※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

重い荷物をひきずり、クロッセルへと到着する。
「真っ白なシーツと清潔なベットの上で寝たい。」
「着いてからの第一声がそれですか…セオさん。」
少し呆れながら、彼を見る。
「それじゃあ、まずは部屋をとりに行きましょう。」
宿屋で部屋を確保してから食事を取り、各自聞き込みと買い足しへ。
「竜?しらないな。大体にしてなんで町中で魔物を探すんだい?」
そういって、ほとんどの人が通り過ぎる。
「参ったな…。」
一日目が終わり、二日目の朝。
夜明けと共に起きたのは、15歳くらいの少年。
うつむきながら、町中を歩く。
「セーオー!」
聞き覚えのある声、ふと後ろを振り向くとやはりそこにはイルの姿。
「何?見つけた?」
「ううん。でもね、卵が跳ねてるんだって!」
「そんなバカなこ…。」
跳ねている。卵が、フライパンから必死に逃げている。
その状況に唖然とし、目をつむる。
「…夢だ夢。卵が跳ねるなんて、まずありえない。」
もう一度、目を開く。
卵は跳ねてこっちへ近づいてくる。
フライパンを持ったコックが赤い顔をして走っている。
その後ろから、ライがもの凄い速さで走ってくる。
「…あれ?ライだよね。ライ。」
「ライだね。ライ。」
ついにはコックを追い抜き、跳ねている卵を手で取りそのまま逃走。
「…えぇ!?ちょっと!」
「た、卵ドロボウ!」
「ラーイ戻ってこーい!」
走りながら呼びかけるが、停まろうとしない。
「はいコックさん。卵代。あれ、もらうね。」
そういってから、彼女は二人を追いかける。
裏路地に入り、ライとセオを見つける。
「はぁ…ライ。何考えてるの…。」
「いや…すいません。せっかく見つけた竜の卵がゆで卵になりそうだったので…。」
「これが、竜の卵ねぇ…。本物?」
イルが首を傾げながらたずねる。
「ええ。さっき、これ。店内で話したんですよ。」
「話した?」
「はい。お茶を飲んでいたときに、『こんなのでゆでられてたまるか!』って。」
「面白いね。話してくれないかな?」
「………。」
卵は何も話そうとしない。
「むー…。」
「寝てんじゃねぇの?」
「とりあえず、竜は確保できました。次は、ランプですね。外で話し合うのは寒いので
 酒場で食事を取りながら決めましょう。そろそろお昼です。」
防寒具を着ていても寒いので、酒場へ行き暖かいスープと飲みパンを食べる。
「支援者さんは何処から来たんだい?」
「リックテールからだよ。」
「ほう、リックテールからか。その歳でここまで来るとはたいしたものだよ。」
「マスター。ランプ知らない?ランプ。」
イルがマスターに聞く。
「ランプ…かぁ。いや、ここでは見ないし、俺も実際見たことは無い。」
「そう…。」
「まぁ、ゆっくり探せばいいだろ。一つは見つけたんだから。依頼受けながら進めばいいだろ?」
「依頼受けながら?」
「金だってそう無限にあるわけじゃないんだ…。すこし遅れるけどいいライ?」
依頼のリストを見ながら、彼はライに尋ねた。
「えぇ。いいですよ。そこまで僕が決めることではないですし。」
「んじゃあ。マスター、これ受ける。」
「おいおい、大丈夫か?そんな細身で、しかも寝れば死ぬぞ。」
「寝なきゃいい話。」
このとき受けた依頼は魔物の討伐。
「俺一人でいい。弓は視界悪くちゃ放っても矢の無駄だから。イルとライは待ってて。帰ってくるから。」
「わかった。」
防寒用の帽子を被り、茶色いボロボロのコートを着て魔物の討伐へ出発する。
「雪か。」
先ほどまで降っていなかった雪が少しずつ降ってくる。
「大丈夫かなぁ…。一人で。」
「…雪も降り出しましたしね。」
不安そうにしている二人に、マスターが尋ねる。
「それほど、信用できない仲間ならどうして彼と此処に来たんだい?報酬のためか?」
「違うよ!違う…。」
「なら、帰ってくるって信じて待ってやりな。あの子は帰ってくるって言っただろう。」