM:君は先程の鉱石と、脚下の鉱石が非常に似た輝きを持っていることに気が付く。
ロゼ:「! アンジェリカ、離れて」 
アンジェリカ:「?」きょとんとしながらも離れます。
ロゼ:「また動き出すかもしれないね……まったく、厄介なものだ」 ロゼも距離をとりつつ、アンジェリカにもなるべく離れるように言います
GM:二人共十分に距離を取る感じかな?
アンジェリカ:10mくらい離れようか
GM:大分離れたな!?
GM:そのまま逃げるかい?
アンジェリカ:ロゼ様を置いて逃げるという発想がない
GM:そうだね
GM:さすがアンジェリカ。
ロゼ:とりあえずアンジェリカのほうへ寄って行って、彼女をかばう形で構えようかな
GM:はい、では君が十分に警戒したところで。

GM:ガキ、ゴキィ……

GM:先程の鉱石二つが、予想より遥かにはやい速度で人型を形成していく。
アンジェリカ:シュンッ
GM:だが、ロゼは予想出来ていた。みるみるうちに醜く肥大化していく二つの鉱石は、再び、二つの異形へと姿を変えた。
アンジェリカ:「!」予想なんてしてなかった顔
GM:そうだね、予想出来てたのはロゼだけだったからね。
GM:でも安全な場所で対応できたよ。
ロゼ:「おでましかい?……”不細工”め」 鞭を鳴らしてにやりと笑おう
GM:左右対になるかの様な姿に変わった異形の鉱石たちは、グルリと周囲を確認する。
そして10m程離れた君達の姿を見つけると、二体揃って襲い掛かってきた。

GM:……というわけで、再び戦闘開始です!



GM:では、ターン順決定に入ります。
GM:ロゼと異形の双鉱石(青)が同値なので、1d50お願いします!

ロゼ:1d50
DiceBot : (1D50) → 3
異形の双鉱石(青):1d50 イニシアティブ
DiceBot : (1D50) → 11

GM:この二人動く気が無い
GM:それでは、コマに反映させました。
GM:今回は紫鉱石→アンジェリカ→青鉱石→ロゼの順番です!

◆ 紫鉱石のターン(1)
GM:なので、まずは紫鉱石のターンです。

異形の双鉱石(紫):choice[ロゼ,アンジェリカ]
DiceBot : (CHOICE[ロゼ,アンジェリカ]) → ロゼ

異形の双鉱石(紫):「キ、キギ、キギギ」紫鉱石は魔力を凝縮させ、ロゼへと放った!戦う(魔法)!
アンジェリカ:アンジェリカで庇う宣言します!
GM:では、対抗判定をお願いします!

アンジェリカ:2d6+2 かばう(魔法)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 4[1,3]+2 → 6
異形の双鉱石(紫):2d6+2 戦う(魔法)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 6[5,1]+2 → 8

GM:では、かばう失敗になります!
GM:かばうが失敗した場合は、
攻撃者の紫鉱石がダメージ値が出した後、÷2して庇った側、庇われた側共にその数値を負って下さい。

異形の双鉱石(紫):1d3+2+1 戦う(魔法)【ダメージ算出】
DiceBot : (1D3+2+1) → 2[2]+2+1 → 5

GM:今回は5なので、端数切り上げで3のダメージになります。
アンジェリカ:HP15→12 「すいません、私の力がいたらないばかりに」
ロゼ:「駄目だよ、むやみに前に出ては」 優しくたしなめよう
ロゼ:「大丈夫」
アンジェリカ:「黙ってみてるなんて、できなくて……」
GM:愛故に、動いてしまったのだね…

◆ アンジェリカのターン(1)
GM:では、アンジェリカのターンです。
アンジェリカ:戦う(魔法)を青へ!
異形の双鉱石(青):「ギギ、ギキキ」青鉱石は君の攻撃を見て慌てている!
異形の双鉱石(紫):紫鉱石は、青鉱石の前に出た!かばう!
GM:対抗ロールどうぞ!

