特徴



弓と二刀流が特徴的なキャラ。
使用武器はどれもモーション時の移動速度減少を受けにくく、手数も多いため確率発動形のTraitとやや相性が良い。
弓はカタログスペック上は優秀だが弾速が遅いため、誘導弓を除いては偏差撃ちの必要があるためやや人を選ぶ。
前線のキープは苦手な部類で、デュアルソードでかなりマシになるものの、無理に正面で受けず左右回避やバックステップなどと組み合わせると良い。


近距離武器


Elven Short Sword以外はプッシュ後に突き派生が出来る。AP付きで単体ヒットの性能。

Dual Daggers


Dual Elven Daggers

範囲は非常に狭いがHS性能付きで振りが早く一匹ずつ仕留めていく一点突破型の武器。
チャージアタックは逆手持ちの脳天突き。正面のみで範囲は狭いが威力が高く連発が可能。
STAMINA:◆◆◇

Sword and Dagger

他3種の近接武器の利点を全て合わせた性能の武器。HS性能も付いている。
特化という意味では他武器に多少劣るものの汎用性が高く使い勝手がいい。
防御をDaggerで行うため動作が早く、攻撃動作をキャンセルするような形で使うことができ、
斜め2回攻撃→防御でキャンセル→斜め2回攻撃と範囲が広く素早い攻撃が可能。
防御でキャンセルするときにプッシュも混ぜるとラッシュにも対応できる。
チャージアタックはX斬り→逆手持ちの脳天突き。
1.5パッチにおいて、元々低くもなかった火力が上昇した。
STAMINA:◆◆◆

Elven Short Sword

攻撃範囲は広めだが、攻撃速度はやや遅い。
チャージアタックは威力の高い兜割りで単体特化。
頭部にヒットさせる事により1.5倍の威力となるので火力は高い。
ノーマルアタックの1、2段目は扱いやすい袈裟斬りで4体までヒットする普通な性能。
そしてノーマルアタックの3段目が単体相手へ突き攻撃。
ラッシュ時には3段目の突きが扱い辛く、プッシュを織り交ぜて攻撃すると
プッシュ→2段目に袈裟斬り→3段目が突きとなり、多数の敵を捌き辛い性能となっている。
2回攻撃後にガードを挟み、再び攻撃しなおす事でマシにはなるが、それならばデュアルソードのが良いという性能の武器。
オーソドックスな武器に見えて扱いに癖のある武器であるが、
Killing Blow (Normal Attack) + Scavenger + Regrowth (Normal Attack)
オレンジ武器での一例として、Traitで他の武器には無い組み合わせがでるのが特徴である。

STAMINA:◆◆◆

Dual Elven Swords

全ての攻撃が横や斜め振りで範囲が広く攻撃を当てて相手を一旦止めるという役割に向いている。
とはいえ他キャラの2Hと比べるとリーチは短く範囲も狭いため過信は禁物。
攻撃速度は遅めだが、1.5パッチにより一振りで4体の雑魚を巻き込むことが出来る。
チャージアタックの攻撃判定は2体までと減ったが威力は向上。
X斬り→横一閃と連続して出すとモーションが若干変わる。
Sword and Daggerと比べると多少見劣りするかもしれないが、攻撃方法が忙しく変化する向こう側に比べ
此方は一定の間隔で攻撃を続ける、素直で扱いやすい性能となっている。
尚、ヘッドショットのダメージは1.5パッチより2倍となっており表記は無くても高い性能を持っている。

STAMINA:◆◆◆

Glaive

通常攻撃は振りは遅いが攻撃範囲が広く高威力で、ナイトメアまでの難易度なら通常敵1体を一撃で倒せ、もう一体怯む。
殲滅力は高いが振りは遅く2体までしか当たらないので対ラッシュは不得手か。
尚、1.5パッチ以降ではカタクリで雑魚鼠が一撃で倒せない火力にまで落とされた。
チャージアタックからの派生攻撃は高威力で通常の倍ほどの威力があり、柱や鎖を破壊するのにも便利。
STAMINA:◆◆◇


遠距離武器


Bows

Longbow

ADSでズームする普通の弓矢。ADS時はCharged Attackなので性能が変わる。ここまでは他の弓も同様なので以降は省略する。
Swiftに比べると威力が高く使いやすい。Chaged Attackでヘッドショットを決めれば特殊が一撃で落ちるのも珍しくない。
装備によってはNomarl Attackでも通常のネズミは一撃で落ちる。
Charged Attackはダメージが増加し、更に二体のキャラクターまでなら矢が貫通する。
Nightmare以上の難易度で発生するFFでも矢は貫通するので、Packmasterに連れ去られた味方ごと撃ち抜くと素早い救助が可能。
これといった特徴はないが堅実な性能をしている為に汎用性が高く使い勝手が良い。
矢の本数は少ないわけではないが、必要以上に撃ち過ぎると肝心な時に無くなってしまうのである程度の管理は必要。
弾数:53

Swift Bow

Longbowに比べると威力は低いものの、連射力に優れる弓矢。Longbowと比べて威力が格段に落ちる。
最大の特徴は連射力の為、それを生かしたTraitや運用をすることが求められる。
1.5パッチで右射撃にAPが付与されたがHSを狙っても一撃で倒せる訳では無い。
弾数:99

Hagbane Bow

着弾地点に毒を発生させる弓矢。
FFが発生するNightmare以上では、味方に対して毒ダメージが高めに設定されているので誤射は厳禁。
Nomarl、Charged問わず矢には毒が塗ってあるので毒の性能自体は固定(要検証)。
連射力はLongbowと同程度だが、毒を発生させる為に威力はSwift Bowと同程度。
また貫通力もSwift Bowと同程度となっている。
弾数:

Hagbane Swift Bow

弾数:34

Trueflight Bow

Nomarlは通常の矢を放つだけだが、この弓矢の真価はCharged Attackにある。
Charged Attackを用いるとズームはしないが、その代わり自動で敵を追尾し必ず敵に命中する効果を持っている。
ターゲット表示されるまでに2呼吸くらいかかる。その間でも追尾はするが狙ったものではない可能性も。
壁越しにターゲットを探すこともできる。
その性質上、遠距離からの雑魚処理は得意だがピンポイントに狙いを付ける事が不可能な点には注意が必要。
ラッシュの際に雑魚に紛れて特殊が出現した場合は周りの雑魚にターゲットが移ってしまい素早い処理が難しい。
最高難易度であるCataclysmでは一回の被弾が致命傷になりやすい為、活躍の機会が多くなる。
しかし上記の通り欠点は存在しているので他の弓を持っていくのもまた一つの選択肢。
Ogreへの強力な対抗手段となりうるが、Nightmare以上の難易度の場合Ogre付近を飛び回る矢によるFriendly Fireによって
接近した味方に大ダメージを与えることになってしまうため射撃はタイミングを見計らうこと

添付ファイル