※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

優先度について


バトルにおける先攻と後攻は、素早さと優先度によって判定されます。
素早さに関わらず優先度が高い技が先攻となり、優先度が同じ場合は素早さによって判定されます。

詳しい技の優先度は下記の表を参照のこと。

無駄に優先度をつけるのはやめましょう。 (優先度が0の場合、表記する必要はありません。)
優先度を設定する場合は、【備考】欄に「なぜこの優先度なのか」を明記する義務があります。

※例えば「フェイント」の場合、
【効果】
(優先度+2)
相手がまもる・みきりを使ってきた場合、それを無視して攻撃する。
まもる・みきりを使ってこなかった場合は失敗する。
【備考】
いわゆる「先制技」よりも早くする必要があるが、「まもる」よりは遅くなければならない。従って、優先度+2。


※なぜ優先度-2がないのか?
ゲーム内データがそうなっている。
開発中は優先度-2の技が存在したのだが、それを後から削除したのかもしれない。

※下記の表で対応できない
例えば、一般の先制技より早く、フェイントより遅い技と設定したい場合などは、(優先度+1.5)とするとよい。

優先度 現存する技
+5 てだすけ
+4 マジックコート よこどり
+3 まもる みきり こらえる このゆびとまれ
+2 フェイント
+1 でんこうせっか しんそく アクアジェット こおりのつぶて しんくうは マッハパンチ
かげうち ふいうち バレットパンチ ねこだまし がまん
0 その他の技
-1 あてみなげ
-2
-3 きあいパンチ
-4 ゆきなだれ リベンジ
-5 カウンター ミラーコート
-6 ふきとばし ほえる
-7 トリックルーム