※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――港町ルナータ――
  ――桟橋

「完っ全に出遅れたわね・・・。」
「ったく、誰のせいだと思ってるんだ!!?」

 そういうとライトセイバーの切っ先を、目の前を飛ぶセーに向けるマグノリア。

「このままだと他のヤツらにお宝みんな持っていかれちゃうだろーっ!!!」
「落ち着いて、マグノリア!! キャラ変わってるから!!!」


 以前のマグノリアなら、「他のヤツらに強い敵みんな倒されちゃうだろーっ!!!」と言いそうな所だけど、
ある時から、諸事情により新たなキャラを模索しているらしい。
…とはいえ、油断しているとすぐに素が出るらしいけど。


 マグノリアがセーに怒るのも無理はない。
ここに来る途中、セーが道を間違えたおかげで、ものすごい遠回りになったのだ。
それはもう、気づいたら海を渡った先の雪原に居たのだから。


「一体どうやったら雪原と港町を間違えるんだよ!!?」
「マグねえちゃん、これを見てください!!」
「ん・・、何? この地図?」

 シルエラちゃんが取り出したのは一枚の地図
私とマグノリアはそれを覗き込む。
この大陸のものに間違いはないのだが・・・。

「ん・・・特に変わった所はないみたいだね。」
「問題はここです、ほら、番号。」
「あぁ? 番号?」


 この地図の特徴は、街やダンジョンの場所に番号が振られていて、余白部分にその地名と特徴が記述されていること。
そのくだりも、至ってよくある観光用の案内文みたいなものだけど・・・。


「はは~ん、なるほどねぇ・・・。」
「な、何よ!?」


 それを見た時、マグノリアも私も全てを理解した。
自分の失敗を見抜かれて、動揺するセー。


「つまり、セーは、9と⑨を間違えたわけだ。」
「ぎくっ!!」


 分かりやすい反応を示すセー。どうやら図星らしい。
 この地図上での『港町ルナータ』の番号は⑨。
そして、海を渡った先の、『遥かなる北の雪原』の番号は9。
つまり、セーは9と⑨を間違えてしまったということ。


「ま、まあ、誰にでも間違いはあるってことで・・・。」
「じゃあ、これからはルナータの街を忘れないように、セーのことを⑨と呼ぶことにしよう!!」
「「「はははははっ!!」」」


 笑いあう私とマグノリアとシルエラちゃん。

「・・・・・・ダメよ・・・。」
「あれ? セー?」

 セーの様子がおかしい。
今の、マグノリアの発言・・・、そんなにセーを傷つけたのかな・・・。

「そんなこと言ったら・・・・・・。」

 セーが妖しいオーラをまとい始めると、それは次のセーの発言と同時に開放される。


「海凍らせて、船まで歩いて渡らすっ!!!」

 ガキュィーーーン!!


 セーの身にまとっていたオーラが開放されると、周囲の空気がその影響で急激に冷たくなったように感じたが、特に何かが起こった様子はなく・・・。

「ちょっと、セー!? 何やってんの!!?」
「え? なになに!?」
「すごいですーっ!!」


 海の方を見た私は、その光景に圧倒された。
それは、ここルナータの港から敵船『ブラックシップ』のある辺りまでの大海原を覆いつくす分厚い氷の大地。

「・・・マジかっ!?」


 ガシャン!!

 背後で物音がした。
振り返るとそこにはセーと・・・。

「はい、『歩いて』ってのは流石に酷だと思うで、自転車を用意しました~♪」

 セーがどこからともなく持ってきたそれは、軽金属と2つの車輪で構成された銀色の乗り物らしきもの。
名前は『自転車』というらしい。

 が、見るからに不安定そうな乗り物。
おまけに、今から渡るのは氷の大地。
たどり着く前に転倒するのは目に見えているのだが・・・。


「ほら、マグノリア! 乗りなさい!!」
「ちょ、マジかよっ!!?」


 嫌がるマグノリアを強引にその『自転車』にまたがらせ、その背後をハリセンで押し出すセー。

「わ、わあぁぁぁーーー!!!」


 桟橋から勢いよく押し出された、自転車に乗ったマグノリア。
その前方の車輪が氷の大地に着いた瞬間・・・。


 ザッパーーーン!!!


 マグノリアは豪快に海に落ちた。
それを見て「しししっ!!」と笑うセーと、呆然と立ち尽くす私とシルエラちゃん。


「ホントに凍らせるわけないじゃない!! だいたいそんな事したら、友軍の進軍だって乱れるし、味方の船やこの港町にだって甚大な被害が出るでしょ!!!」


 またもや引っかかってしまった私たち。
これはセーの見せ掛け魔法。
確かに海を凍らせたはずなのに、船や、魚、その他友軍や敵の魔物などが触れた結果はいつも通りの海。

 その事象も解除され、次に私が目をやった時には、そこにはいつも通りの海が広がっていた。


「はぁ、はぁ・・・、げほっ、げほっ!!! セーっ!! あんたねぇっ!!!」
「あ、お帰り~、マグノリア。 お宝は戴いてきた~?」
「思いっきり飲んじゃったじゃないのーーっ!!!」


 海から上がってきたマグノリアはセーに詰め寄るが、セーはあっけらかんとして、まるで反省する様子もなかった。