※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本国現報善悪霊異記:にほんこくげんほうぜんあくりょういき


通称、日本霊異記。
平安初期の仏教説話集で、僧景戒撰と言われている3巻構成の本。
奈良時代から弘仁(810~824)年間に至る、朝野の異聞、
殊に因果応報などに関する説話を、漢文で記した書である。