※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「暑いの苦手…。」
「情けねぇな。ルカは、って言いたいところだけど流石に…。」
気温は高く、忌々しい太陽はいまだ沈まず。
高さはちょうど真上に来たころ。
「…砂漠の夜と朝。どっちが好きですか?」
「夜のほうが涼しくていい。」
「涼しいんじゃなくって涼しすぎるんだよ。かえって凍えるよ…。」
額の汗をぬぐいながら言うイル。
無事に村に着き、水を飲みながら休憩。
「行くよ。」
「何処に?」
「それは連中が教えてくれる。死ななきゃの話しだけどね…。」
ポツリと呟いてから、立ち上がり村を出る。
「どういうこと?」
「こういうこった、今の俺達は連中に従うしかないって事。」
村の出口には、数人の支援者が立っている。
「無駄な殺しはしたくは無い、ランプと竜を渡せばお前らの命の補償はしよう。」
「全ての武器をおけ、手は後ろに組むんだ。」
(…違う、違う、クソ、何処にいるんだよ。あのバカ)
「さて、案内は。お前とお前だ、場所はわかるだろうな。我々は準備にとりかかる。」
「お任せを。」
二人だけ男を残し、あとの支援者達は馬に乗って走り去っていく。
それを見届けた後に一人が男の後頭部を強打した。
「やれやれ。まったく世話のかかる人たちだなぁ。」
「…!どうして、あなたが…。」
顔を隠していた布の下に現れたのは、ミナルで別れたはずのクレド
「頼まれたの。セオにね。にしても暑いな…。」
汗をぬぐう彼を見ながら、早く外せとフェイが怒る。
「えーっと残念ながら君達はそのまま。結び方わからないから外していくと逆にこっちの命が危ないの。わかるね?わかったなら、案内しようか。さぁいくよ。」
殴り倒した男をずるずると引きずりながら進む。
「サラバンドの書はね…なんと。はい、ここにありますね。
隠し扉かどッかに。」
着いた場所は砂上墓所。
「さて、ほら、あんたおきてくださいよ。寝てると殺されるよ?」
「ん…ぐぅ。あぁ、すまない。」
殴られたって事に気付いていないこの男。それほど間抜け。
「ほら…あなたは前を、私は後ろを。」
男を戦闘にし、墓所の中へ入っていく。
「(あんまり動かないで、縄を緩めるのは大変なんですから)」
「(んなことわかってるよ!)」
先頭の男は次々と魔物を倒していく。
間抜けだが腕は確かなようだ。
「ちぃ、おい!お前っ援護しろ!くそ…こんなにいたなんて。」
「なんだ…おい、縄をとけ!その数じゃあんた死ぬぞ!」
道という道にいるのは、グロリムと呼ばれる人型の魔物
「解いたら、俺が殺される!」
「グロリムにぶっ殺されてもいいのか!このままじゃ竜も殺されるぞ!」
クレドが男に怒鳴る。
「…ちぃ。どけ、この愚王の民共!」
ベルセルクの男が特攻していくが、グロリムの数のほうが多く圧倒的に押されている
「バカが…。このっ!」
縄を無理やり引きちぎったフェイがグロリムへ斬りかかる
「おいっ隠し扉かなんかあるんだろ!さっさと開けろよ!バカッ」
フェイが男へ怒鳴り、攻撃を避けながらグロリムの相手をする
「お…おぅ!」
男は地面を三回踏み、それから脇の柱を強く叩いた。
ガゴン…。と音を立てて扉が開く。
「さっさとはいれ!」
男はフェイをつかみ、ほか四名も駆け込んだ。
「やっとついたか。ほぅ、外にはグロリムか…ご苦労。」
「さて、招かれし客よ…ランプと竜をこちらに…なぁに心配はイラン。すぐに返すさ。本当だ。さぁ。」
ランプを地面に落とし、ルカとフェイが前に出た。
「さて、全て揃った。さぁて、サラバンドの書は…。」
奇妙な像に何かが書かれている
「なんだこれは?わが友人の名を、記せだと?」
「…簡単すぎる。バカな俺でもわかる。笑っちゃうね。」
支援者をどかし、ペンでその名を書いた。
日記の持ち主の依頼を受けた二人の支援者の名前。
「あ、読もうとしても読めませんよ。それ、復刻版ジャック特製見えないインク。」
クレドが必死に見ようとしている支援者を見て笑いながら言った。