アンジェリカ:2d6+2 戦う(魔法)【対抗判定】 紫がでしゃばってんじゃないよ!
DiceBot : (2D6+2) → 8[2,6]+2 → 10
異形の双鉱石(紫):2d6+2 かばう(魔法)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 6[2,4]+2 → 8

GM:かばう失敗!
GM:でしゃばらせなかった!
GM:では、ダメージ算出です!

アンジェリカ:1d3+2+1 戦う(魔法)【ダメージ算出】
DiceBot : (1D3+2+1) → 2[2]+2+1 → 5

GM:ということで、青と紫共に3のダメージです。
異形の双鉱石(紫):「キギィ…」
異形の双鉱石(青):「ギキィ…」
アンジェリカ:「おかえし、ですっ」ちょっとグッと拳握った
GM:共に20→17ですね
ロゼ:「よくできたね」 褒めてあげよう!!!!

◆ 青鉱石のターン(1)
GM:続いて、青鉱石のターンです!
アンジェリカ:ふふっと笑います。

異形の双鉱石(青):choice[ロゼ,アンジェリカ]
DiceBot : (CHOICE[ロゼ,アンジェリカ]) → ロゼ

異形の双鉱石(青):「ギキィ、ギキィ!!」青鉱石は高い鳴き声をあげ、ロゼへと突進する!
異形の双鉱石(青):戦う(物理)です!
ロゼ:「よくわかるいい子じゃないか。そうだよ、敵は僕一人だ」 防御(物理)宣言します
GM:はい、対抗判定どうぞ!

異形の双鉱石(青):2d6+2 戦う(物理)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 11[6,5]+2 → 13
GM:殺意高い!
ロゼ:2d6+2 防御(物理)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 9[5,4]+2 → 11
GM:二人共高いよ!

GM:では、防御失敗です!
GM:ダメージ算出どうぞ!

異形の双鉱石(青):1d3+2+1 戦う(物理)【ダメージ算出】
DiceBot : (1D3+2+1) → 3[3]+2+1 → 6
GM:殺る気に溢れてる
ロゼ:1d3+2+1 防御(物理)【ダメージ算出(失敗時これに ÷2 )】
DiceBot : (1D3+2+1) → 2[2]+2+1 → 5

GM:では5なので、3軽減ですね
GM:3のダメージを減らして下さい

◆ ロゼのターン(1)
GM:ということで、そんなロゼのターンです!
ロゼ:【デュエ・ルーチェ】 消費MP:2+1 処理手順:対抗判定 → ダメージ算出
ロゼ:MP-3
GM:はい!
GM:対象を選んでください
ロゼ:青にしまーす
GM:はい!
異形の双鉱石(青):「ギギキ!!?」ロゼの攻撃体勢を確認して、青鉱石は防御姿勢に入る。
GM:対抗ロールどうぞ!

異形の双鉱石(青):2d6+2+0 防御(複合)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2+0) → 10[6,4]+2+0 → 12
GM:凄い必死だ
ロゼ:2d6+3+2 デュエ・ルーチェ【対抗判定】
DiceBot : (2D6+3+2) → 9[3,6]+3+2 → 14
GM:殺意高い

GM:防御失敗!
GM:ダメージ算出です!

異形の双鉱石(青):1d3+2+0+1 防御(複合)【ダメージ算出(失敗時これに ÷2 )】
DiceBot : (1D3+2+0+1) → 1[1]+2+0+1 → 4
GM:2!
ロゼ:2d6+2+1 デュエ・ルーチェ【ダメージ算出】
DiceBot : (2D6+2+1) → 5[4,1]+2+1 → 8

