鈴野爽彦

キャラデザイン:日暮

  • 名  前:鈴野 爽彦(すずの あきひこ)
  • 身  長:173cm
  • 性  別:男
  • 血液型 :A
  • 誕生日 :6月25日
  • 所  属:玄冬高校2年
  • 出  身:赤角中学(赤角)
  • 投・打 :右投右打
  • 守備位置:キャッチャー
  • 家族構成:両親
  • 得意科目:数学、家庭
  • 苦手科目:英語
  • 趣味特技:料理、試合分析、ユーフォーキャッチャー、爪の手入れ


性格

「俺が捕るんだ、当然だろう」
「俺が捕球うまいだけでお前今日の球最悪だから?荒れ球とかふざけんなよ!!お前スレスレでそれだからな!」
「何でお前らはこういう時乗ってくるの!?いじめ?」
 一人称は俺。二人称はお前。基本他人は名字呼び。名前の方が呼びやすかったらそっちで呼ぶ。先輩に対しては~さん、先輩など。また敬語はきれいめでくずさない。
 両親に可愛がられた一人っ子。ちなみに共働きである。春里の毒島月夜とは従兄弟関係にありよく毒島家でお世話になったりした。
 中学野球では毒島とバッテリーを組んでいた。なおその頃はかなりからかわれたり貪られの対象だったこともあり特にその頃の先輩に対しては関わりたくないという態度を取る。玄冬高校を選んだのは立地と強豪高校だという理由から。
 「プライドましまし」と天使に言われるほどにプライドが高い。というより自信家な言動が多いのだ。言い方は歯に衣着せぬものいいで非常に正直に人にものをいう。認めた相手には敬意をとるが気に食わない相手に対しては辺りが強い。(気に入った相手にもある意味辺りは強い)。興味がないことにはとことん興味が薄い様子がうかがえる。
 頭の回転は良い方で普段基礎的なことをすれば勉強は答えを見つけられるらしい。英語が苦手だというがあくまでそれは周りのレベルが高いだけであって高校生として充分なレベルを満たしている。ただそれを充分と言いきれないくらいには完ぺき主義な一面がある。生真面目っぽい部分がちらほら。
 親の帰りが遅いこともあり料理などの家事全般を得意とし自分の健康を気遣っていることもあってほとんどを一人でこなせる。
 試合分析は趣味らしく部屋もそれであふれかえっている。授業中のノートの中に関係のないノートが一冊紛れ込んでいる(試合分析用)
 人に対しずけずけと言わなければ顔も見れる方である為人気は高いが理想が高いため彼女はつくれない。「自分の方が絶対美味しく作れるし気も回せる」
 純粋に間違ってる、こうしたほうがいいというアドバイスをしているつもりで、決して他人を落としめたい訳ではない。本気でぶつかることを礼儀とも思っており中途半端が嫌いな為相手にもそれを求める、割と熱血な部分がある。
 他校の生徒には詳しく知られてないが存外世話焼きな一面を持ち尽くすタイプなのでバッテリーの相手に対しては遠まわしに世話を焼くことも。また毒島月夜とバッテリーを組んでいた際つめの手入れをやらされていた為得意になった。また現在のピッチャーにもそれをする。嫌がろうとする。すべてはベストな状態に持って行くためでありそこに照れはない。
 同学年の天使照、ガルシア大海といることが多く三馬鹿と呼ばれる一人。二人の前では年相応にふざける様子が多く見られる。ノリは二人に比べればよくないがなんだかんだで付き合うし、全力でからかい、からかわれる。他校の生徒とも絡んでいる姿は見受けられるがその言動から恨みを買うことが多々。
 キャッチャーというポジションに強い子だわりがあるらしくそれ以外のポジションは絶対やろうとしない。
 少々気分屋な部分があるため扱いが面倒。いじけると面倒。


プレイスタイル等

  • キャッチャー
  • 右投右打

パラメーター

体力 機動 守備 投力 打力 技術 分析 精神 合計
7  6  8  8  3  8  9  6  55
 分析おばけ。言ってのとおりキャッチャーとしてしかやらないと堂々としているだけのことはある。
 技量もここまであるのだから打力があればバッターとしてもうまくいくのだが現実はそういうかないものだ。打てるし、当たるが外野には全く届かない。
 捕球センスもよくミットをならすのもおてのもの。豪速球からコースから外れた球、荒れ球も捕球する技術がある。
 試合の前に対戦校選手のデータを頭にいれながら排球を組み立てる。
 自分本位なリードかと思えば元来のセンスなどで相手にとってベストなリードをそつなくこなす。最初に投げた時「投げていて気持ちいい」か「気持ち悪い」にハッキリわかれる。
 自分のテンションがドン底におちると注意力が散漫になる。


人間関係

 フルネームで呼ぶことが多い。めったに名詞でささない。かつてバッテリーを組んだことのある従兄。畏れている、できれば会いたくない。昔は仲の良く「お兄ちゃん」と慕ってた。
 埋女さんor埋女先輩と呼んでいる。中学時代一緒の先輩。いじってくるので会いたくない。わかりにくいが一応懐いていた様子。
 天使と呼んでいる。仲間であり友人であり打ちとりたい相手の一人。色々此奴の行動について諦めている。よく振り回される。
 ガルシアと呼んでいる。仲間であり友人であり頼れる相手の一人。センスは理解できないが口出しはしない。よく振り回される。
 猿滑先輩、先輩と呼んでいる。からかってくる姿が時折昔の先輩を思い出し冷静に対処しきれないため後輩の前ではあまり近づかない。話している姿は喧嘩しているようでそうでもない。
 東城と呼んでいる。カワイガッテル後輩の一人。積極的にいじりにいっている。なんだかんだ気に入ってる様子。

メモ

  • 「別に成績ある程度とれれば授業受けなくてもよくね?」とぼやいたりしているようだ。