※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パララ(麻痺)

全く動けないワケでは無いが、思うように体が動かなくなる。つまり速度低下
※弱麻痺と呼ばれることもある

対応聖術:キュアパラライ・ノーマライズ

パラライ(強麻痺)

身体動かすのも出来無い程に全身が痺れる。

対応聖術:キュアパラライ・ノーマライズ

ポイズン(毒)

ランクがあって、弱い毒から強い毒まであり、弱いものなら市販の薬品で直せることが多い

対応聖術:キュアポイズン・ノーマライズ

ミスト(暗闇)

視覚が不鮮明になっている状態。命中低下ね

対応聖術:ノーマライズ

バーサク(狂化)

闘争本能が暴走、または敵味方の認識異状が発生している精神系状態異常で、味方を攻撃しだす。

対応聖術:ノーマライズ

スリープ(催眠)

ホントに寝るわけではなく、凄く気だるくなって意識が薄れている状態。
動きは鈍り、メンタル(精神力)が抜けていく

対応聖術:ノーマライズ

フリーズ(凍結)

凍る、と言っても温度の問題ではなく、全身の筋肉が完全に固まっている状態。
なので、パラライと違って(パラライは自分の意思で体が動かせない状態)異状にかかった瞬間のポーズのままで、他人の手を借りても体勢を変えることが出来ない。

対応聖術:ノーマライズ

フェアー(恐怖)

常に恐怖心が取り巻くようになる精神系状態異状。
すべての行動が萎縮して攻撃力、敏捷性、魔術師系ならば詠唱速度が低下する。
本人の精神力が強ければ影響も少ないが、弱い者はかなりひどい状態に陥ることも。

対応聖術:ノーマライズ


ノイズ

相殺属性『色と白』『白と黒』『黒と色』などの能力が強く混ざった時に発生する状態。
例として、ラリラルを上回るような強力すぎる治癒聖術を聖術士以外が受けた場合、白系のメンタルが体内のメンタルを侵食し、思うように魔法を使えなくなる。
度合いにより何日もかかることがあるが、ほっといても治る。

対応聖術:リバイバル (※←使い勝手の悪さから忘れられてる呪文で、ほんの一部の者しか使えない