GM:では、6のダメージ!
異形の双鉱石(青):17→11
異形の双鉱石(青):「ギキッギ…!」
異形の双鉱石(紫):「キギギ!」

◆ 紫鉱石のターン(2)
GM:紫鉱石のターンです。
異形の双鉱石(紫):choice[ロゼ,アンジェリカ]
DiceBot : (CHOICE[ロゼ,アンジェリカ]) → アンジェリカ
異形の双鉱石(紫):紫鉱石は赤いのは危険と判断したのか、アンジェリカへ魔力を凝縮させて放つ!
異形の双鉱石(紫):★ 戦う(魔法)
アンジェリカ:では防御(魔法)でうけます
ロゼ:かばうしたい!!!したいのおおおお!!!
アンジェリカ:どうぞおおおおおおおおおおおお
GM:OK!
GM:じゃあかばうどうぞ!
GM:対抗判定です!

異形の双鉱石(紫):2d6+2 戦う(魔法)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 10[4,6]+2 → 12
ロゼ:2d6+2 かばう(魔法)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 9[5,4]+2 → 11

GM:惜しい・・・!
GM:では、かばう失敗です!

異形の双鉱石(紫):1d3+2+1 戦う(魔法)【ダメージ算出】
DiceBot : (1D3+2+1) → 2[2]+2+1 → 5

GM:3ずつダメージを負って下さい!
アンジェリカ:12→9
ロゼ:減らした!

◆ アンジェリカのターン(2)
GM:では、アンジェリカのターンです!
ロゼ:「……、不甲斐無いな」
アンジェリカ:アオローラを宣言します!
GM:はい、ではMP消費をお願いします
アンジェリカ:「私は大丈夫です」
アンジェリカ:25→20
GM:はい、では回復値算出してください

アンジェリカ:2d3+2+1 アオローラ【回復値算出】
DiceBot : (2D3+2+1) → 4[2,2]+2+1 → 7

GM:では、二人は7回復してください!
ロゼ:しました!
ロゼ:「助かるよ」

◆ 青鉱石のターン(2)
GM:はい、ではその後青鉱石のターンです!

異形の双鉱石(青):choice[ロゼ,アンジェリカ]
DiceBot : (CHOICE[ロゼ,アンジェリカ]) → ロゼ

異形の双鉱石(青):青鉱石は赤いのが憎いらしい!
異形の双鉱石(青):ロゼへと突進していく!戦う物理!
ロゼ:「それでいいんだよ」
GM:余裕の笑みである
ロゼ:防御(物理)します!
GM:はい!対抗ロールどうぞ!

異形の双鉱石(青):2d6+2 戦う(物理)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 4[2,2]+2 → 6
GM:殺意下がった!!!!!
ロゼ:2d6+2 防御(物理)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 7[1,6]+2 → 9

GM:では防御成功です!
GM:ダメージ算出!

異形の双鉱石(青):1d3+2+1 戦う(物理)【ダメージ算出】
DiceBot : (1D3+2+1) → 3[3]+2+1 → 6
ロゼ:1d3+2+1 防御(物理)【ダメージ算出(成功時)】
DiceBot : (1D3+2+1) → 1[1]+2+1 → 4

GM:6-4なので2のダメージです!
アンジェリカ:「ロゼ様……!」
異形の双鉱石(青):「ギキ(慈悲などない)」
ロゼ:「……心配しないで、大丈夫」

◆ ロゼのターン(2)
GM:ではロゼのターンです!
ロゼ:ルーチェ宣言!MP-3
GM:はい、対象を選択してください!
ロゼ:青さんでおなしゃす
異形の双鉱石(青):「ギギ、ギキィ…(くるか、よかろう)」青は身体を硬化させ防御する!
GM:対抗判定どうぞ!

ロゼ:2d6+3+2 デュエ・ルーチェ【対抗判定】
DiceBot : (2D6+3+2) → 7[5,2]+3+2 → 12
異形の双鉱石(青):2d6+2+0 防御(複合)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2+0) → 5[3,2]+2+0 → 7

GM:防御失敗!
GM:ダメージ算出です!

