特徴



杖を用いた弾制限のない魔法攻撃が特徴的なキャラ。
遠距離攻撃や範囲攻撃を無制限に撃てるため、調子に乗っているとオーバーヒートにより自爆する。
魔法攻撃は間引きやラッシュの殲滅においてはかなり優秀であるが、Rボタンでの冷却中は移動速度の著しい低下、及び排熱ダメージを受けるため、使いどころが肝心である。
フレーミングソードを使いこなす事で、盾やハンマーほどでは無いにせよ高い前線維持能力を誇る。


近距離武器


Sword

Empire Soldierの片手剣と同じ性能でありチャージアタックの性能も並。
頭を狙えれば敵を倒しやすくなるが積極的に狙いにいく性能でもない。
チャージアタックをすればアーマー付きの敵でも怯ませられるので使いやすい部類な武器。
上手く使えばこれ一本で立ち回れる性能は備わっているので自分なりのTraitを付与させて使いこなすと良い。

Flaming Sword

炎上効果の付いた片手剣。
ツーハンドハンマーやシールドの程の攻撃範囲は無いが、炎上の追加効果と横薙ぎのチャージアタックにより高難易度でも殲滅力はある。
しかし通常のソードと比べると、ノーマルアタックで同時に怯ませられる数が少なく、炎上の追加効果で敵が見えづらくなるデメリットもある。

Mace

上記二つに劣る範囲と威力を持つ打撃武器。
Wizardの武器の中で唯一、Traitにバックスタブが付く。
通常攻撃の初段は振り下ろし。チャージ攻撃も振り下ろしのため、相手の頭を叩き潰し易い。
対オーガでは無理をせず背後から殴ろう。
1.5パッチにて攻撃速度と攻撃力が上方修正された。


遠距離武器


Fireball

全体的に使いやすく、オールラウンドなスペル。
通常は威力が高く、燃費も良好。雑魚はもちろん、AP付きなので鎧にも使える。
チャージは中範囲でAP付きの高威力のため、対ラッシュや鎧集団に最適。
特に、ラッシュ時の沸きに出待ちするようにチャージ弾を放つと理不尽なまでの殲滅力を誇る。
ただし、高難易度において、弾道が直線的であるがゆえに味方の後方からの射撃時に味方を誤射しやすい。
また、チャージアタックの弾道は弧を描くため、遠距離に居る特殊鼠を相手にする場合に扱い辛い一面を見せる。
高難易度では射線を意識した位置取りを求められる。
1.5パッチにてチャージ弾が雑魚ネズミを貫通するようになった。

Conflagration

チャージで範囲攻撃をばら撒けるのが取り柄。
狭い通路やラッシュが絶え間なく発生するMAPでかなりの性能を発揮する。
射線を気にせず放つことができ、無制限にヒットし、確実によろめかせる範囲攻撃は強いの一言。
1.5パッチにより最大チャージ時には炎上フィールドを作れるようになった。
フレンドリーファイア判定も追加されたため、扱いには注意が必要。

Beam

遠距離高精度レーザーと至近距離の拡散レーザーの組み合わせ。
混戦時に一瞬切り替えて使用するにはそこそこ優秀。
レーザー照射時に射撃ボタンを押すと高威力の射撃を放てる。
1.5パッチにより、拡散レーザーにフレンドリーファイア判定が追加されたので扱いには注意すること。

Bolt

当初微妙扱いされていたものの、1.4パッチでは非常に強力。
チャージは高威力・高射程・貫通・AP・HeadShotかつ誘導の範囲攻撃と申し分無い性能。
開けたMAPでは空を向いてチャージを撃つだけでも十分な雑魚散らし性能を発揮する。
初心者やパッドでのプレイでも使いやすい。
1.5パッチにより、敵をロックオンした場合にHeadShotするよう変更された。

添付ファイル