• 名探偵。初登場は「本陣殺人事件」

(「本陣殺人事件」より)
  • 中肉中背――というよりはいくらか小柄な
  • その年頃の青年としては、おそろしく風采をまかわぬ人物
  • 色は白いほうだが、容貌は取り立てていうほどの事はない
  • 瓢々乎たるその風貌から、どこかアントニー・ギリンガム君に似ていはしまいかと思う
  • 東北か北海道の出らしい
  • 言葉にかなりひどい訛りがあったうえに、どうかすると吃ることがあった
  • もじゃもじゃ頭の、風采のあがらぬ人柄
  • 取りつくろわぬ態度や、いくらか吃る口の利き方には、妙に人を惹きつけるところがある
  • 五本の指でがりがりと、もじゃもじゃの頭を掻きまわすのが、この青年の興奮した時のくせ
  • 探偵小説はいろいろ参考になることがあるから、一とおり眼を通すことにしている
  • 夜は至って眼ざとい
  • 一見、なんの見栄えもないないように見えるこの青年にも、やはり芝居気はあった

【付記1】
生い立ち、経歴に関する記述は省略
【付記2】
気になる情報に接したときに口笛を吹く描写は、この作品からみられる


(「赤の中の女」より)
  • くちびるをつぼめて、ちょっと口笛を吹くまねをした。これはかれがなにか会心の事実に気がついたときにやるくせ。


(「檻の中の女」より)
  • ちかごろ緑ガ丘町へ転居して、緑ガ丘荘というかなり高級のアパートに住んでいる。
  • どんな場合でもおよそ退屈ということをしらぬような顔色をしているのがこの男のくせ。
  • ひとみのなかの一種のかぎろいこそ、かれがなにかをかぎつけた証拠。


(「傘の中の女」より)
  • 事件のないときは無精をエンジョイしている。
  • およそスポーツライクなことはふえて。
  • 蚊トンボみたいな脛をもった小男。


(「夜の黒豹」より)
  • 襟あかによごれた大島の対(つい)によれよれの袴、雀の巣然としたもじゃもじゃ頭をかきみだして椅子に埋まった格好は今にもズッコケそうである。
  • 近ごろ不眠症で困るなどといいながら、眠そうな眼をショボつかせているところへ、高輪署から一件の報告が入ってきた。


(「扉の影の女」より)
  • 緑ヶ丘荘の部屋は二階三号室。
  • 暖房はガス・ストーブ。

  • ときたまどかっと金が入っても、貯金ということをしらないらしい。
  • 金があるとうまいものを食べてまわったり、ひとりでふらりと旅行をしてまわったり、またアパートの管理人夫婦にごうせいな贈物をしてみたり。
  • たばこ銭にも困るような窮地におちいることがめずらしくない。
  • 金田一耕助に三千円用立てておけば、日ならずして五千円くらいになって返ってくる。
  • 渋谷にいきつけの料亭がある。

  • 五種類の新聞を購読している。
  • ある日の朝昼兼帯の食事メニュー。
 たっぷりバターを塗ったトーストがふたきれ
 牛乳一本
 罐づめもののアスパラガス
 ウインナー・ソーセージ
 りんご
  • 気の落ち着いているときは、じぶんで野菜サラダをつくる。

  • じぶんの貧弱な風采について強い自覚を持っているので、堂々たる風貌の人物の前にでると、いつも一種の劣等感をもつ。
  • 一メートル六十あるかなしという小男。
  • 金田一耕助は事件が解決し、彼の脳細胞の回転をもう必要としないと見極めがついたとき、彼はその事件に興味を失うと同時に、いつも耐えがたいような倦怠感を示し、救いようのない孤独におちいっていく。


(「魔女の暦」より)
  • なにびとの注目もひかぬ平凡な風采、風来坊のように飄々としたその挙措進退が、この男の一得。
  • 平凡な容貌のなかに、きびしい知性をよみとることができる。
  • いつも疲れて眠そうな表情をしている物憂げな瞳のなかに、たかい叡智のかがやきを汲みとることができる。
  • いたましいまでの孤独感。
  • 活字を貼りあわせた怪しげな手紙が、直接金田一耕助のもとにとどいたのは「魔女の暦」事件が初めて。
  • 頼みつけのハイヤーがある。

(「死神の矢」より)
  • 金田一耕助はあるむつかしい事件で考古学者の古舘博士と知り合い、以来古舘家のもっとも親しい客のひとりとして遇せられている。

(「黒猫亭事件」より)
  • 藤のステッキをついている
  • 三十五、六の小柄の人物
  • 別にどこといって取り柄のない、どっちかというと、貧相な風貌の青年
  • 事件当時、風間が二号だか三号だかにやらせている「松月」という割烹旅館に寄食していた
  • 東北の中学を卒業し、風間俊六といっしょに東京へ出てきた
  • その後しばらく神田の下宿にゴロゴロして、そのうちアメリカへいった
  • やくざの仁義というやつが大嫌い