リンク

攻略情報

管理用





(C)CAPCOM CO., LTD. 2007, 2010
ALL RIGHTS RESERVED.

-

AviUtlを使用してのエンコード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

撮影した動画を編集するへ戻る

ここで説明するのはあくまで動画を高圧縮する方法です。

以下引用
殆どの編集ソフトにおいてMPEG4や、MP3は編集素材として適しません
(今後、HDV編集用にMPEG4への対応は進むものと思われますが、DivxやXvid、WMVは使えないとみて良いでしょう )
又、MPEG系コーデックはファイルの構造上フレーム単位の編集が苦手です。
素材にDivxやXivd、WMVを扱える編集ソフトも多少有りますが、ソフトが異常終了してしまう確率は非常に高いので避けた方が良いでしょう。
今まで編集出来てたから~は単に運が良いだけです。
そのため、作業中の中間ファイル用コーデックと、配布ファイル用のコーデックは分ける要性があります。
中間ファイル用としては無圧縮や、可逆圧縮、DV、連番静止画、が一般的です。
動画の可逆圧縮としてはHuffyuvやLCL、Fast Codecを使っている方が多いですね。
音声の可逆圧縮は編集ソフトとの相性があまり良くないので無圧縮のWAVEで扱うのが良いでしょう。

簡単に解説
コーデックとは、CompressionとDecompressionの略です。
日本語だと圧縮と解凍でしょうか。
実はムービーはアホみたいな容量になるのでほとんどの場合圧縮されていおり、再生時はこれを解凍しながら再生しているわけで
この圧縮解凍するための部品をコーデックと言います。
(圧縮することをエンコードと言います)
コーデックはその方法によって様々あり、その圧縮方法から可逆圧縮と非可逆圧縮に分かれます。
可逆は元に戻せるように圧縮しかしないので、画像の劣化がありませんが、非可逆は圧縮と同時に要らない所を捨ててしまうので情報量が減り劣化します。
上に有る「MPEG4」とは非可逆圧縮の形式の一つで、今もっともメジャーな形式です。
Divx、Xvid、WMV等も全てこの形式の発展系です。
これらはかなり特殊な圧縮を行うため、動作が複雑で編集に向きません。
そこで、ファイルサイズも小さく出来編集しやす可逆圧縮を使うのがメジャーです。
音声ファイルは非可逆でも相性が悪いのでWAVE(PCM)を使いましょう。
と書いてあります。

しかしながら、可逆と非可逆では圧縮率が段違いで、圧倒的に非可逆のほうが小さくなります。
Dxtoryで圧縮して撮影したファイルは既に圧縮されているので、さらに可逆圧縮をしたところでほとんど小さくなりません。
圧縮して撮影した動画をそのまま編集した所で、特にトラブルも起きないのでそのまま編集すればいいとの結論に達しました。
ゆえ、この方法は動画をアップする際にサイズを小さくする方法と思ってください。
WMMで編集して無圧縮AVIで出力してDivX+MP3で高圧縮するナドナド。
画質にこだわらないなら保存だけDivX形式で保存しておいて編集する時にHuffyuvでエンコードしてやるとか。
どの形式でも操作は同じで、AVI出力で設定を選ぶだけです。

AviUtlのお部屋でダウンロードしてきましょう。
ダウンロードの所に有る「aviutl99f.zip」です。

1、DivXコーデックのインストール
ここではDivXと言う形式でエンコードしようと思うのですが、DivX形式に変換するには別途DivXコーデックと言うのが必要です。
結構普通に皆入れてんじゃないかなぁと思うんですが、一応説明しときます。
「プログラムの追加と削除」で「DivX Codec」があればこの作業は不要です。
公式サイトで無料ダウンロードをクリックすると自動的にダウンロードが始まると思います。
ダウンロードが終わったらインストールを開始してください。
細かい説明は省きますが、必要なのはコーデックのみなので、この画面になったら


一番上の「DivX Codec」のチェック以外を外して先に進めてください。
他ははっきり言って金を出さない限り一生使いません。

2、DivXコーデックを使用してのエンコード。
AviUtlを起動したらこんな画面が表示されます。
色々出来ますが、ここではトリミング(前と後ろの要らないところを切る)だけやっときましょう。


メニューから ファイル→開く で編集したい動画を取り込みます。
下のほうにあるバーを動かして始点と終点を決めます。


下のバーの色のついているところが、実際に出力されるエリアです。

設定したらメニューから ファイル→AVI出力 を選んでエンコードします。


まず、ビデオ圧縮をクリックして、圧縮プログラムを変更します。


先ほどインストールしたDivX Codecが有るはずなので、それを選択してOKを押してください。

次にオーディオ圧縮をクリックしてください。


形式:MPEG Layer-3
属性:48 kBit/s, 16.000 Hz, Stereo 5 KB/秒
位を選択してOKを押してください。

後は名前をつけて保存です。
これでエンコードが開始されAviUtlのタイトルに経過が表示されます。
そこそこ時間がかかるので気長に待ちましょう。

3、とても便利なバッチ処理
バッチ処理とは複数ファイルで設定だけ決めて、エンコード自体は一気にやることです。
一回エンコードやってみると分かりますが、サイズにもよりますが普通に30分くらいかかります。
いくつも撮影した動画がたまってくると、イチイチ一個ずつやってられなくなるので、一気にドーンとやってしまいましょう。

まず普通に作業を進めてトリミングまでやります。
次にメニューから 設定→圧縮の設定 で先ほどAVI出力の再にやったビデオ圧縮とオーディオ圧縮の設定が出来ます。

設定が終わったら、メニューから ファイル→編集プロジェクトの保存で、今の編集内容を保存します。
同じ要領で、エンコードしたい動画を次々編集してください。

一通り作業が終わったらメニューの ファイル→バッチ出力 を選択します。


追加ボタンで先ほど保存したプロジェクトファイルが追加できるので追加してやりましょう。
追加したファイルは「????????」と表示されるので、選択して出力先変更で保存先と名前を指定します。
後は開始を押してほっとくだけです。
バッチ終了時にと言う所で、ウィンドウズをシャットダウンとか選べるので、実行して寝るのもいいでしょう。
因みに、AVI出力の際に保存ではなく、バッチ登録をクリックすると、バッチ出力のリストに追加されます。

4、エンコード無しで動画をぶった切る
エンコードしたムービーを一部だけ抜き出す時に便利です。
いる部分だけ残してトリミング後AVI出力で「再圧縮無し」を選びます。


これで、エンコード無しで任意の部分を抜き出せます。

撮影した動画を編集するへ戻る

















|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|