※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―Alice in Wonderland―





「すぅ……くぅ………」
艦隊を指揮するブラック・シップの一室。
それほど広くもなく、ベッドと小さなクローゼット……他は、最低限の家具だけが配置されたその部屋のベッドの上で、一人の少女が寝息をたてていた。
そして、その傍らの椅子に、スペード・クラブ・ハート・ダイヤと、4つのトランプマークがあしらわれたエプロンドレスを身につけた、メイドと思わしき人物が佇んでいる。
「……お静かに願います、カリフ」
そのメイドが小声でそう口にすると、がちゃり、と外から鍵が開けられる音が聞こえ、その向こうから、両手で抱える程のジルコンを手にした一人の女性―カリフが、部屋の中へと入りこんできた。
「アル、貴方は私に命令できる立場なの?」
「私はあなた方の部下ではありません。 私の主はただ一人、アリス様だけです」
すくっと立ち上がり、厳しい目をカリフへと向ける少女―アリスの従者、アル。
だが、そんな挑発的な視線を向けられているにも関わらず、カリフは勝ち誇ったように嘲笑を浮かべている。
「貴方が何を言おうと、その主様とやらが我らに逆らえない限り、貴方もまた我らに逆らうことが出来ない」
「……」
「従者とは、主の命に忠実に従うことが全てですからね」
そこまで言うと、ふふ、と聞こえるように笑みを浮かべるカリフ。
しかし、アルは特に表情を変えることなく、ただの戯言、とでも言うかのような態度で聞き流していた。
「……改めて言っておくが、私はお前達を信用していない。 我らが王、シャマル様が”使える能力だ”と言うからこそ生かしているのだ……殺す事に、躊躇などはない」
それが気に入らなかったのか、挑発するようにその手のジルコンをベッドの上のアリスに向ける。
……だが、本気でこの場で始末しようと思っていないのは分かっているのか、アルはそれでも淡々とその言葉に応対する。
「その王とやらにアリス様が従うと言うのなら、私も付き従いましょう。 ですが、アリス様が貴方たちに従っているのは決して本意からでは無い。 それをお忘れなきように」
「たかがウサギ一匹を人質にしただけで従う娘。 ……本意でないとしても、これほど扱いやすい人間もいないでしょう?」
ここにきて始めて、アルがぴくり、と表情にわずかな怒りを射し込んでいた。
”たかがウサギ”
その言葉は彼女にとって……そして、その主であるアリスにとっても、決して許せる一言ではなかったのだ。
「あのウサギは母君様の忘れ形見! 幼くして両親を失ったアリス様にとって、唯一の家族だ! たかがなどと言うな!!」
”静かにしろ”と最初に言った人間が張り上げるにしては、異様なほどに大きな叫び。
だが、カリフはいつも冷淡に振舞っている彼女の、怒りに狂う態度を見ることこそが目的だったのか、怒声を浴びせかけられながら、むしろ満足したように怪しい笑みを浮かべていた。
「ふふ。 ……目を覚ましたらあなたの主様伝えなさい、戦いに出ろ、と」
「……天下の黒船艦体が、旗艦に進入を許すのですか?」
「……勝手に言っておきなさい。 貴方達は我らの命に従っていればそれでいいのだから」
挑発するかのようなアルの言葉を受け流し、笑みを浮かべたまま切り返す。
そして、そのまま部屋の外へと出て行ってしまい、直後にガチャリ、と鍵の閉まる音が聞こえてきた。






それから数分後……
「―ぅん……おふぁよ……」
「おはようございます、アリス様」
アリスが寝惚けたような調子でむくりと身体を起こし、うまく回っているとは言えないろれつのまま朝の挨拶を交わす。
アルは既に昼間を過ぎていると言うほど無粋な者では無いのか、素直にそれに受け答えしていた。
「……アル、ラビの事、おこること、ないよ……?」
ラビ。 それはアリスのウサギの名前で、アルの耳にも慣れた固有名詞でもあった。
それに対して、”怒ることはない”と言う事は……
「起きていらしたのですか…?」
アルの認識上にある事で、そのことを差す事柄といえば、先ほどのカリフとの口論くらいのものだろう。
「ふみゅ………服~……」
だが寝惚けているせいか、その問いは耳にはいっていなかったのか、はベッドから降り、そのままふらふらとした足取りでクローゼットへと向かおうとしていた。
「あ、お待ちください。 服なら私が取りに参りますので」
「……ん、ありがとー」
ぽやーっとした瞳をアルへと向けて、にこりと笑顔を浮かべるアリス。
アルはその顔を受け、自分も微笑みを浮かべると、主に代わってクローゼットから空色のドレスを取り出した。