異形の双鉱石(青):1d3+2+0+1 防御(複合)【ダメージ算出(失敗時これに ÷2 )】
DiceBot : (1D3+2+0+1) → 1[1]+2+0+1 → 4
GM:2!
ロゼ:2d6+2+1 デュエ・ルーチェ【ダメージ算出】
DiceBot : (2D6+2+1) → 6[5,1]+2+1 → 9

異形の双鉱石(青):「ギギ…(('、3_ヽ)_)」
GM:9-2 HP7減少です!
異形の双鉱石(青):HP11→4

◆ 紫鉱石のターン(3)
GM:では、紫鉱石のターン!
異形の双鉱石(紫):「キギィ!!!(何すんじゃワレェ!!)」

異形の双鉱石(紫):choice[ロゼ,アンジェリカ]
DiceBot : (CHOICE[ロゼ,アンジェリカ]) → アンジェリカ

ロゼ:かばう!
異形の双鉱石(紫):ロゼの仲間を同じ様に攻撃しようとしたのか、アンジェリカへと魔法を凝縮し放とうとする。
GM:しかしロゼが立ちはだかった!
GM:対抗ロールどうぞ!

異形の双鉱石(紫):2d6+2 戦う(魔法)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 12[6,6]+2 → 14
異形の双鉱石(紫):「キギィ…?(ドヤァ)」
ロゼ:2d6+2 かばう(魔法)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 7[3,4]+2 → 9
GM:結構高いんだけどね…!

GM:では、ダメージ算出します

異形の双鉱石(紫):1d3+2+1 戦う(魔法)【ダメージ算出】
DiceBot : (1D3+2+1) → 2[2]+2+1 → 5

GM:3のダメー…これデジャヴかな
GM:3のダメージを負って下さい!

◆ アンジェリカのターン(3)
GM:では、アンジェリカのターンです!
アンジェリカ:15→12
ロゼ:21⇒18
アンジェリカ:青に攻撃(魔法)で!
異形の双鉱石(紫):青への魔法攻撃の気配を察知し、紫が前に出る!
異形の双鉱石(紫):かばう!
GM:対抗ロールどうぞ!

アンジェリカ:2d6+2 戦う(魔法)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 5[1,4]+2 → 7
異形の双鉱石(紫):2d6+2 かばう(魔法)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 7[5,2]+2 → 9

GM:庇う成功です!
GM:ダメージ算出どうぞ

アンジェリカ:1d3+2+1 戦う(魔法)【ダメージ算出】
DiceBot : (1D3+2+1) → 2[2]+2+1 → 5
異形の双鉱石(紫):1d3+2+1 かばう(魔法)【防御値算出(対抗成功時)】
DiceBot : (1D3+2+1) → 1[1]+2+1 → 4

GM:では紫に1のダメージです
異形の双鉱石(紫):17→16
異形の双鉱石(青):「ギキィ!」
異形の双鉱石(紫):「キギ、キギ」

◆ 青鉱石のターン(3)
GM:青鉱石のターン!
異形の双鉱石(青):青鉱石はその身体から鋭利な鉱石を生やし、突進する!

異形の双鉱石(青):choice[ロゼ,アンジェリカ]
DiceBot : (CHOICE[ロゼ,アンジェリカ]) → アンジェリカ

異形の双鉱石(青):アンジェリカに攻撃!
異形の双鉱石(青):戦う物理です。
ロゼ:「見逃すわけがないだろう」 かばいます!
GM:対抗ロールどうぞ!

異形の双鉱石(青):2d6+2 戦う(物理)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 6[2,4]+2 → 8
ロゼ:2d6+2 かばう(物理)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 4[3,1]+2 → 6

GM:かばう失敗です!
GM:ダメージ!

