天使照

キャラデザイン:日暮

  • 名  前:天使 照(あまつか てる)
  • 身  長:168cm
  • 性  別:男
  • 血液型 :A
  • 誕生日 :10月4日
  • 所  属:玄冬高校2年
  • 出  身:四咲市市外(家は坂野地区)
  • 投・打 :右投右打
  • 守備位置:ファースト
  • 家族構成:両親、姉
  • 得意科目:英語、音楽
  • 苦手科目:数学
  • 趣味特技:歌、楽器(特にオルガンなど)


性格

「打ちましょう、今日の女神のために!」
「勝ちましょう。可能性があるのなら徹底的にやりましょう」
「ええー、ガル君と鈴野もそうおもいません?思いますよねぇ・・・・・・」

 一人称は俺。二人称は貴方。同級生男子に対する呼び方はさまざま。他校生徒にはだいたい苗字+君。女子に対しては苗字+さんが多い。また先輩に対しては先輩と苗字+~さんを使い分けてる。基本苗字+~さんの方が多い。時折○○の人呼ばわりする。後輩は苗字+~君呼びが多い。
 実家は市内にある教会でありそこで育った。1つ上に天使静華という姉をもつ。
 四咲市出身であるものの、小、中は市外にある祖父母の元から学校に通っておりシニアの出身。その為市内の選手とも高校になってようやく知り合った者が多い。玄冬高校を選んだ理由としては「長く試合に立てそうだから」(負けなさそう・強いという意味)
 物おじしなくコミュニケーション能力も高めであることから他校の生徒にもどんどん寄ってくる。野球に対する愛はそうとうなもので楽しくて仕方のない様子。
 真面目な性分で礼儀正しい方。敬語が中々抜けない。また誰かを鼓舞するような言い方をよくする。真面目といっても野球に対する姿勢の事で普通にふざける。むしろノリはよく同級生とはつるんでよく奇行に走っている姿が見受けられる。同級生や後輩をからかうことまたその逆も見受けられる。家族ごっこおふざけはもはや定番。
 ただその様子は野球部内でというだけで普段は至って静かな美少年と言っていい。読書家でもあるため教室内で静かに本を読んでいたりする。頭の回転も悪くないほうで苦手としている数学も一度原理がわかればあまり躓かない。成績もいい方。体育などでも活躍する方ではあるが球技になるとやはり野球が一番のようだ。歌唱能力が高く楽器もある程度できる様子。カラオケで無双するが賛美歌などの方は歌い慣れている感がはんぱない。ちなみにネタで「残酷な天使のテーゼ」唄い始める。美声で。
 野球が絡むと野球をしている時のテンションになる為そこに切り替えスイッチがあるようだ。喜ぶ時は喜ぶ。また後輩もかまいまくる方。めったに怒ることはない。また立ち直りは非常に速い。ポジティブ。
 集中力が高く目標への努力は惜しまないタイプ。自分が当たり前と言ってやっていることを褒められるのはお門違いだと考えている。
 私生活においても同級生の鈴野爽彦、ガルシア大海とよくつるみ三馬鹿とまとめくくられることが多い。よく三人でスイーツの食べ歩きなどをしているようだ。
 よくもう少し身長があればといわれるが本人はあまり気にしていない。だが何度も言われれば言い返す様子。足が遅いことについては気にしている節がある。
 恋愛関係にて噂はたたないが憧れやファンは多い方。本人は中途半端には付き合えないと思っておりそれでいいと思っている。あまり興味がないが恋バナは好きな方。



プレイスタイル等

  • ファースト
 中学時代はレフトもしていた。
  • 右投右打

パラメーター

体力 機動 守備 投力 打力 技術 分析 精神 合計
8  3  6  6  9  8  7  8  55
 メンタル面もスタミナ面も強い。ただし鈍足。
 打撃が強く技術もある。ただし鈍足。
本人は言う 「飛ばせばいいんですよ」
 後半戦にも強いタイプ。皆がへばってるときにもキラキラと笑っている。いつも全力なのだ彼は。
 なお打順などにこだわりは抱いていない。彼にとって野球をすることが大事なのだ。
 よく「今日の女神のために打ちます」という。誰かのために打つという願掛けのようなものなので「女神」に他意はない。
 盗塁を過去にした際鈍足故に刺されたことがあり指示がでようとも一切しない。そもそもプレイ中に指示をみない傾向がある。


人間関係

 ガル君と呼んでいる。同級生であり天使曰く大切な友人。
 鈴野と呼んでいる。同級生であり天使曰く大切な友人。
 東城と呼んでいる。可愛がりたい後輩。いつでも打ちますよ!
 畠山か源ちゃんで呼んでいる。からかいがいのある後輩。いつでもかかってきてください!
 埋女さんと呼んでいる。眼帯の裏が超気になる人。

メモ

  • 天使静華という姉がおり呼び方は「姉さん」。吹奏楽部に所属しておりトランペット奏者である。ハキハキとした人柄。