異形の双鉱石(青):1d3+2+1 戦う(物理)【ダメージ算出】
DiceBot : (1D3+2+1) → 2[2]+2+1 → 5

GM:3のry
GM:・・・?
ロゼ:???
GM:3のダメージです!
アンジェリカ:12→9
ロゼ:15になったよ

◆ ロゼのターン(3)
GM:ではロゼのターンです!
ロゼ:えっとヴァインドヴァイン
GM:どれ系の攻撃で行きます?
ロゼ:紫に!物理で!
GM:はい!
異形の双鉱石(紫):君の様子を見て、紫鉱石は回避姿勢に入る。
GM:対抗ロール!

異形の双鉱石(紫):2d6+2 回避【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 9[5,4]+2 → 11
ロゼ:2d6+1 バインド・ヴァイン(物理)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+1) → 6[5,1]+1 → 7

GM:残念失敗!!
ロゼ:「ちょこちょこしよって・・・」

※ここでGMがミスして紫鉱石のターンを飛ばしたようです

◆ アンジェリカのターン(4)
GM:というわけでアンジェリカのターンです。
アンジェリカ:ガイスト・ブファイルを青に!
異形の双鉱石(紫):「ギキィ…!!」紫がしゃしゃりでます。かばう!
GM:消費MPを減らした後に対抗判定どうぞ!
アンジェリカ:20→17

アンジェリカ:2d6+3+2 ガイスト・ブファイル【対抗判定】
DiceBot : (2D6+3+2) → 10[4,6]+3+2 → 15
異形の双鉱石(紫):2d6+2 かばう(魔法)【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 7[1,6]+2 → 9

GM:かばう失敗!
GM:ダメージ算出どうぞ!

アンジェリカ:2d6+2+1 ガイスト・ブファイル【ダメージ算出】
DiceBot : (2D6+2+1) → 8[6,2]+2+1 → 11

GM:6のダメージ!
異形の双鉱石(青):「ギキィー!!!」
アンジェリカ:「ロゼ様をこれ以上傷付けないでください!」
異形の双鉱石(青):HP4→0
異形の双鉱石(青):青鉱石は、アンジェリカの強力な魔力の前にけし飛ぶ。
異形の双鉱石(紫):それを庇いきれなかった紫鉱石も、ダメージをおう!HP16→10

◆ ロゼのターン(4)
GM:青鉱石が消えたので、ロゼのターンです!
ロゼ:「よし!あとは僕がいいところを見せないとね」
GM:キャーロゼサーン!
ロゼ:ルチェーーー
ロゼ:MP-3
GM:はい!
異形の双鉱石(紫):「ギギギ!ギギ…」紫鉱石は回避をしようとする!
GM:対抗ロールです!

ロゼ:2d6+3+2 デュエ・ルーチェ【対抗判定】
DiceBot : (2D6+3+2) → 11[6,5]+3+2 → 16
異形の双鉱石(紫):2d6+2 回避【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 5[4,1]+2 → 7

異形の双鉱石(紫):「ギキ…(('、3_ヽ)_)」
GM:では、ダメージ算出どうぞ!

ロゼ:2d6+2+1 デュエ・ルーチェ【ダメージ算出】
DiceBot : (2D6+2+1) → 4[2,2]+2+1 → 7

異形の双鉱石(紫):HP10→3

◆ 紫鉱石のターン(5)
GM:では、紫鉱石のターンです
異形の双鉱石(紫):紫鉱石は、焦っている。逃走を試みている!
異形の双鉱石(紫):ロゼとアンジェリカ、いずれかと回避で対抗判定してください。

アンジェリカ:2d6+1 回避【対抗判定】 ならば私が動こう
DiceBot : (2D6+1) → 4[3,1]+1 → 5
異形の双鉱石(紫):2d6+2 回避【対抗判定】
DiceBot : (2D6+2) → 10[6,4]+2 → 12

GM:逃げる気しかない!!!
GM:紫鉱石は、一目散に逃走した!

GM:戦闘終了です!



アンジェリカ:「逃げて、いきましたね……ロゼ様、ロゼ様大丈夫でしょうか」
ロゼ:「はは、まあいいんじゃないかな・・・」

GM:激しい戦闘を終え、君らは一先ず訪れた平穏に胸をなでおろす。
GM:さっきの鉱石たちは、そしてこの場所は……
GM:考えれど考えれど、その答えは一向に、君らの前へは現れなかった。

ロゼ:「とんだ災難だったな」 ぱんぱん、と服を整えて。 「アンジェリカ、おいで」 と手を差し出すよ
アンジェリカ:「はい」と手をのせて「どんな災難が起ころうと、私は何処までもロゼ様についていきます」と微笑んでます。
ロゼ:そっと引き寄せて、額に口づけを落とそう。さっきは邪魔されちゃったからね。
アンジェリカ:頬を赤らめてはにかみますね。
GM:では、ロゼの唇が、そっとアンジェリカの額から離れかけた、その時。

GM:地面が、グラリと歪んだ。
GM:いや、それは地面ではない。

GM:大きく身体をかたむかせたのは、君たち自身だった。
GM:突如として、強烈な眠気が君たちの元へ訪れたのだ。

GM:スキル「閃き」どうぞ
GM:目標値は7です

ロゼ:2d6+1+1 閃き【成否判定】
DiceBot : (2D6+1+1) → 7[6,1]+1+1 → 9
アンジェリカ:2d6+0+0 閃き【成否判定】
DiceBot : (2D6+0+0) → 4[2,2]+0+0 → 4

アンジェリカ:成功するわけ、ないだろ
アンジェリカ:きょとりーん
GM:では、ロゼはこのゆったりとしたまどろみの中、この感覚が前にもあったことを思い出す。
GM:それは…そう、この黒の世界で気がつく、直前のことだ。
GM:君は直感した。恐らくこれが、「目覚めの時」なのだろう、と。
GM:アンジェリカは、思考を働かせるよりも、その眠気が意識を支配しかけているようだ。

ロゼ:「……どうやら、この奇妙な舞台も幕引きのようだね」 かすかに笑みをうかべながら。
アンジェリカ:「ロゼ、様……」ゆらりとロゼさんに倒れこむように体を預けながら、眠りへと堕ちていく。

GM:少しずつ、その眠気に視界がぼやけていく。ロゼはその腕に優しくアンジェリカを抱き、ゆっくりと膝をつく。
GM:ロゼはアンジェリカの感触を確かめながら、
GM:これは…夢だったのだろうか。また訪れることが、あるのかもしれない…そんなことを感じていた。

GM:そうして訪れたその緩やかな眠気は、君たちを静かに、眠りの海へと送り出した。

GM: 

GM:再び、君たちの眼前は、黒のみの一色に支配された。
GM:しかしその黒は、先程とはどこか違う。
GM:確認(目標値:7)をどうぞ

ロゼ:2d6+0+1 確認【成否判定】
DiceBot : (2D6+0+1) → 5[3,2]+0+1 → 6
アンジェリカ:2d6+1+0 確認【成否判定】
DiceBot : (2D6+1+0) → 4[3,1]+1+0 → 5

GM:では、その先程とは違う黒の中、君の耳に届いたのは、女性の声だった。

???:「……て……」

GM:その正体を確認しようにも、君の体は眠りの中、動かすことは叶わなかった。

GM:…… ……

GM:……

GM:深い、深い黒の世界の外。
GM:どこからか、小鳥のさえずりが聞こえる。
GM:その腕に暖かな、確かな感触を確認しながら。
それは君たちが普段いた元の世界の、いつもの朝が訪れたことを告げている様だった。

GM:……というわけで、「黒の空間」終了です!

GM:シナリオクリアになります、お疲れさまでした!
アンジェリカ:お疲れ様でしたー!
ロゼ:お疲れ様でした!!
ロゼ:たのしかった!
アンジェリカ:たのしかた
GM:テストプレイご協力ありがとうございます!!